【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬とのサツマイモの楽しみ方と注意点。絶対NGな食べ方は?【獣医師監修】

 

サツマイモは犬にとって食べやすい食材です。焼き芋に代表されるように、サツマイモには、愛犬におすそわけしたくなるようなレシピがいくつもあります。でも中には、犬に与えるべきでないものも…。今回は犬とのサツマイモの楽しみ方と注意点についてです。

犬はサツマイモを食べてもOK

犬はサツマイモを食べることができます。食物繊維が多く含まれていることでも有名なサツマイモを、愛犬の腸内環境のサポートに活用している方も多いでしょう。

また、サツマイモにはビタミンなどもバランス良く含まれます。とはいえ、本来、犬に必要な栄養バランスは毎日のドッグフードにお任せするのが一番安心。「総合栄養食」との記載のあるドッグフードを適量与えていれば、ビタミンやその他の栄養素を補給する目的であえてサツマイモを食べさせる必要はありません。

※関連記事
愛犬用の手作りフードにチャレンジする前に知っておくべきこと【獣医師監修】

※関連記事
子犬のごはんを手作りしたい!少しのコツで安心・手軽に楽しもう!【注意点の解説あり】

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

大学芋やスイートポテトは犬にはNG

サツマイモを犬と楽しむときに気を付けたいのが、バターや生クリームなどの油脂。過剰な油脂は死に至る急性膵炎を起こす原因となります。ですから、スイートポテトのようにバターや生クリームをふんだんに使ったサツマイモ、大学芋のように素揚げしてたっぷり蜜をかけたサツマイモは決して犬には与えないでください。

砂糖のついてない干し芋は犬が食べてもOK

犬は干し芋を食べても大丈夫。干し芋は、愛犬用のおやつとしても人気があります。砂糖や添加物の含まれないものを選び、少量ずつ与えましょう。

犬とのサツマイモの楽しみ方

加熱してやわらかく

加熱して柔らかくなり、犬に与えやすい焼き芋

サツマイモは必ずしっかりと加熱して、やわらかくしたものを犬に与えてください。生のままではかたくて犬の胃腸に負担をかけてしまうだけでなく、のどに詰まらせて窒息してしまう可能性もあります。

犬に与えるサツマイモを加熱する時には、茹でる、蒸す、焼くなどの調理がおすすめです。天ぷらのような揚げ物は油分が多すぎるため与えてはいけません。焼き芋はシンプルで手軽に作れるおすすめおやつのひとつです。与えるときに、焼き芋が熱くないか確認することをお忘れなく。

犬にサツマイモを与える時に、皮がついていてもほとんど大きな問題はありません。しかし、サツマイモの皮は口の中に貼りついたり、歯にひっかかったりしやすく、うまく飲み込めないことがあります。時には、消化不良の原因になることも。気になる場合は、皮をむいて、黄色い部分だけを与えると安心です。柔らかく茹でたり蒸したりして与える場合には、皮と実の部分を一緒に細かく刻んで与えるのもよいですね。

サツマイモは一口サイズにカットするか、つぶして与えよう

犬が大きなサツマイモを丸のみしてしまうと、消化不良を起こしたり、のどに詰まったりするおそれがあります。サツマイモを与えるときは、一口サイズの小さなものを与えましょう。また、つぶして滑らかにしたものもgoodです。指先ほどに小さくカットして、フードのトッピングにするのもおすすめですよ。

※関連記事
めんどくさくない!愛犬のための手作りごはんを手軽に楽しむコツ2つ

サツマイモを犬に与えるときの4つの注意点

①カロリーオーバーに注意!

サツマイモの栄養成分で特に多いのは炭水化物。甘みのもとでもある糖分も多く含まれます。ですから、犬にサツマイモを与えるときには、カロリーオーバーに十分気を付けなくてはなりません。

普段の食事のドッグフードにサツマイモを追加で与えると、あっという間にカロリーオーバーしてしまうでしょう。また、サツマイモは甘くて犬が好みやすい食べ物。欲しがるままに与えてサツマイモで満腹になり、ドッグフードが食べられない…なんてことも。そんな日が続くようでは、必要な栄養素がきちんととれず、健康にもよくありません。

サツマイモは、あくまでもおやつやトッピングとして楽しむ程度とすることをおすすめします。さらに、サツマイモを与えるのであれば、その分フードの量は抑えて摂取カロリーの調整を。

※関連記事
愛犬の肥満度を知りたい!犬にもBMIはあるの?【獣医師監修】

※関連記事
愛犬のダイエット成功のために実践するべき5つのこと【獣医師監修】

②サツマイモへの味付けは不要。バターや生クリームは厳禁。

犬にサツマイモを与えるときに、味付けは不要です。砂糖やしょうゆなどで味付けをした人間用のサツマイモを犬には与えないでください。糖分はカロリーオーバーにつながります。また、犬に必要な塩分は食事のドッグフードで十分な量が含まれていますので、それ以上与える必要はありません。

また、口当たりをよくするために生クリームやバターを加えるのもNGです。過剰な油脂は膵炎の原因になり、犬の健康を害することにつながります。

③持病のある犬はサツマイモを与える前に獣医師に相談を

犬に持病があるために獣医師にサツマイモについて相談している

持病があって食事制限をしている犬、肥満で食事制限をしている犬の場合は、さつまいもを与える前にかかりつけの獣医師に確認をしておきましょう。

健康な愛犬には特に問題のない食材でも、病気で治療中の犬にとっては深刻な問題を引き起こすおそれがあります。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

④はじめてサツマイモを与えるときは、少量から

どんな食材にも言えることですが、はじめて愛犬にサツマイモを与える時には、少量から様子を見るようにしましょう。特に、食物繊維が豊富なサツマイモは、便の様子が大きくかわる可能性があります。注意してください。

与えすぎに気を付けて愛犬とサツマイモを楽しもう

秋の味覚サツマイモは愛犬と楽しめるおいしい食材です。ただし、与えすぎは禁物なのでほどほどに。甘くておいしいサツマイモを愛犬と楽しんでくださいね!

※関連記事
犬と楽しめる秋の味覚6選!注意点や与え方は?

※関連記事
犬にきのこを与えるときの7つの注意点【獣医師監修】

※関連記事
愛犬にぴったりのごはんの量を見つける1番簡単な方法とは?【獣医師監修】

関連記事