【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にパンを与えてもOK?絶対ダメなパンもある?【獣医師監修】

 

犬に与えてはいけないパン

とても身近な食べ物であるパン。「少しくらいいいかな」と愛犬にパンを食べさせたことのある方は多いのではないでしょうか。実は、パンの中には犬の命に関わるような危険なものもあり、与え方には注意が必要です。今回の記事では、犬が食べられるパンや与えるときの注意点、絶対に与えてはいけないパンをご紹介します。

食パンやフランスパンの白い部分などシンプルなものなら大丈夫

犬が食べられる食パン

パンはどんどん与えていいわけではない。お楽しみ程度にとどめよう

食パンのような具材の入っていないシンプルなパンそのものは、犬にとって特別な問題がある食品ではありません。しかし、種類によっては、バターが多く含まれていたり、生クリームを使用していたりといったことがあるため、安易にどんなパンでも与えていいというわけではありません。人間にとっておいしいパンでも、犬にとっては有害であるケースもあるなど、パンは積極的にたくさん与えたい食材とは言えないのです。

新鮮な水を与え、「総合栄養食」とよばれるフードを主食にしていれば、犬に必要な栄養はすべてバランスよくとれているはずです。ですから、栄養という面では、あえてほかに何かを加える必要はありません。ご褒美やたまのお楽しみとしてパンを犬に与えるのであれば、たとえば食パンやフランスパンの白い部分など、何も味付けされていない、ごくごくシンプルなパンにすることをおすすめします。もちろんバターはつけない状態で。分量もひとくちかふたくち程度にとどめておくことが無難です。

犬用のパンもある

犬には犬用のパンがおすすめ

基本的に、人間用のパンは犬には不向きです。愛犬とパンを楽しみたい場合には、無添加で犬専用に作られたパンはいかがでしょう。

犬専用のパンだからといっていくらでも与えて良いというわけではありません。原材料を確認し、パッケージに記載されている分量を守り、犬の体の負担にならないように食べさせてあげてくださいね。

アレルギーのある愛犬にはパンは与えないで

犬にパンを与えるときにアレルギーに気を付けるべき食材

パンを与えるときに気を付けたいポイントのひとつは「アレルギー」です。人間と同じように、パンに使われている小麦や卵、乳製品などはアレルギーの原因となることがあります。

小麦アレルギーをはじめとした、食物アレルギーの愛犬にはパンは与えないようにしましょう。食物アレルギーでは、皮膚のかゆみやただれなどの皮膚炎、外耳炎などのほか、下痢や嘔吐などの症状が出ることがあります。パンを食べたあとに普段と違う様子が見られたら、できるだけ早く動物病院を受診してください。

パンをはじめて与えるときには、アレルギー症状がでたり、体調が崩れたときにすぐに動物病院を受診できるように、平日の午前中に与えるとよいでしょう。また、ごはん前に与えてしまうと、お腹がいっぱいになって、食事に差し支えることもありますよ。与えるタイミングには気を付けましょう。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

チョコレートパンやレーズンパンは当然NG

犬が食べてはいけないチョコレートパン

当然ですが犬が食べてはいけない食材を含むパンは、与えるのは絶対にNGです。定番でもあり、食卓に並ぶことも多いパンであるレーズンパンやチョコレートパンはもちろん、ナッツやねぎ類を使用したパンも決して与えないでください。死に至る中毒を起こるおそれがあります。

※関連記事
犬にチョコレートは危険!恐ろしい症状と食べた時の対処法、自己判断NGのワケ【獣医師監修】

※関連記事
犬にブドウは絶対ダメ!食べたらどうなる?レーズンは?【獣医師監修】

姿の見えない玉ねぎが入っているかも!お惣菜パンもNG

犬が食べてはいけないお惣菜パン

玉ねぎについては、玉ねぎそのものが見えない場合もあるのでさらに注意が必要です。サンドイッチのたまごの中に使用されていたり、ミートソースに含まれていることも少なくありません。お惣菜系のパンも犬には与えないようにしましょう。

※関連記事
犬に玉ねぎはダメ!絶対に知っておくべき玉ねぎ中毒のリスク【獣医師監修】

揚げているタイプのパンもNG

犬が食べてはいけないカレーパン

カレーパンはもちろん、給食のメニューにもなっているようないわゆる「揚げパン」も、犬にはNGです。

揚げているタイプのパンはジューシーでおいしいと感じる飼い主さんも多いでしょう。しかし、油は犬の消化器に負担がかかり、膵炎のような命に係わる病気の原因になることがあります。

生クリームを使っているパンも危険

犬には危険なクリームを使ったパン

生クリームやカスタードクリームも危険です。揚げパンと同様、脂肪分が多すぎる食材は下痢をしやすいだけでなく、死亡することもある膵炎を起こすおそれがあります。

砂糖やバターを多く使ったパンも与えないで

砂糖やバターを多く使っていて犬に与えてはいけないパン

メロンパンのような甘い菓子パンも糖分や脂肪分の多いためNGです。こういったパンは、犬が好んでたくさん食べてしまいやすいので十分気を付けましょう。砂糖やバターを多く使ったパンは肥満のもとになりますし、犬の体にも大変大きな負担がかかります。 見落としがちなのがバターロールやクロワッサン。一見シンプルなパンにも思えますが、バターをたっぷり使用しています。

小さいお子様が食べている時に犬にわけてしまったり、食べこぼしを拾って食べたりすることがないように気を付けましょう。

たまのおやつとして、安全にパンを楽しもう

パンはおいしく手軽ですので、つい愛犬にも与えてあげたくなってしまいます。でも、パンには犬の体にとって負担となる塩分や油分が多く含まれます。与えるパンによっては、アレルギーの原因や愛犬の命をおびやかす食材が含まれていることを知っておきましょう。愛犬にパンを与えたい場合には、注意点をしっかり知ったうえで、安全に与えるようにしましょう。また、パンを主食にしないことはもちろん、パンを与えることが習慣にならないように注意しましょう。

※関連記事
犬にとうもろこしを与える時、絶対守るべきポイントとは?

関連記事