【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

【2022年6月義務化】犬のマイクロチップ義務化になった時するべき事

 

マイクロチップを装着している犬

2021年4月8日 、マイクロチップを犬や猫に装着することを義務づけることを定めた「改正動物愛護法」が公布されました。犬の身分証明書ともいえるマイクロチップ。今回は、万一の時に愛犬と飼い主をつなぐ絆となる「マイクロチップ」についてまとめました。

「マイクロチップ義務化」で飼い主がするべきこと

新たに子犬をお迎えした人には、登録情報の変更義務がある

犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録を義務付ける(義務対象者以外には努力義務を課す)

登録を受けた犬猫を所有した者に変更届出を義務付ける

動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律の概要 より

令和4年(2022年)6月1日 以降に子犬をお迎えした飼い主に義務付けられていることは、「所有者(飼い主)に関する登録情報を変更するための届出」です。

2021年4月に公布された「改正動物愛護法」では、マイクロチップ「装着・登録」義務の対象は犬や猫の販売業者。販売業者の元にいる犬や猫にはマイクロチップを装着し、所有者情報登録しておくことが義務付けられるようになります。

この「装着・登録」義務化により、令和4年(2022年)6月1日 以降に購入する犬には、すでにマイクロチップが装着され、お迎え前の所有者の情報が登録されているはず。ですから、マイクロチップに登録されている所有者についての情報を、飼い主自身の情報へと変更する手続きをとらなくてはなりません。

※関連記事
犬のブリーダーの選び方、5つのポイント

すでに家族となっている犬の飼い主に対しては「努力義務」

犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録を義務付ける(義務対象者以外には努力義務を課す)

動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律の概要 よりhttps://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/laws/nt_r010619_39_1.pdf

今回のマイクロチップ「装着」義務の対象となるのは、販売業者であり、一般の飼い主ではありません。

しかし、ここには「義務対象者以外には努力義務を課す」 と明記されています。ですから、まだ愛犬にマイクロチップの装着や登録を行っていないなら、これを機にマイクロチップの装着をしておきましょう。

最近お迎えした子犬でマイクロチップの装着がまだなのであれば、避妊去勢手術のタイミングでの装着をかかりつけの動物病院で相談しておくのもひとつです。

犬に装着するマイクロチップってどんなもの?

マイクロチップは直径約2mm、長さ約12mmほどの大きさの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具。このマイクロチップには、15桁の番号が記録されていて、その番号が愛犬独自の「個体識別番号」になります。

マイクロチップにかきこまれている個体識別番号は世界でひとつの愛犬だけの番号。動物病院や自治体、動物愛護センターなどにある専用のリーダーで読みとれます。読み取ったマイクロチップの識別番号を登録データベースで調べることで、登録されている所有者情報がわかる仕組みになっています。

マイクロチップ、どうやって犬に装着するの?

マイクロチップ装着のために病院に来た犬

マイクロチップは、犬の首の後ろあたりの皮膚の下に埋め込みます。これは獣医療行為です。そのため、獣医師が犬にマイクロチップを装着する必要があります。

マイクロチップは、通常の注射針より少し太い、専用の注射器を使って埋め込みます。多少の痛みを伴うので、局所麻酔を用いたり、避妊手術や去勢手術で全身麻酔をかけている間に装着したりするケースもあります。かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

※関連記事
犬の去勢は必要なの?【獣医師監修】

「登録手続き」「情報変更手続き」をお忘れなく

マイクロチップに書き込まれているのは「個体識別番号」のみ。 マイクロチップの装着後には「登録手続き」が必要です。2021年現在、ネットでの申請もしくは郵送での申請から選択できます。

申請には、マイクロチップの装着をした獣医師が必要事項を記入した「登録申込用紙」と登録料1050円(2021年4月9日現在)が必要です。

一方、すでにマイクロチップが装着されている犬をお迎えした場合には、登録情報の変更を行ってください。

なぜ犬にマイクロチップが必要なの?

犬の飼い主であることを証明できるから

犬が迷子になって保護された時、迷子中の交通事故で動物病院へ搬送された時など、犬が飼い主と離れ離れになってしまった際に、飼い主を証明できるのがマイクロチップです。

犬が保護された時、マイクロチップが装着してあれば、飼い主のもとへ戻れる可能性はぐっと高くなります。

災害時や万一の時の身元確認としても有用だから

これまでの大きな災害時、脱走した犬がマイクロチップのおかげで飼い主さんのもとに戻れたという「実績」がたくさんあります。

災害や事故で犬が行方不明になることは十分に起こりえます。大きな地震や雷のあとは、パニックになった犬が家から逃げてしまうというケースが多発します。そういった万一へ備えとして、マイクロチップは有用です。

※関連記事
本当に必要な犬の防災グッズまとめ。いつものリードは使えない…?!

首輪につける名札や鑑札だけでは不十分だから

マイクロチップは一度装着すれば外れてしまう心配はほとんどありません。雨で濡れたり汚れたりして読めなくなる心配もありません。

もちろん、首輪に鑑札をつけ、名札に飼い主さんの名前や連絡先を書いておくという方法もあります。ところが、こういった「迷子札」だけでは、不十分と言わざるを得ません。雨で名札に書いた情報が消えたり、迷子になっているうちに犬がやせて首輪が外れたり…といったことが考えられるからです。

首輪に装着する迷子札や鑑札だけでなく、マイクロチップも装着しておくことで何重もの対策をしておくことをおすすめします。

万一のため、マイクロチップを装着しておきましょう

大切な家族の一員である愛犬の身分証明となるマイクロチップ。迷子や事故だけでなく、災害への備えとしても非常に大切です。愛犬には、マイクロチップの装着をしておきおましょう。

※関連記事
今日から「具体的に」考えて行動を。愛犬のための災害対策5つ

関連記事