【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

服につく犬の毛への対策4選

 

犬の毛がつかないように対策している人

服に犬の毛がついて困るというのは、犬と暮らす中でよくあるお悩み。今回は、犬の毛が服につくのを減らすための対策を紹介します!

①こまめにブラッシングする

服に毛がつかないようにブラッシングしている犬

服に犬の毛つくときの対策として最も効果的な方法は、やっぱり毎日のブラッシング。ブラッシングしてあたかじめ抜けた毛をできるだけ取り除いておくことで、犬の活動とともに飛び散って空間を舞ったり、犬と触れ合ったときに服に直接付いたりする毛を減らしておきましょう。

ブラッシングは毎日の日課にしてしまうといいでしょう。お部屋のあちこちに落ちる抜け毛の量や服につく抜け毛の量はぐっと減るはずです。

毎日ブラッシングをしておくと、被毛の間にとどまっている抜け毛が減ります。そうすれば毎日のお手入れがだんだんと短時間で済ませられるようになってきます。

※関連記事
犬の毛が抜ける時、病気を見分ける4つのポイント【獣医師監修】

②こまめに掃除する

こまめな掃除で室内に飛散していたり、床に落ちていたりする毛を減らしておきましょう。

毛の細い犬の場合は、毛が舞いやすく掃除機では取りきれないことも多いので、時間差でフロアワイパーを併用しながら効率よく掃除をするとよいでしょう。

粘着ローラーも鉄板。気が付いた時にいつでも被毛を取り除けるように、室内のいろいろな場所に粘着ローラーをおいておき、こまめにコロコロする癖を付けておきましょう。

毎日一生懸命床掃除をしてるのに、常にどこからともなく抜け毛が出てくる場合は、目につきにくい場所の掃除を見直してみましょう。家具と壁の隙間や空気清浄機のフィルター、換気扇の中といった目につきにくい場所に意外とたくさんの抜け毛が溜まっています。動かせる家具はキャスターなどで容易に移動できるようにしておくと掃除が楽になりますよ。

③毛がつきにくい素材の服を選ぶ

できる限り犬の毛がつきにくい素材の服を選ぶのもひとつです。季節にもよりますが、ポリエステルなどの化繊素材や、シルクやサテンといったツルっとした素材の服であれば、毛はつきにくいでしょう。

④毛がつきにくくなる洗剤や柔軟剤を使う

服に犬の毛のつきにくい洗剤で洗濯をしている

犬の毛が服に着きにくくなる効果のある洗剤も販売されています。普通に洗濯してもなかなかとれない頑固な抜け毛がとれやすくなり、繰り返し使っているうちに新たな抜け毛がつきにくくなる効果があるものです。

そのほか、洗濯の際に静電気防止効果のある柔軟剤を使用してみるのも一つの手。一度試してみてはいかがでしょう。

換毛期はひと手間かけて気持ちよく過ごそう

犬の毛が服についてしまうというのは多くの方のお悩み。何度も粘着テープでコロコロしても次々出てくる抜け毛にうんざりしてしまうこともあるかもしれません。でも、毛が抜けることは犬にとっては自然で当たり前のことです。できる対策を積み重ねていきましょう。

※関連記事
部屋中毛だらけはイヤ!犬の抜け毛対策&掃除テクニック!

関連記事