【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の褒めるしつけを効果的に進めるためにしておきたい2つのこと【獣医師監修】

   2021/08/09

褒めるしつけをしている犬

犬のしつけでは、褒めることが大事だとよく言われます。褒めるしつけの効果を最大限に発揮させるには、「えらいね」「いい子」といった褒め言葉を聞いて、犬が「嬉しい!」と思えるようにすることが大切。今回は、褒めるしつけを成功させるためにしておきたい2つのことをご紹介します。

①犬が喜ぶことをたくさん見つけておく

犬がされて嬉しいことや喜ぶこと、好きなものをとにかくたくさん見つけておいてください。

撫でられることが好きな犬もいれば、フードに目がない犬もいるでしょう。また、一緒に遊ぶのが大好きな犬もいるでしょう。

犬が好きなこと、喜ぶことは、どれも褒めるときに褒め言葉とセットで使えます。日々愛犬と過ごす中で、ぜひ意識して、愛犬の好きなこと、喜ぶことをどんどん見つけておきましょう。

犬の「好きなこと」ランキングを作っておこう!

褒めるしつけのためのご褒美がたくさんある犬

「……>〇〇のおやつ>●●で遊ぶ>△△のおやつ>いつものフード>〇〇を撫でる>………」といったように、その子によって好きなことやその順位は違っているはず。愛犬のことを良く知っている飼い主さんならではの、愛犬だけの好きなことランキングを作っておきましょう。

②しつけで褒めるたびに、必ず犬が喜ぶことを同時にする

①で見つけた犬が喜ぶ行動のうちどれかを、褒める時に必ず行うようにしてください。そうすることで、「褒め言葉をかけられた時には、いいことがある!」と学習し、褒められること自体を嬉しいと思えるようになります。

「褒め言葉+おやつ」「褒め言葉+飼い主さんの笑顔」「褒め言葉+遊んであげる」「褒め言葉+撫でる」など、状況に応じて使い分けができるように、褒め方のバリエーションをどんどん増やしていきましょう。

褒める時のご褒美に強弱をつけるとさらに効果的

褒めるしつけでご褒美をもらう犬

褒めるしつけでは、褒め方に強弱をつけるのもとても効果的です。難しいことをクリアできた場合は、褒めるときのご褒美を犬にとってより魅力的なものにするのです。

たとえば、慣れ親しんだ場所で「おすわり」を成功させた場合は「褒め言葉+撫でてあげる」「褒め言葉+いつものフード」で褒める。一方、ドッグカフェなどの気が散りがちな場所で「おすわり」が成功した場合や、苦手なブラッシングが成功した場合は「褒め言葉+大好物のおやつ」といった具合です。

いつも同じように「いい子だね」と褒めるより、このように強弱をつけながら褒め言葉をかけていくことで、褒めるしつけはさらに効果的に進みます。

褒めるしつけのポイントはご褒美の使い方!

褒めるしつけを成功させるには、褒められた時に犬が「嬉しい!」と思えるようになることがスタート地点。愛犬が好きなことをたくさん見つけて、たくさん褒めてあげましょう。

関連記事