【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬とのお出かけ。基本の持ち物リスト【獣医師監修】

 

犬とのお出かけの持ち物をきちんと準備できている

犬とのおでかけを楽しむために必要な持ち物をリストアップしました。もちろん行先によっては必要な持ち物は変わってきますが、基本的な持ち物を挙げていますので、参考にしてみてくださいね。

犬とのお出かけ、基本の持ち物リスト

  • 首輪やハーネス、リード 
  • 鑑札、名札 ※必ず首輪に装着
  • ワクチン証明書
  • トイレセット
  • マナーパンツ、マナーベルト
  • キャリーバッグ
  • 水と水飲み用の食器
  • 食べ慣れているドッグフードと食器
  • おやつ
  • フードポーチ
  • おもちゃ
  • タオル
  • ウェットティッシュ 、ティッシュペーパー
  • ゴミ袋
  • タオル 
  • 洋服

なんだか大荷物…と感じるかもしれませんが、どれも大切な持ち物ばかり。愛犬とのお出かけ前にしっかり準備しておきましょう。

過信は禁物。飼い主の明示はマスト!

飼い主を明示した迷子札と狂犬病予防注射済票、鑑札は必ず首輪に装着してください。これは、愛犬を守るためでもあり、法律に定められた飼い主さんの義務でもあります。「うちの子は離れてどこかに行くことはないから…」などという過信は禁物です。

※関連記事
知ってた?入れるだけでは意味がない愛犬の「マイクロチップ」【獣医師監修】

ワクチン証明書は最新のものを持ち物へ

ドッグランやドッグカフェでは、ワクチン証明書の提示が必要になることもあります。利用したい施設の規約を確認し、最新のものを持参しましょう。

※関連記事
ドッグランに行くなら必携!【犬のワクチン証明書】なぜ必要?なくした時は?

適切なリード選びを。用途にあわせて複数持ち物に入れるのもあり

適切なリードを選んで持ち物に入れている犬

お出かけに必須の持ち物であるリード。選び方も大切です。場合によっては、お出かけ先で使い分けられるように何タイプか持ち物に入れておきましょう。

たとえば、人の多いところに行くのであれば、ロングリードや伸縮タイプのリードは適切ではありません。スタンダードなタイプのリードを使用してください。ロングリードや伸縮リードは、人の少ない大きな公園などで遊ばせるときにつけかえるようにしましょう。ただ、ロングリードはしつけとリードの扱いに慣れるまでは難易度が高いと考えてください。また、ロングリードが使用できない施設もありますし、たくさんの犬が遊んでいる状況ではロングリードは適切ではありません。状況に応じて安全に使用してください。

※関連記事
安全のために知っておくべき!子犬のリードの選び方【サイズ別・目的別に解説】

水道からの直のみNG!必ず水入れを持参しよう

犬とのおでかけで大事な持ち物である水入れ

水入れやウォーターボトルは、どんなお出かけでも必須の持ち物です。公園などで水道から出てくる水を犬に直接飲ませるのはマナー違反。必ず愛犬用の水入れから水を飲ませるようにしてください。

※関連記事
ついやってない?犬との散歩、NGマナー6つ!

水は常に余裕をもって持ち物の中に入れておこう

必要なときに好きなだけ水を飲ませられるように、水は余裕をもって持ち物にいれておくことをおすすめします。重さもあるので、使うたびに出先で購入して補充していくのもいいでしょう。

予備の水は、拭いても落ちない汚れを落とすのに役立つかもれしれません。さらに夏場には、犬や飼い主さんが熱中症にかかった時の応急処置として体を冷やすのにも使います。「水は多め」を心がけておいてくださいね。

※関連記事
「犬がハアハアしてる」よくある4つの理由と異常の見分け方【獣医師監修】

お出かけ慣れしていない子犬の場合は特に「おやつ」が大活躍

子犬とのおでかけで特に大事な持ち物であるおやつ

おでかけにまだ不安がある子犬の場合は、お気に入りのおやつはぜひとも持っていきたいところです。こまめに何回も与えるため、大きさのあるおやつの場合はあらかじめ指先くらいのサイズに小さく切って準備しておきましょう。もちろん、普段食べているフードが大好物ならそれでも大丈夫。

愛犬が見知らぬ音やにおい、乗り物などに緊張ぎみな時は、意識しておやつを食べさせてあげてください。「怖くないよ」と声掛けしてあげるのも大事なポイントです。これを繰り返していくことで、だんだんと慣れてきて、少々のことでは動じずに楽しめるようになっていくはずですよ。

※関連記事
散歩で犬がリードを引っ張る癖の直し方【獣医師監修】

フードポーチに細かくしたおやつをスタンバイさせておく

おでかけ先でのご褒美や気分転換におやつは大活躍します。おやつを探してガサゴソして犬を待たせないため、持っておきたいのがフードポーチ。トリーツポーチと呼ばれることもあります。

腰にぶらさげるタイプのポーチの中に、指先ほどの小さなおやつをたくさんスタンバイさせておくことで、必要なときにチョコチョコ何度もおやつをあげることができますよ。

※関連記事
フードポーチって何?犬との暮らしが楽しくなる便利グッズ!【獣医師監修】

洋服は季節や天候、お出かけ先の環境にあわせて持ち物へ

ドッグカフェを利用するのなら冷房よけや抜け毛の飛散防止として、雨が降りそうならばレインコートを、といったように、その日の状況や犬の体質、おでかけの目的に合わせた洋服を持参しておくと役立つことが多々ありますよ。

※関連記事
犬に服を着せる時の注意点【獣医師監修】

タオルやティッシュなどの衛生用品は多めが基本

タオルは足を洗ったり、急な雨が降ったりした時に愛犬を拭いたりするために、何かと出番の多いもの。また、ティッシュやウェットティッシュ、それらを捨てるためのビニール袋などはぜひ多めに用意しておきましょう。何か所かにわけて入れておくと、必要なときにも取り出しやすいでしょう。

おもちゃは何タイプか持ち物に入れておこう

愛犬用のおもちゃは、一緒に遊べるもの以外にも、一人遊びができるものを持っていくことをおすすめします。車であっても電車であっても、移動をする時にはクレートの中で静かに過ごす必要があります。知育玩具やかじって遊ぶおもちゃのように一人で集中して遊べるおもちゃがあれば、移動中に役立ちます。

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

※関連記事
【子犬用もあります!】コングは子犬との遊びやしつけに大活躍の知育玩具。その活用術7選!

行先に合わせてしっかり持ち物をチェック

犬とのおでかけは持ち物が多いもの。今回の記事を参考にしつつ、行先や状況にあわせてしっかりと持ち物を準備しておきましょう。マナーを守って、安全にお出かけを楽みましょう♪

※関連記事
ノミダニの予防はいつまで続けるの?効果的な方法は?【獣医師監修】

関連記事