【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

「常に洋服に毛が付いている…」犬の抜け毛対策の王道2つと裏技2つ!

   2019/12/09

犬の抜け毛対策としてよくあるコロコロ

愛犬の抜け毛が増える時期、いつも洋服に犬の毛がくっついている…なんてお悩みはありませんか?今回は、犬の抜け毛対策の王道と裏技を計4つご紹介します!

王道①こまめなブラッシング

抜け毛対策の最も効果的な方法は、やっぱり毎日のブラッシング。犬の身体にくっついた抜け毛が飛び散ったり、洋服にくっついたりする前に取り除いてしまいましょう。

ちょっと大変に感じるかもしれませんが、ブラッシングを日課にしてみてください。お部屋のあちこちに落ちる抜け毛の量や洋服にくっつく抜け毛の量はぐっと減り、お掃除や洗濯がかなり楽になりますよ。

また、毎日ブラッシングをすることで、被毛の中に抜けた毛が溜まることもなくなります。毎日のお手入れがだんだんと短時間で済ませられるようになってきますので、ブラッシングの負担はどんどん軽減されていくはずです。

※関連記事
ブラッシングを嫌がる犬、苦手部位の克服方法とは?

犬の抜け毛をとるのにおすすめの道具は?

犬の抜け毛対策として必須のブラッシング

ブラッシングをする時には、抜けた状態でアンダーコートの中でとどまっている大量の被毛をしっかりととる必要があります。スリッカーブラシを使用すると、抜けた被毛がとてもよくとれますよ。ただし、スリッカーブラシは先がとがっているため、あまり強くブラッシングしてしまうと皮膚を傷つけてしまいますのでご注意ください。

シリコンやラバー素材のブラシは、短毛種の子におすすめ。スリッカーブラシのように皮膚を傷めることもありません。スムースコートの犬でも驚くほどたくさんの抜け毛が出ますので、ブラッシングを怠らないようにしましょう。

※関連記事
【犬に優しいブラッシング】成功のための3つの秘訣と基本の方法

ブラッシングを毎日続けるコツは?

抜け毛対策が必要な犬

抜け毛対策のブラッシング、毎日は大変…と感じるかもしれません。そんな方は毎日の散歩のあとにブラッシングタイムを設けてみてはいかがでしょう。

運動して心地よく疲れ、気持ちも満たされているタイミングであれば、愛犬もリラックスしてブラッシングを受け入れやすくなります。汚れを取り除いたり、傷をチェックしたりも同時に行うこともできるのでおすすめですよ。

ほつれや毛玉があるときは?

被毛にほつれやからまり、毛玉がある状態で無理にブラッシングをすると、愛犬に痛い思いをさせてしまいます。ブラッシングが苦手にならないようにするためには、痛みを与えないことがとにかく大切。不安な場合や、久しぶりのブラッシングという場合には、一度は動物病院やトリミングサロンでプロの手を借りた方がよいでしょう。ほつれやからまりがなくなったら、毎日自宅でブラッシングするようにして、からまりのない状態をキープしましょう。

王道②ポイントを押さえた掃除

フローリングの犬の抜け毛を掃除しているところ

こまめな掃除も、抜け毛対策の王道ですよね。気づいた抜け毛は後回しにしない!というのも、抜け毛対策のポイント。こまめに床の被毛を掃除しましょう。

粘着ローラーも鉄板です。気が付いた時にいつでも被毛を取り除けるように、室内のいろいろな場所に粘着ローラーをおいておき、こまめにコロコロする癖を付けておきましょう。

※関連記事
部屋中毛だらけはイヤ!犬の抜け毛対策&掃除テクニック!

見えない場所こそ丁寧に!

窓の桟の犬の抜け毛を掃除しているところ

毎日一生懸命床掃除をしてるのに、常にどこからともなく抜け毛が出てくる…といった方も多いのでは。そんな方はぜひ、目につきにくい場所の掃除を見直してみましょう。

家具と壁の隙間や空気清浄機のフィルター、換気扇の中など、目につきにくい場所にも意外とたくさんの抜け毛が溜まっています。そういった場所の掃除をしっかりとしておきましょう。とはいえ、狭い隙間に入ってしまった抜け毛を掃除するのはけっこう大変。動かせる家具はキャスターなどで容易に移動できるようにしておくと掃除が楽になりますよ。

裏技①毛がつきにくい素材の服を選ぶ!

抜け毛がつきにくい素材の服

ブラッシングも掃除もこまめにしている…家を出る前に玄関先で、念入りにコロコロして愛犬の毛をとってきたはず…。それなのにやっぱり洋服に毛が付いている…!

愛犬家あるあるですよね。自宅でまったりしている時はまだしも、お仕事や用事で家の外に出る時には、毛の付いていない洋服ででかけたいところ。

そんなときはいっそのこと、抜け毛がくっつきにくい素材の服を選んでしまってはいかがでしょう。ポリエステルなどの化繊素材や、シルクやサテンといったツルっとした素材の服であれば、毛はつきにくいでしょう。

裏技②毛がつきにくくなる洗剤を使う!

犬の抜け毛がつきにくくなる洗剤で洗濯

最近では、犬の毛が服に着きにくくなる効果のある洗剤も販売されています。普通に洗濯してもなかなかとれない頑固な抜け毛がとれやすくなり、繰り返し使っているうちに新たな抜け毛がつきにくくなる効果があるものです。そのほか、洗濯の際に柔軟剤を使用してみるのも一つの手。一度試してみてはいかがでしょう。

抜け毛の季節はいろんな工夫で乗り切ろう

犬の抜け毛は多くの愛犬家の悩みの種です。きれいにしているつもりなのに次々出てくる抜け毛にうんざりしてしまうこともあるでしょう。抜け毛問題でお悩みの方はぜひ、今回ご紹介した技を参考にしてみてくださいね。

※関連記事
【獣医師監修】犬の毛が抜ける…病気を見分けるポイントとおすすめケア

関連記事