【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の早食い防止対策3選【獣医師監修】

 

早食いを防ぐことは、愛犬の健康を守るためにとても大事なこと。今回は早食いをさせないためのアイデアをご紹介します。

犬の早食い防止対策

犬の早食い防止の対策として、まずは次の3つの方法を試してみるとよいでしょう。

  • 食器を工夫する
  • 知育玩具を食事に活用する
  • 宝探しをしながら食事にする

①食器を工夫して早食い防止!

犬の早食い防止のひとつは、食器を工夫すること。早食い防止のために様々な工夫をされた食器が販売されていますので、一度試してみると良いでしょう。

早食い防止用の食器の多くは食器の底に突起や凸凹があって、一気にガツガツと食べづらい形状になっています。短頭種や子犬の場合、フードに舌が届かなくて食べられない…という問題が起こる可能性があります。必ず愛犬の体格、マズルの形にあった食器を選択するようにしてください。

※関連記事
犬のごはんの量を見極める4つの方法【獣医師監修】

②知育玩具でごはんを与えて早食い防止!

早食い防止の対策として、知育玩具を活用することもできます。

知育玩具に詰めたごはんを試行錯誤しながら食べることで、時間とエネルギーをたっぷり費やしてもらいましょう。持て余していた時間とエネルギーが発散されることで、吠えや物を壊すなどの困った行動の解決も期待できます。また、食事に時間をかけることが退屈しのぎになるので、留守番中の食事にもおすすめです。

早食い対策に使える知育玩具として有名なものには、「コング」や「ビジーバディ」といったものがあります。「コング」には ドライフードを入れるだけでなく、ウェットフードを混ぜてギュっときつめに詰めたり、ドライフードを入れたあとでクッキーやジャーキーで蓋をしてみたりと、詰め方を色々と工夫することで、愛犬にあった難易度で与えられます。一方、「ビジーバディ」は、転がして隙間から出てきたドライフードを食べさせるタイプの知育玩具。こちらは、フードの出てくる隙間の大きさを調節することでフードを取り出す難易度を変えることができます。円盤型のものやダンベル型のものなど、それぞれ転がしたときの動きに特徴がありますので、愛犬が好きなものを見つけるといいでしょう。

中にフードを詰められる知育玩具は他にもたくさんの種類があります。お気に入りを見つけてみてください。

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

③宝探しをしながらごはんにして早食い防止

宝探しゲームのようにして見つけたフードを食べるようにするのも早食い防止対策のひとつになります。

犬は本来、においをかいでまわる「ノーズ(鼻)ワーク」で楽しみや満足感を覚えるものです。嗅覚を存分に使った遊びをしながら、楽しいごはんの時間にしてみましょう。

嗅覚を使ってフードを探す遊びには、たくさんついた布製のヒダやポケットの中にドライフードを隠せるようになっているマットがオススメ。「スナッフルマット」などという名前で色々なタイプのものが販売されています。隠されたドライフードを鼻を使って探しながら食べることで、ゆっくり時間をかけながら食事の時間を楽しめます。鼻と頭と体を使って食べ物を得ることになりますので、大きな満足感や充実感を感じられます。

早食い防止で健康的で満足なごはん時間を

犬にとって楽しい早食い防止対策をとって、健康的で大満足な食事の時間にしてあげましょう。

※関連記事
犬が食事中に唸る時の対処法【獣医師監修】

※関連記事
涼しい夜に犬の散歩。食後すぐに行くのは非常に危険!その理由は?【獣医師監修】

関連記事