【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

カボチャを愛犬と楽しむときの注意点

 

カボチャは栄養が豊富なことでも知られており、犬に与えたいと思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。カボチャは犬に与えても問題ないとされていますが、与えるときにはいくつか注意点があります。

犬にカボチャはOKだけど注意点あり

カボチャは犬が食べてもOKな食材です。ビタミンやカリウム、鉄分などをバランスよく含み、緑黄色野菜の代表選手と言ってもいいでしょう。抗酸化作用が高いβカロテンや、骨の形成を促すビタミンK、おなかの調子を整える食物繊維なども有名ですね。

一方で、カボチャは栄養が豊富であるがゆえに、習慣的に犬にたくさん与えすぎることはNGです。カボチャに含まれる栄養素が過剰となり、必要な栄養素がきちんととれていない、なんてことにもなりかねません。犬と上手に楽しむためには、与え方に注意が必要です。

※関連記事
愛犬と楽しめる秋の味覚5選!注意点や与え方は?

犬にカボチャを与える時の注意

犬にとっても栄養満点なカボチャ

カボチャの皮は消化しづらい。柔らかくしてすりつぶそう!

人間がカボチャを食べるときには、皮がある程度残ったまま食べることがありますが、犬に与えるときは、皮を剥いて与えたほうがよいでしょう。

無農薬で栽培されたものであれば、犬が皮を食べても健康に問題はありません。しかし、カボチャの皮は加熱しても固く残ることが多く、消化しづらい部分です。皮を与えるときには加熱して柔らかくし、すりつぶすかフードプロセッサーなどで細かく砕いてから与えるようにしましょう。

カボチャのワタの部分も消化が困難…取り除こう!

ワタの部分は消化が難しいカボチャ

種を含んだ、いわゆるワタの部分をそのままの状態で食べさせることはすすめられません。繊維が犬の歯やのどに引っかかってしまうこともあり、危険です。

また、食物繊維が豊富なので、与えすぎるとおなかが緩くなってしまう可能性も。カボチャのワタはできる限り取り除いてから、犬に与えたほうがよいでしょう。

カボチャの与えすぎにご注意!

カボチャを食べる犬

カボチャは甘みが強く、犬が喜んで食べる野菜の1つです。犬のおやつにもぴったりな食材ですが、与えすぎは禁物です。カボチャは優秀なエネルギー源。中でも甘くて人気のある栗カボチャなどは、人にとって少量のつもりであっても、犬にとっては十分高カロリー。当然、食べすぎは肥満の原因にもなります。

普段の食事にプラスして、間食やおやつとしてカボチャを習慣的に食べさせることは肥満につながります。与えるのであれば、少量をたまのおやつ、もしくはトッピング程度にとどめましょう。そのうえで、カボチャを与えた日にはその分食事のフードを減らすなどして摂取カロリーの調整をしてください。

犬に与えるカボチャへの味付けはなし!

カボチャを愛犬に与えるときは、甘く煮てあげたり、甘いおやつを作ってあげたりしたくなるかもしれません。でも、犬に与えるときは調味料は不要。おいしさよりも健康上の問題が出ることのほうが問題です。カボチャはそのままでも優しい甘みがあり、十分おいしく楽しめる野菜です。砂糖や塩、しょうゆなど何も味付けせずに、柔らかく茹でた状態で与えるようにしましょう。

観賞用かぼちゃは与えない

犬に与えてはいけない観賞用のカボチャ

ハロウィン前後になると、観賞用かぼちゃが一般的なスーパーでも出回るようになります。食用のカボチャでないものは、愛犬に与えないようにしましょう。

犬へのカボチャの与え方

カボチャをしっかり加熱してやわらかくする

犬にカボチャを与える時に必要な加熱調理

カボチャを与えるときは、黄色くおいしい実の部分をしっかりと加熱し、やわらかくすることが基本です。生のカボチャはとても固く、そのまま与えると消化不良の原因となります。愛犬の胃腸に負担をかけないためにも、しっかりと加熱し、冷ましてから与えてくださいね。

一口サイズかつぶして

犬に与えやすいつぶしたカボチャ

カボチャを大きなサイズのまま与えてしまうと、犬が丸のみしてしまう可能性があります。のどに詰まったりむせたりしてしまう可能性もあるため、一口サイズにカットしてから与えましょう。また、つぶしてペースト状にするなどして食べやすくしたものを与えるのもおすすめです。

主食は総合栄養食がおすすめ、カボチャはトッピングかオヤツで

犬にカボチャをトッピングして与える主食としておすすめな総合栄養食

カボチャはカロリーが高いだけでなく、様々な栄養が豊富な野菜。あまりにたくさん食べすぎることは、特定の栄養素の過剰摂取にもつながります。

栄養バランスのよい食生活のためには、主食は総合栄養食と記載のあるドッグフードがおすすめです。総合栄養食のドッグフードとは、体重やライフステージにあわせた量のフードと水だけを与えることで、その犬に必要な栄養素が過不足なくとれるように計算されたフードです。カボチャを食べすぎることで、他の必要な栄養素をきちんととれなくなることを防ぐためには、主食を総合栄養食とし、カボチャはあくまでもトッピングとして少量与える程度とするのがよいでしょう。

持病のある愛犬にカボチャを与える時は相談してから」

持病がある犬にカボチャを与える際には注意が必要です。あらかじめかかりつけの動物病院で、確認しておくと安心です。

飼い主さんが味見をしてからカボチャを与える

カボチャに限らず、手作り食を愛犬に与えるときには、与える前に飼い主さんが味見をしてみることを忘れずに。味見をすることは、愛犬のやけどの防止にもつながりますよ。

※関連記事
めんどくさくない!愛犬のための手作りごはんを手軽に楽しむコツ2つ

優しい甘みのカボチャを愛犬と一緒に楽しもう

カボチャは栄養満点で、健康な犬であれば与えても時に問題のない食材です。優しい甘みは犬も喜んで食べてくれますよ。与えるときの注意点を守って、カボチャを美味しく安全に楽しみましょう!

※関連記事
犬に鮭やサーモンはOK!守るべき大事な注意点4つとは?

関連記事