【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

家の中で犬の誤食事故に警戒すべきもの【獣医師監修】

 

犬の誤食に気を付けるべきマスク

家庭内での犬の誤食の事故はあとを絶ちません。今回は家の中に普通にあるもので、犬の誤食に厳重に警戒しておくべきものをご紹介します。

①マスク

犬が誤食すると危険なマスク

犬がマスクを誤食する例は非常にたくさんあります。不織布マスクでもウレタンマスクでも、布マスクでも、犬がマスクを消化することはできません。食べたマスクは胃にとどまって嘔吐の原因になったり、腸に詰まったりすることがあり危険です。

マスクは犬の手の届かない場所で管理し、使用済みのものは犬が届かない場所に廃棄してください。

※関連記事
犬がマスクを食べた時の対処法【獣医師監修】

②ティッシュペーパー

マスクと同様、ティッシュペーパーも非常に誤食の多いアイテムです。食べ物の匂いがしないからといって油断せず、ふたを付けるなどの犬がアプローチできないような対策をしたゴミ箱に捨ててください。

③クリップやアクセサリーなどの小物類、コイン、磁石

犬が誤食すると危険のピアス

クリップやアクセサリー、小銭などの小物は、誤飲の事故がとても多いアイテム。時には、チェーン状のネックレスをそのまま飲み込んでしまうようなことも。これは非常に危険です。

また、ツルっとした丸い形のものは、意外なほどに大きなものでも飲み込んでしまう可能性があります。

そのほか、複数の磁石を飲み込んだり、磁石と金属を含む異物を同時に飲み込んだりすることはきわめて危険です。磁石の力で消化管内の別の場所にある異物同士がひきつけあい、不自然な形に無理やり引っ張られた腸が破れてしまうのです。

④タオル、靴下などの布類

タオルは、じゃれて遊んでいるうちに繊維が喉に詰まったり、引きちぎって飲み込んでしまったりする可能性があります。靴下や軍手も誤食の事故がとても多いアイテム。

タオルや靴下などを飲み込んだ場合は、異物が腸に詰まるおそれがあるため、緊急手術が必要になることが少なくありません。また、すでに詰まってしまったときには、嘔吐をしてぐったりするなどの非常に深刻な症状が起こります。

タオルや靴下、軍手などの日用品で遊ばせることは決してしないでください。

※関連記事
犬の「ちょうだい」の教え方。コツは練習用のおもちゃ選び【獣医師監修】

※関連記事
犬がメガネを噛む時に必要な対応【獣医師監修】

⑤おもちゃ

犬が誤食すると危険なぬいぐるみ

犬に与えるおもちゃのサイズが適切でないと、遊んでいる最中に誤って飲み込んでしまう可能性があります。また、ぬいぐるみを引きちぎって中の綿を飲み込んだり、壊したおもちゃの一部を飲み込んでしまうことも。

おもちゃを選ぶときには、まるごと口に入ってしまうサイズのものは避け、遊ばせる前に破損しそうな場所がないか十分確認してください。

※関連記事
愛犬のひとり遊び用おもちゃを選ぶときのチェックポイント

⑥タバコ

犬がタバコを誤食すると中毒の危険があります。灰皿に残った消火用の水の管理もきちんと行い、誤って飲むことがないようにしてください。

⑦電池

犬は電池も飲み込んでしまいます。電池の誤飲もきわめて危険なので、決して犬の届くところには放置しないでください。

⑧殺虫剤、薬品、化粧品、洗剤、医薬品

犬が誤食すると危険な医薬品

犬が中毒を起こす可能性のある製品は家庭内にあふれています。決して犬の届かないところで保管するようにしてください。

また、飼い主さんが服用したあと、犬の届くところに置いたままになっていた医薬品を犬が誤食する事故も、非常に多く発生します。特に人と比べて体重の軽い犬では、症状が深刻になりやすく、命を落としてしまうこともあります。

誤食の事故は予防可能。しっかり管理してあげて。

誤食の事故は命に関わります。その一方、飼い主がきちんと管理することで予防が可能な事故でもあります。しっかりと対策をしておきましょう。それでも万が一誤食してしまった時は すぐに動物病院に連絡を。

※関連記事
犬が異物を誤飲した…その時、決してしてはいけないことは何?【獣医師監修】

※関連記事
犬がやけどをしたらどうする?【獣医師監修】

関連記事