【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

命の危険も。犬におすそわけNGなお弁当のおかず【獣医師監修】

 

お弁当を持って愛犬とピクニック。ランチタイムには、お弁当のおかずを愛犬におすそ分けしたくなることがあるかもしれません。でも、よくお弁当に使われるおかずには、犬が食べてはいけないものが少なくありません。今回の記事では、愛犬のお弁当のおかずをおすそ分けしたいときの注意点をご紹介します。

犬が食べられないお弁当のおかずのポイント

犬が食べられないお弁当

犬に与えてはいけないお弁当のおかずを考えるときには、次の2つのポイントに気を付けておかなくてはありません。

  • 犬に絶対にあげてはいけない、愛犬の生死に関わる中毒を起こす食材
  • 大量に食べると体の機能に影響を及ぼす危険のある食材

まずはお弁当には愛犬の健康を損ねてしまうような危険のあるおかずが含まれていることをしっかりと理解しておきましょう。人間にとってはおいしいおかずでも、犬の健康を損なうものも少なくありません。安易には与えないようにしてください。

また、お弁当のおかずは多くの場合、味付けが濃く、犬も大喜びでバクバク食べがちです。気づいたらとてもたくさん食べていた、なんてことにもなりやすいので、その点にも十分に気を付けるようにしてください。

唐揚げなどの揚げ物は命に係わる。厳禁。

お弁当のおかずの定番の唐揚げや揚げ物。唐揚げや揚げ物に使われる油は、過剰に摂取すると命に係わる膵炎を個々すおそれがあります。揚げ物というと、カロリーが高く、肥満になるイメージがあるかもしれません。でも、問題はそこだけでないのです。

油分の多い食べ物は消化不良による急な嘔吐や下痢を起こすおそれがあります。さらには、胃腸炎を起こしたり、時には命に係わる膵炎の原因になることも。

中でも唐揚げの場合は、衣にさまざまな調味料が含まれていることも問題です。犬が命を落とすような中毒症状を起こすおそれのあるニンニクを含むものもあります。また、香辛料が刺激となって胃腸炎を起こすことも考えられます。

※関連記事
犬にニンニクを与えないで!ニンニクは中毒を起こすおそれのある危険な食材

玉ねぎを含むハンバーグは死亡のリスクあり。厳禁。

手作り・市販品問わず、玉ねぎが含まれているハンバーグは厳禁です。玉ねぎは、犬が食べてはいけない食材としてご存じの飼い主さんも多いでしょう。犬が玉ねぎを含んだ食材を食べると中毒症状が出て、死に至る可能性があります。玉ねぎはエキスを含んでいるだけで大変危険です。ハンバーグをほぐして玉ねぎをよけたとしても絶対に与えてはいけません。

また、脂肪分や香辛料も犬にとっては大きな負担となります。ハンバーグを犬におすそ分けするのは避けましょう。

※関連記事
犬に玉ねぎは厳禁!食べたらどうなる?どうすればいい?【獣医師監修】

ハム&ソーセージも脂肪分、塩分、香辛料が問題

ハムやソーセージ、ウインナーなどはお弁当のおかずに便利ですが、見た目以上にさまざまなものを使って作られています。

まず、問題となるのが脂肪分。ハムやソーセージは、嘔吐や下痢の原因となります。また、揚げ物と同様に、過剰な脂肪分は胃腸炎や膵炎を引き起こすリスクがあります。

塩分の多さも問題です。特に、泌尿器や循環器に疾患があって治療中の犬には決して与えてはいけません。 加熱・非加熱問わず、人間用に作られたハムやソーセージのような加工肉は、犬に与えないようにしましょう。

加工品といえば、ちくわやかまぼこなどはあっさりしているため、一見犬が食べても大丈夫なように思われがちですが、練り製品も塩分が強いため、おすすめできません。

サンドイッチは危険がいっぱい!

サンドイッチの具材には、ハムやチーズ、玉ねぎ、消化しにくい生野菜などが含まれていることが多くあります。飼い主さんにとってはいろいろな味わいが一度に楽しめておいしいサンドイッチですが、愛犬にとっては危険がたくさん潜んでいるメニューです。安易な気持ちで犬には与えないようにしてください。

※関連記事
犬にパンを与えてもOK?絶対ダメなパンもある?【獣医師監修】

ブドウも犬には厳禁

お弁当のデザートの果物のうち、犬に絶対に与えてはいけないのはブドウです。

ブドウは、犬が食べると腎不全の原因になることが分かっています。最悪の場合は死に至ることも。フレッシュなブドウだけでなく、レーズンにも同じことが言えます。決して与えないようにしてください。

※関連記事
犬にブドウはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

お弁当を愛犬と一緒に楽しみたいときは…

お弁当のおかずの取り分けを愛犬にしたいけれど、食品に含まれているものが心配という場合には、味のついていない「ごはん」をあげるのが一つの手。しっかりと加熱処理された味のついていないごはんは、犬が食べても問題ありません。ただ、塩おにぎりのように塩分が含まれているものはおすすめできません。また、梅干は塩気が強いうえに、種がのどに詰まる危険もあるのでNGです。おこわのようにもち米でできているものは、のどに詰まる危険性があるため、与えないことが鉄則です。

そのほか、飼い主さん用のお弁当を作る時に、ゆでたニンジンを一口サイズに切ったものや、トウモロコシの実の部分を少し余分に取り分けてお弁当やタッパーに詰めておくという方法も。ランチタイムになったら、愛犬がいつも食べているドライフードに、持ってきた茹で野菜をトッピングすることで一緒にお弁当を楽しむことができますよ。

※関連記事
犬にとうもろこしを与える時、絶対守るべきポイントとは?

※関連記事
そのトマト、愛犬に与えても大丈夫?犬にトマトを与えるときの注意点とは?【獣医師監修】

※関連記事
犬にスナップエンドウを与えてもOK?

【注意!】ピクニック中の愛犬のランチは少なめに

犬は食後まもなく運動をすることで、「胃拡張胃捻転症候群」といわれる危険な状態に陥るケースがあります。胃拡張胃捻転症候群は、胃が大きく膨らみ、時には身体の中でねじれてしまう緊急性の高い病気です。すぐに動物病院で適切な処置を行わなければ、死亡してしまうこともあります。

愛犬とのピクニックで、午後にもまだまだ遊んだり歩いたりという予定があるのなら、人のランチタイムに犬に多くの食べ物を与えることは避けてください。間食程度、一口、二口のおやつや、いつものフードを少量与えるのみにしておくほうがよいでしょう。

※関連記事
涼しい夜に犬の散歩。食後すぐに行くのは非常に危険!その理由は?【獣医師監修】

愛犬へのお弁当の取り分けは十分注意を!

愛犬と一緒にお弁当を食べられたら、きっと楽しいことでしょう。しかし、喜ばせるために与えたおかずで、愛犬の体調が悪くなってしまうようなことがあってはいけません。愛犬の健康を守れるのは飼い主さんだけです。愛犬の健康のことを考え、犬の体に良くないものは与えないようにしましょう。

※関連記事
犬と楽しめる秋の味覚6選!注意点や与え方は?

※関連記事
めんどくさくない!愛犬のための手作りごはんを手軽に楽しむコツ2つ

関連記事