【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

留守番もお任せ♪愛犬を退屈知らずにするためにしてあげたい2つのこと

   2019/12/09

留守番中に一人遊びする犬

お仕事で留守にするため、毎日のように愛犬にお留守番をしてもらっている、という方も多いかと思います。「ある程度の時間のお留守番なら大丈夫そうだけど、もっとお留守番を楽にしてあげたい」と思っている方もたくさんいるでしょう。毎日、お留守番を頑張っている愛犬が、お留守番中の時間をもっとストレスなく過ごせるようになるためにしてあげたいことを2つご紹介します。

①ひとり遊びのバリエーションを増やしまくる!

留守番の時間が長くなったり、留守番をする頻度が高かったりする場合には、留守番の間、犬が退屈しないで済むように準備をしておいてあげたいところ。そのためにも、愛犬がひとり遊びのバリエーションをたくさん持っているとよいですね。

ぬいぐるみで一人遊びをする犬

一人遊びのバリエーションは、いくつあっても多すぎることはありません!

普段から色々なおもちゃ遊びを体験させてあげ、愛犬の好みをしっかりと把握しておきましょう。最近は、素材や形など、色々なおもちゃがありますので、先入観にとらわれず、どんどんいろんなおもちゃにチャレンジするのがおすすめです。

一人遊びのバリエーションを増やすといっても、ただ新しいおもちゃを愛犬に渡すだけでなく、しばらく一緒に遊んで愛犬がおもちゃに興味を持つようにしてあげることも大事なこと。愛犬とのおうち遊びのバリエーションを増やしていくうちに、愛犬自身が新しい遊び方を発見したりして、どんどん一人遊びのバリエーションも増えていくでしょう。

※関連記事
【動画】雨の日は室内で愛犬と遊ぼう♪オススメ遊び方4選

ひとり遊びのバリエーションが多い犬

こうして愛犬の一人遊びのバリエーションがたくさんできれば、飽きないように日替わりで色々な遊びをしながらお留守番を楽しめるようになるです。

ただし、犬にお留守番中のおもちゃを与える場合には、壊してしまったり、誤飲してしまったりすることがいよう、安全には十分配慮してくださいね。

※関連記事
遊びの中に光る個性☆ひとり遊び上手なわんこたち!

②留守番前に散歩や遊びを堪能する!

愛犬にお留守番をお任せする前に、愛犬と遊んだり、お散歩したりする時間を作っていますか?ちょっと大変なことではありますが、留守番の前に飼い主さんと愛犬が一緒に遊びや散歩を楽しみ、愛犬が気持ちの上でも満足し、体もほどよく疲れた状態になってくれたら理想的。

すると、留守番の間、今度は落ち着いて一人遊びを楽しんだり、眠って時間を過ごしたりすることがしやすくなるはずです。

留守番前に散歩を楽しむ犬

運動したいのにできない、飼い主さんに甘えたいのに甘えられない、そんな欲求不満な状態の愛犬を自宅に残して飼い主さんだけが外出してしまうのは、犬にとって大変酷なこと。

ストレスを発散しようと吠え続けたり、有り余りエネルギーを持て余して何かを破壊しようとしたり…そんな困った行動をとってしまうかもしれません。ですから、愛犬にお留守番をお願いする前には、できる限り愛犬との時間をとって心も体も満たしてあげることで、「あー満足。あとはのんびり待っていよう」という状態にしておいたあげたいのです。

満足してのんびり留守番する犬

とはいっても、朝、お出かけ前の忙しい時間に遊ぶのはちょっとキツイ…と感じるかもしれません。でも、飼い主さんが外出してしまったあとの長い長い時間、愛犬は家の中でひとりぼっちで過ごすことになるのです。そんな愛犬のため、明日はちょっと早起きして、愛犬と遊ぶ時間を作ってあげましょう!

※関連記事
犬の留守番のストレスを減らすためにできる6つのこと

退屈知らずになれば、留守番がもっと安心に

ある程度お留守番ができる子でも、少し長めの時間となると、退屈しないかな…と不安になってしまいますよね。日ごろからお留守番に備えて、いろんな遊びをマスターしておき、留守番前には愛犬を満足させることを心がけておきましょう。もしも短時間のお留守番でも愛犬が不安やストレスを強く感じるようならば、「ちょっとゴミ捨て」程度のごくごく短時間から丁寧に練習を始める必要があるでしょう。時には動物病院などでアドバイスを受けるのも一つの手。少しずつお留守番を克服していきましょう。

※関連記事
目が届かないからこそ…留守番中の愛犬の熱中症対策。5つの注意点

関連記事