【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬が食事中に唸る時の対処法【獣医師監修】

 

食事中に唸るのを解決した犬

犬の食事中に飼い主が近づくとうなる、噛みつこうとする…こういった行動は、早めに解決しておくことをおすすめします。そのままにしていると、やがて食事中に近づいた飼い主さんに噛みつくなど、深刻な問題に発展することもあるからです。今回は、食事中に近づいた時に唸る犬への対処法についてです。

食事中の唸りは噛みつきに発展するおそれあり

犬が食事中に唸る理由の多くは、「自分の食事をとられたくない!守らなければ!」という気持ちの表れ。食事中に唸る犬は、自分の食べ物を守るためにやがて人に噛みつくようになることがあります。何かを守るための噛みつきは深刻化しやすいもの。噛みつきなどの攻撃行動に至る前の「唸る」というアピール方法をとっているうちに、しっかり対策しておくことを強くおすすめします。

食事中に唸る犬への対応のポイント2つ

「人は犬のごはんを奪う存在ではない」

人が奪うことはない犬の食事

まず、食事中に唸る犬には「人は犬の食べているごはんを奪うようなことはしない、争いの相手ではない」ということを教えてあげる必要があります。それがきちんと理解できれば、犬は自分のごはんを守るために、近くに来た人を威嚇したり、攻撃しようとしたりする必要はなくなります。落ち着いた気持ちで、自分のペースで、大好きな食事を楽しむことができるようになります。

「人の手はいいもの。悪いものではない」

人が犬の食事を奪う存在ではないことを教えると同時に「人の手は犬にとってイヤなことをするものではない、人の手はいいものだ」ということも教えていきましょう。「人の手」が大好きになっておけば、犬は穏やかな気持ちで食事をとれるだけでなく、スキンシップやお世話をより快く受け入れられ、毎日をハッピーに過ごせるようになります。どんな時でも、犬が人の手に対して良い印象を持ているような触れ合い方を常に心がけましょう。

食事中に唸る犬への具体的な対応

①食事中に唸る犬には、フードを何回かにわけて食器に追加していく

食事中に唸る犬に与える最初は少なめのフード

犬に「人はごはんを奪う存在ではない」ということを教えてあげるため、食事の与え方に少し工夫をしてみましょう。最初から1回の食事分全部のフードをボウルに入れるのではなく、1/2とか1/4くらいだけ入れた状態で愛犬に出してください。そして、それを食べ終わる少し前に近づいて、残りのフードの半分くらいをバラバラっと手から食器の中に追加。また食べ終わる少し前に最後の半分を手からバラバラと追加してあげましょう。

フードがボウルに残っている段階で近づくと唸るようなら、最初に入れたフードを食べ終わった直後のタイミングでバラバラとフードを追加することからスタートしてみてください。唸らずにいられるようになったら、フードにまだごはんがほんの少し残っている状態の、食べ終わる直前にフードを追加。これもクリアできたら、ごはんの真っ最中、まだたくさん残っているところにフードを追加する、といったようにしていきましょう。

飼い主さんが手を出すと噛まれそうであれば、はじめのうちは少し離れてひょいっと追加のフードを投げ入れる方法も。また、柄が長めのスプーンを使うのもひとつです。フードを守ろうとする犬に飼い主さんが手を噛まれてしまわないような方法をとってください。毎回の食事で徐々に距離を縮めていき、飼い主が近づいたり、食器の近くに手をだしたりしても気にせずごはんを食べていられるようになれば、直接手で追加のフードを入れてあげる練習に進みましょう。

②犬に食事中に食器を触れるようになればさらにgood

①ができるようになってきたら、食事中にお皿に触る練習までできるとよいですね。食事中に犬の食器をほんの少しだけ動かして、追加のフードや特別大好物のおやつを少し入れる練習です。もちろん、カロリーオーバーにならないように練習してください。

こうした練習を繰り返していくと、食事中に近づいてくる人は食べ物を追加してくれたり、大好物をくれたりする人だと認識するようになっていき、今食べている食事を守るために唸るようなことはなくなっていきます。

③毎日手で優しく触れたり、手からおやつをあげたりする

食事中に唸る犬に必要な優しく手で触れること

日々、犬が人の手に対して良い印象を持てるような触れ合い方をしましょう。犬にとって人の手がイヤなものではなくなれば、食事中に近づいてきた手に対して唸ったり噛みつこうとしたりすることはなくなります。

毎日優しく撫でてあげたり、スキンシップをとったり、手からおやつを食べさせてあげたりしましょう。逆に、叩く、犬が触られたくないところを無理やり触るなど、人の手を嫌いになってしまうような行動は言うまでもなくNGです。

※関連記事
犬が喜ぶ撫で方のコツ【獣医師監修】

④食事中に唸る犬を叱ったり罰を与えたりは絶対しない

食事中に近くに来た人に唸るには、「ごはんを取られたくない!」と感じた犬がとる自然な反応。叱ったり、罰を与えたりするのは絶対NGです。食べている食器を取り上げて叱りつける、などは最もしてはならないこと。食事中に唸るだけでなく、噛みつくようになるなど、事態は悪化します。もちろん、慣らせるためといって、無理やり食器に手を突っ込むこともしないでください。

食事中に犬が唸っても冷静に。「取らないよ、大丈夫だよ」と声掛けしたり、無反応でいたりしてください。食事中にフードを追加する練習を根気よく続けましょう。

※関連記事
犬に絶対してはいけない危険な叱り方4つ【獣医師監修】

※関連記事
コツン!ペシッ!て叩いてない?犬が怖がりなのは体罰のせいかも!すぐ始められる仲直りの方法4つ【獣医師監修】

解決が難しければできるだけ早く専門家に相談

食事中に唸る問題が解決できず専門家に相談する犬

食事中に唸るという犬の行動は、エスカレートすると、噛みつきなどの非常に深刻な問題へと発展しがちです。犬がとても激しく威嚇し、飼い主さんが今にもケガをしてしまいそうな状況では、無理は禁物。また、そこまで激しい威嚇ではなくても、10日~2週間ほどじっくり練習してみて、うまくいきそうにない場合には、できるだけ早く専門家に相談することをおすすめします。

しつけを得意としているスタッフのいる動物病院での相談もひとつですし、行動治療を専門としている獣医師のいる動物病院への紹介を受けるのも一つの方法です。まずは、お近くの動物病院で相談してみましょう。

食事を存分に楽しめるようにしてあげよう

食事中、人が近くを通るたびに警戒して唸っていては、犬は落ち着いてごはんを楽しむことはできていないでしょう。人は犬と争う存在ではなく、人が近くにいることは嬉しいことだと犬が思えるようになれば、必要以上に近くにいる人を警戒する必要はなくなります。食事の時間が愛犬にとって心から楽しめる時間になるように練習してみてくださいね。

※関連記事
ごはんの前の「おあずけ」は犬に必要なしつけなの?【獣医師監修】

※関連記事
飼い主の食事をおねだりする犬への対処法【獣医師監修】

関連記事