【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の留守番中の不安を小さくする5つの方法【獣医師監修】

 

犬の留守番の不安を小さくする方法

犬が留守番中に不安を感じないようにするためにできることはいくつかあります。いくつかの対策を組み合わせて、留守番中の不安をできるだけ小さくしてあげましょう。

①ひとりに慣れる練習をする

留守番の練習をする前の犬

犬がひとりで過ごす練習を積み重ねておくことは、留守番中の不安を小さくするのに必ず役立ちます。後に、留守番中の不安が深刻なものになるのを防ぐため、留守番の練習は必ず計画的に行わなくてはなりません。

まずは、他の部屋にいって用事をすませて戻ってくる程度のごくごく短時間だけ、飼い主の姿が見えない部屋で過ごす練習をしてみてください。うまく過ごすことができたら、そこから徐々に時間を長くしていきましょう。

長時間の留守番をさせる前には、「確実に落ち着いて過ごせるとわかっている時間」から少しずつ長くしていくステップが必要です。くれぐれもいきなり長時間の留守番をさせるようなことはしないようにしてください。

留守番をさせてみた犬が不安を感じてそうだった、という場合は、留守番させる時間が長すぎたということ。うまく留守番できた時間に戻って、そこからさらにスモールステップで練習を重ねなくてはなりません。

②おもちゃのバリエーションを増やす

留守番中の犬の強い味方である、おもちゃ。ひとりの時間を上手に過ごすためには、おもちゃは必須です。色々なタイプのおもちゃを与えて、留守番中の愛犬が退屈しないようにしてあげましょう。

ひとり遊びをさせるときのおもちゃは、ひとりで安全に遊べるものを選ぶことが絶対条件。口に入りきらないサイズで、頑丈なラバー素材などの壊せないようなものを選びましょう。

ぬいぐるみのように、ちぎれる可能性のあるおもちゃは、飲み込んでしまうおそれがあり危険です。飼い主さんが一緒に遊ぶときに使ってください。

③留守番中のごはんを知育玩具で与える

留守番中のごはんを知育玩具でもらう犬

知育玩具として有名な「コング」のようなおもちゃで食事を与える方法は、留守番中のごはんとしておすすめです。

こうしたおもちゃを与えることで、遊びながら食事をとることができるので不安を感じにくくなります。食べるのにも時間がかかるうえに、予測不能な動きをするので、遊んだり食べたりしているうちに留守番の時間があっという間に過ぎてしまうでしょう。

うまく転がすと穴からポロポロとドライフードが出てくるようなタイプの知育玩具もおすすめ。試行錯誤しているうちに、留守番時間が経過してします。

留守番中のおもちゃとして知育玩具を使うことは、食べるのに時間がかかる以外にも良い点が。中のフードを取り出すのに頭を使うため、程よく疲れてくれるので、残りの時間をまったりと落ち着いて過ごすことにもつながるのです。

④留守番前に散歩や遊びの時間を作る

留守番前にしっかり遊ぶので留守番中に不安を感じない犬

留守番前の散歩や遊びはとても大切です。しっかり体を動かし、飼い主さんと一緒に楽しい時間を過ごしておくことで、心身ともに満足して、ほどよく疲れた状態で留守番をお願いしましょう。

「遊びたい!走り回りたい!」という気持ちを持った愛犬に留守番をお願いするよりも、しっかり遊んで、身も心も満足した愛犬に留守番をお願いするほうが、ずっと落ち着いた気持ちで留守番の時間を過ごせます。

⑤外出前のあいさつは、遊んでいる時にさりげなく

留守番をお願いする前に「いってくるね、お留守番よろしくね、いいこでいてね」などと大げさにあいさつする必要はありません。夢中になって一人遊びしている間に、さらりと「いってきます」と声をかける程度としておきましょう。

留守番中の犬が不安を感じにくくするため、できることはしてあげよう

帰ってきたときに、特に問題を起こしていないように見える場合でも、留守番中に犬が不安を感じていることはあるかもしれません。留守番中の犬ができるだけ不安を感じずにいられるように、できる限りの対策をしておくことをおすすめします。

こいぬすてっぷでは、 愛犬のお留守番にお役立つ、選りすぐりのおもちゃや厳選日用品 とともに、無理のない留守番練習の方法や暮らしに役立つ愛犬のしつけの方法についてご紹介しています。時に大変なこともある愛犬生活を「こいぬすてっぷ」と一緒に楽しみましょう!

※関連記事
クレートトレーニングを成功させる方法は?【獣医師監修】

※関連記事
子犬の留守番練習【獣医師監修】

関連記事