【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に鮭やサーモンはOK!守るべき大事な注意点4つとは?

   2019/12/09

秋においしい魚といえば、鮭を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。鮭は栄養価が高く、愛犬と楽しむことができる魚のひとつです。ただ、安全に楽しむためにはいくつか注意するべき点があります。今回は、秋においしい鮭の楽しみ方についてです。

犬は鮭やサーモンを食べてもOK

秋においしい鮭やサーモン。塩焼きなどで楽しむことの多いいわゆる「鮭」は、サケ科サケ属のサケ(もしくはシロザケ)という魚です。一方、お寿司などでなじみのある「サーモン」は、サケ科タイヘイヨウサケ属のニジマスという魚で、実は鮭とは別の生き物です。とはいえ、鮭・サーモンともに良質な栄養源でもあり、犬が食べても健康に問題ない魚。ドッグフードの原料として使われていることもあります。

甘みや脂などの効果で嗜好性の高い鮭は、愛犬のごはんとしてドッグフードに混ぜると喜んで食べるケースが多いでしょう。また、鮭には愛犬の健康をサポートする栄養素が豊富に含まれています。必須アミノ酸がバランス良く含まれた良質なたんぱく質や、健康維持に大きな役割を果たす脂肪酸であるEPAやDHAも多く含まれます。とはいえ、全体的な栄養バランスはあくまでも総合栄養食であるドッグフードを用いるのが安心です。健康によいからといって、鮭を主食にしてしまうようなことはないようにしましょう。

①塩鮭や味噌漬けなど、調味されたものはNG

犬に鮭を与えるときは、必ず調味していない生鮭を購入して調理してください。塩鮭やみりん焼き、みそ漬けなどの調味されたものはNGです。飼い主さんにとっておいしくても、犬にとっては塩分が強すぎます。

塩分の取りすぎは、心臓や血管、腎臓をはじめ、体に非常に大きな負担がかかります。特に、心臓疾患や腎臓疾患にかかっている犬の場合は、命に係わることも。良質なドッグフードを主食にしているのであれば、犬にとって必要十分な量の塩分が含まれていることをお忘れなく。

②しっかりと加熱をして与えること

天然の鮭の生食は、アニサキスと呼ばれる寄生虫に感染する危険性があります。アニサキスの感染は、激しい嘔吐や強烈な腹痛といって非常に激しい症状を起こすことが知られています。鮭を食べさせる時には、中心部まで確実に加熱したものを食べさせるようにしましょう。

③骨を確実に取り除くこと

鮭の身を犬に与えるときには、骨をしっかり取り除くことも忘れてはいけないポイントです。鮭を与えるときは、スーパーなどで鮭の切り身を購入することが多いでしょう。鮭の切り身には、身にとがった骨がついていることがよくあります。

おいしいにおいに興奮した犬が、切り身の魚を丸飲みしてしまうようなことがあると大変危険です。骨が口の中や喉、食道、胃の粘膜を傷つけたり、どこかに刺さってしまったりといった可能性があります。場合によっては、刺さった骨を取り除くために全身麻酔下で手術を行うことにも考えられます。特に子犬や小型犬の場合には慎重な対応が必要です。

愛犬に鮭を与える前には、飼い主さんがしっかり身をほぐして、埋もれている小骨を取り除き、骨が混ざっていないか十分に確認することをおすすめします。

④人用の鮭の加工品はNG

鮭といえば生鮭や味付けされた鮭以外に、人間用の鮭フレークや「とば」と呼ばれるおつまみなどに加工された食品がたくさんありますよね。人間用の鮭の加工品はもちろん犬にはNG。塩分や油分の過剰摂取につながります。また、乾燥させたタイプの加工品の場合は、非常に硬いため、のどや食道に詰まらせてしまうおそれもあり、極めて危険です。調味されていない水煮であれば、少量なら食べさせることはできますが、調味されているものやオイル漬けはNGです。

犬に鮭の加工品を与える場合には、かならず「犬用」に作られたものを選びましょう。ただし、いくら喜ぶからとはいっても、たくさん与えることや習慣的に与えることはおすすめできません。ごくたまに、ごほうびおやつとして、フードの上にトッピングしてあげる程度にとどめておきましょう。

鮭の愛犬への食べさせ方

鮭を愛犬に食べさせる一番の方法は、シンプルに何の味付けもせずに焼く、茹でる、蒸すなどの基本調理で加熱し、身を細かくほぐしてドッグフードのトッピングにすることです。とてもお手軽な方法で、愛犬もとても喜んでくれますよ。

食物に対してアレルギーの心配のある愛犬の場合は、必ずかかりつけの獣医師に相談してから与えるようにしてくださいね。

皮もOK!小さく切り刻んでふりかけに

鮭のピンク色の身の部分はもちろん、鮭の皮も食べさせてOKです。しっかり焼いてパリパリの食感にし、小さく刻めば、フードのトッピングに使えます。

※関連記事
めんどくさくない!愛犬のための手作りごはんを手軽に楽しむコツ2つ

「鮭」は注意点に気を付けて安全に楽しもう

私たち人間が秋に楽しむ鮭は、犬にとってもおいしく体に嬉しい食材です。とはいえ、食べすぎて栄養が偏ってしまうことがないように、また、骨などで健康を害することがないように十分気を付けながら、楽しむようにしてくださいね。

※関連記事
愛犬と楽しめる秋の味覚5選!注意点や与え方は?

関連記事