【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に散歩中のにおいかぎが必要な3つの理由【獣医師監修】

 

大事なにおいかぎをする犬

犬との散歩中のにおいかぎ。しつこいしやめさせたいと感じることもあるかもしれませんが、においかぎは犬が本能的に必要としている行動。無理やりやめさせられるようなことが続くと、犬は不安や不満をどんどん募らせていくことにつながります。今回は犬の散歩中のにおいかぎが必要な理由についてです。

①犬はにおいかぎで情報を集め、楽しんでいるから

犬がにおいをかいで回るのは、人が目で見て色々なものを確かめたり、楽しんだりするのと同じこと。犬にとってにおいかぎは、自然なことであり、安心して、精神的に満たされた生活を送るのに欠かせない行動なのです。

②散歩中のにおいの刺激で本能的な欲求を満たすため

散歩のにおいかぎの刺激で欲求を満たす犬

家庭で過ごしている犬たちは、嗅覚を使って獲物を探し求める必要はありません。ですから、犬たちは「においをかぐ」という本能的な行動を持て余し気味となっているのです。そのため、散歩に出て、新しい刺激にたくさん出会って思い切りにおいをかぐことで、においかぎをしたいという本能的な欲求を満たしてあげる必要があるのです。

「あ、ここに何かある。なんだあれは…。」「お友達がここを通ったのかな…。」人が目で見て情報を集め、色々考えるように、犬もにおいをかぐことで情報を集め、めいっぱい頭を使って考え、そして満足感を得ます。

③においかぎを禁じると、問題行動につながるほど不安や不満がたまることも

においかぎをして不安を解消する犬

犬が散歩中のにおいかぎを禁じられると、気になったことを確認できないままとなり不安が募ります。また、においかぎをしたい!という本能的な欲求が満たされないことで欲求不満の状態にもなります。

すると、落ち着いて過ごせない、吠えやすくなるといった問題行動につながる可能性もあるのです。

散歩では安全に思い切り「においかぎ」を楽しませてあげよう!

においかぎは、私たち人間とは異なる習性のため、どうしても見落とされたり軽く見たりされがちです。でも、犬が外の世界で様々なにおいをかいでまわり、色々な刺激を楽しむことは、犬が退屈せずに、精神的に落ち着いた日々を過ごすためにとても大切です。しつこいと感じることもあるかもしれませんが、存分においかぎをさせてあげましょう。もちろん、安全を守ることも必要です。危険な場所には近づかせないようにし、散歩中は常に道に食べてはいけないものが落ちていないか気を配りつつ、リードをつけて安全に楽しみましょう。

※関連記事
散歩で犬がリードを引っ張る癖の直し方【獣医師監修】

※関連記事
犬の飛びつきをやめさせる方法【獣医師監修】

関連記事