【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬がメガネを噛む時に必要な対応【獣医師監修】

   2021/02/04

メガネを噛む犬

犬がメガネを噛むことは、飼い主が困るだけでなく、壊れたメガネから出た鋭い部品や細かい部品がケガや誤飲につながることもあり、大変危険です。今回は、犬がメガネを噛むときにとるべき対応についてご紹介します。

噛んでいるメガネとオヤツを交換する

犬がメガネを噛むのを見つけたら、まずは犬がメガネを自ら離すように導いてあげる必要があります。おおげさな反応や犬を怖がらせるような反応は不要です。あくまでも、自然にさりげない調子で対応しましょう。

①「ちょうだい」でメガネから口を離した時にメガネを片付ける

噛んでいたメガネから口を離した犬

あらかじめ「ちょうだい」をしっかりと練習できている犬であれば、「ちょうだい」の合図で、自ら噛んでいるメガネを離してもらいます。

ところが、噛んでいるメガネが犬にとって魅力的であればあるほど、メガネを口から離すのは難しくなってしまいます。そんな場合や、まだ「ちょうだい」をマスターしていない犬の場合は、「ちょうだい」の練習と同様に、「ちょうだい」と言いながら大好物のフードやおやつを口元に近づけてください。犬が口をあけたら、そのままおやつやフードを与え、夢中になっている隙に素早くメガネを片づけてください。

※関連記事
犬の「ちょうだい」の教え方。コツは練習用のおもちゃ選び【獣医師監修】

②離れたところから、楽しげな声を聞かせてメガネから気をそらす

「ちょうだい」がうまくいかない場合や、「渡さないぞ!」とメガネを守って犬がうなる場合は、少し離れたところから楽しげな声を聞かせるなどして、犬の興味がメガネからそれるようにしてみてください。

犬が飼い主さんのところに来たら、メガネからできるだけ離れた場所で好物の食べ物を与えておき、その間にメガネを回収します。メガネを噛んでいた部屋とは別の部屋に誘導するなどして、メガネを回収していることに気づかせないようにできるといいですね。

メガネを噛む犬にしてはいけない2つのこと

メガネを噛む犬を見たときに、おおげさな反応を見せたり、無理やり取り返そうとしたりするのはNGです。飼い主がムキになればなるほど、「取られたくない!」という犬の気持ちは強くなります。犬は手に入れた宝物を丸のみしようとたり、攻撃的になったりするおそれがあり、大変危険です。

①大きな声を出して近づいたり、追い掛け回したりする

メガネを噛む犬を見つけたときに、あわてて「だめー!」「待ってー!」と愛犬を追いかけまわすことはしないでください。

おそらく、まずは駆け寄ってきた飼い主を見て、犬は「遊んでもらえる!」と思い、楽しくなって逃げ回ることになるでしょう。もしくは、飼い主があわてて追いかけてきたのを見て、「宝物を奪われるのはいや!」とばかりに、噛んでいたメガネをさらに力いっぱい噛んだり、丸のみしようとしたりするかもしれません。

そして、追い詰められた犬は、「絶対とられたくない!」と守ろうとするあまりに、飼い主に噛みつくかもしれません。

②犬を叱りつけてメガネを無理やり奪い返す

犬を叱りつけて、無理やり噛んでいるメガネを奪い返すこともしてはいけません。理由はいくつもあります。

そもそも、犬がメガネを噛んだのは犬の届く場所にメガネがあったから。届く場所にあったメガネを噛む犬を叱りつけることは、フェアではありません。体罰などもってのほかです。

また、無理やりメガネを取り返そうとすると、「とられたくない!」と思った犬が、あわててメガネやその部品を飲み込もうとする可能性があります。また、「もっとしっかりくわえなきゃ」とくわえなおそうとした拍子に飼い主の手を一緒に噛むおそれもあります。

さらに危険なことには、「奪われたくない!」と思った犬が、飼い主を威嚇したり、攻撃して激しく噛みつくようになることもあるのです。「『とられたくない!』の気持ちから飼い主に噛みつく」、という行動がきっかけで「噛みつく」「うなる」といった攻撃行動がエスカレートしていくケースがあります。すでに攻撃行動が激しく、愛犬のことを怖いと感じたり、怪我をする危険があったりする場合は、無理はせずに動物病院に相談することをおすすめします。

※関連記事
犬に絶対してはいけない危険な叱り方4つ【獣医師監修】

※関連記事
愛犬が「アルファシンドローム(権勢症候群)かも」と思ったら【獣医師監修】

メガネを回収したら、飲み込んだものがないかチェック

犬が噛んで壊れたメガネ

犬が噛んでいたメガネを回収できたら、まずは犬が飲み込んでしまった部品がないかの確認を。すでに誤食したものがあるならば動物病院への相談が必要です。食べたものが何であったとしても、すでに飲み込んでいる場合には、家庭でできる治療法はありません。

万一、犬の様子がいつもと違うと感じたら、躊躇せずに動物病院へ。残骸があるなら、それも持参してください。家で嘔吐した場合には、吐いたものももって受診することをおすすめします。

メガネを噛む経験を繰り返させないで

メガネは、飼い主にとって「食べてはいけないもの」であっても、犬にとっては自分で手に入れた宝物。「メガネを噛むことが楽しかった」という経験が繰り返されているうちは、いくら言って聞かせてもメガネを噛む癖はなおりません。犬の届くところにメガネを置かないことを徹底したうえで、遊びや運動でストレス発散し、存分に噛めるおもちゃを与えて噛みたい気持ちを満たしましょう。メガネを噛むような状況を意識して避け続けることが、何よりの対策となります。

※関連記事
子犬の甘噛みのしつけ、どうするのが正解?【獣医師監修】

※関連記事
犬の粗相を叱ってはいけない4つの理由【獣医師監修】

※関連記事
犬が食事中に唸る時の対処法【獣医師監修】

関連記事