【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬との「同行避難」。必ず知っておくべきこと

 

同行避難の練習をする犬

災害時に勧められている行動のひとつであるペットとの「同行避難」。しかし、「同行避難」という言葉は色々な理解のされ方をしてしまっており、現場で混乱が生じてしまっているケースが多々あります。今回は、災害時の「同行避難」について必ず知っておきたいことをまとめました。

同行避難とは「一緒に避難行動をとること」

「同行避難」とは、災害による危険が迫っているとき、飼い主さんの責任により、ペットも一緒に行動することを前提とすること。国は、原則、ペットとの同行避難をを推奨しています。

避難先は、小学校や公民館などのいわゆる「指定緊急避難場所」には限りません。近所の高層ビルや広場、知人の家へと避難行動をとることも「同行避難」です。

一方、ペットを自宅に残して飼い主だけが避難し、食事の世話などのために頻繁に危険を伴う自宅に帰ってくることや、反対にペットとともに倒壊しそうな家に残ることは勧められていません。

すべての避難所で同行避難を受け入れているわけではない

「同行避難」とは、命を守るためにペットとともに避難行動をとることであり、避難先で一緒に暮らすことを意味しているわけではありません。

ペットと同行避難してきた飼い主さんとそのペットの受け入れについては、避難所によって判断が異なります。ですから、あらかじめ最寄りの避難所がペットとの同行避難を受け入れているかどうかを確認し、いざという時にペットとの同行避難を受け入れている避難所を探しておかなくてはなりません。

ペットとの同行避難を受け入れている避難所についての情報を載せた防災関連のページをインターネットで確認できる自治体もあります。まずは自治体のホームページに掲載されている防災情報をこまめにチェックすることから始めましょう。不明な点がある場合には、早めに自治体に確認を取っておくことをおすすめします。

同行避難を受け入れる避難所でも、一緒に過ごせるとは限らない

同行避難を受け入れている避難所であっても、ペットと同じ空間で過ごせるとは限りません。ペットは人とは、同じ敷地内の別々の居住空間で過ごさざるを得ないケースも多々あることを知っておきましょう。

最近では、同行避難を受け入れる避難所も増えつつあります。とはいえ、避難所での実態は、管理している自治体によって大きく異なります。

ペットと人の生活空間を完全にわけているところもあれば、ペットと一緒の人とペットがいない人の生活空間を分ける、といった対応をしているところもあります。

いずれの場合でも、犬と避難所を利用するときに意識しておくべきことは、避難所では、多くの色々な価値観を持つ人々が生活すること。犬が嫌いな人、動物アレルギーを持っている人も少なくありません。ペットの体臭や糞尿の臭い、鳴き声の問題などのトラブルの発生は容易に想定できます。

社会化をして、知らない犬や人が行き交う中でも落ち着いて行動できるようにしておくことや、キャリーやクレートに慣らしておくことは、避難所でのストレス軽減に繋がります。また、無駄吠えをしないことや、決められた場所で排泄する習慣なども、ペットトラブルを防ぐポイントです。

当然、同行避難の受け入れが可能な避難所に避難した場合でも、犬の管理に責任を持たなくてはなりません。受け入れてもらったからといって手厚いケアを期待するのではなく、他に避難している人に迷惑をかけないように過ごす努力を怠ってはなりません。

※関連記事
愛犬と避難訓練に参加しよう。知っておきたい要チェック項目とは?

同行避難をしたあと、一時的に預けるという選択肢もある

最近では、獣医師会や動物愛護ボランティア、ペットシッターなどの協力で、災害時にペットを一時的に安全な場所で預かるという動きも出てきています。 また、親せきや友人に一時的に預けるのもひとつの方法です。

愛犬を一時的に預ける場合には、のちのトラブルを防ぐために、条件などの覚書などをかわしておくことをお勧めします。

安全が確認されたら、自宅で過ごすことも

一時的に同行避難をしたのち、自宅の安全が確認されたのであれば、在宅避難もひとつの方法です。この場合、ペットの支援物資は避難所で受け取ることになります。

愛犬との避難の選択肢を考えておこう

まずは犬との同行避難を受け入れている避難所の情報を収集し、避難の選択肢について具体的に考えておきましょう。

あわせて、防災用品の準備も必須。ペット用品ではじめて「防災製品等推奨品」に認定されたこいぬすてっぷの防災BOXでは、防災用として自宅に揃えておきたいアイテムを厳選してお届けします。これを機に、愛犬の防災グッズの見直しをしておきましょう。

※関連記事
本当に必要な犬の防災グッズまとめ。いつものリードは使えない…?!

関連記事