【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

【梅雨】雨の日も犬の散歩は必要なの?注意することは?【獣医師監修】

 

犬の散歩に行くか迷う雨の日

愛犬との雨の日の散歩、どうしてますか?できれば毎日散歩するにこしたことはないのはわかってるけど…、「正直、メンドクサイ…」なんて日もありますよね。今回は、犬の飼い主なら誰もが一度は悩むであろう雨の日の散歩についてまとめました。

雨の日も犬の散歩は必要なの?

雨の中でも、絶対に散歩が必要かというと、答えは「しつけと対策ができていれば、行かなくても大丈夫」。たまにいかない日があったって、すぐに何か大きな問題が起こるというわけではないでしょう。

特に、「濡れるのが苦手」「まだ小さい子犬で濡れることで体温が下がる」などといった場合には、雨の日に無理をしてまで散歩に連れ出す必要はありません。

ただし、雨の日のお散歩を回避するのであれば、室内でトイレができるようにしておくことが必須。「トイレがお散歩のときしかできない…」といった場合には、散歩に行かないことで具合が悪くなるおそれがありますので、短時間でも必ず外に連れ出してあげましょう。

雨で散歩に行かないなら、室内でしっかりストレス発散を!

雨で外で遊べないので室内で遊ぶ犬

雨で散歩に行けないときには、室内でたくさん遊んであげるなど、犬のストレス対策は必ず行いましょう。思う存分室内遊びを楽しんだあと、愛犬と飼い主さんのまったりタイムを満喫するのも素敵な過ごし方ですよ。とはいっても、雨が続いて外に出ない日が何日も続いてしまうことは、犬にとって大きなストレスとなるかもしれません。「散歩に行きたい!外に出たい!」と吠え続けてしまう…なんてことも考えられます。

特に体を動かすのが大好きな愛犬の場合は、雨で散歩に行けない日が続くのであれば、折を見て室内ドッグランを利用してみるなど、積極的にストレスを発散してあげることをおすすめします。

※関連記事
【動画】雨の日は室内で愛犬と遊ぼう♪オススメ遊び方4選

※関連記事
犬が喜ぶおもちゃの遊び方!遊び上手な飼い主はココが違う!

とはいえ、犬は雨でも散歩に行きたいかも…

雨の日の散歩を楽しむ犬

無理をしてまで雨の日の散歩をする必要はない、とお伝えしましたが、実は雨の中の散歩が好きな犬は多いものです。雨の日は雨の日らしい「におい」もしますし、濡れたり、水が跳ねる音がしたり…と、いつもの散歩では味わえない刺激もたくさん。

ですから、やっぱりできれば、散歩に行ってあげたほうがよいでしょう。もっというと、愛犬の心と体の健康のためにも、土砂降りや嵐などで安全が確保できない場合を除いて、体調に問題がないのであれば、雨であっても愛犬の散歩はしてあげたほうがよいのです。

「めんどくさいな…」と思う気持ちもあるかと思いますが、愛犬のため、ぜひ少し頑張ってみましょう。雨を楽しむ愛犬の思わぬかわいい姿が見られれるかもしれませんよ。

雨の日の犬との散歩の楽しみ方

愛犬との散歩が楽しい雨の道

雨の日は、いつもと違ったにおいがしますよね。犬は「匂いかぎ」を楽しむ動物。雨の日のにおいを存分に楽しむことは、犬にとって、とても刺激的な経験になるでしょう。

土のにおい、草のにおい、あっちいったりこっちいったり、 クンクンクンクン、ずーっと鼻をならして歩いてるかもしれません。いつもの散歩コースでも愛犬にとってはちょっとした探検気分。

そんな感じで雨の散歩を楽しんでいると、だんだん濡れてくるのはもちろん、泥でお腹や足回りがドロドロ…と、思った以上に汚れてしまうかもしれません。飼い主としては、その後のケアのことを考えて「あーあ…」と思ってしまうかもしれません。

でも、楽しそうな愛犬の姿を見ていれば、「まあいいか。」と思えるのでは。ポジティブに考えて、いつもと違う散歩を、愛犬と共に楽しむことにしてくださいね。

雨の散歩には…愛犬用のレインコートや靴で対策

かわいいレインコートを着て雨の日の散歩に出る犬

雨の日のお散歩のあとのお手入れを少しでも楽にするには、犬用のレインコートや靴などを活用するのがおすすめです。

可愛い雨用グッズを身に付けて散歩をすれば、見ている飼い主さんもお散歩が楽しくなるかもしれませんよ。

※関連記事
犬に服って必要なの?着せる意味はあるの?【獣医師監修】

※関連記事
夏の散歩にも!犬の靴が役立つ場面と慣らすコツ・注意点のまとめ!

雨の日の犬との散歩の注意点

ケガや事故に気を付けて

ケガに気を付けて雨の日の散歩をする犬

雨に濡れた道を歩くことで、足の裏が水でふやけて、肉球をケガしやすくなってしまうことがあります。また、水たまりの水をたくさん飲んでしまうと、体調を崩してしまう可能性もあるため、十分注意しなくてはなりません。

また、雨の日は、道の状態や視界が悪いため、事故にも気を付けましょう。首輪やハーネスなどに装着するキーホルダータイプの小型のLEDライトなどを活用するとよいですね。

※関連記事
子犬との散歩に必須のグッズ5選とチェックポイント

飼い主も傘ではなくレインコート着用で

雨の日の犬との散歩に必要な飼い主のレインコート

雨の日に愛犬と散歩をするとき、飼い主が傘をさすのはおすすめできません。

片手が塞がれてしまい、何かあったときにすぐ対応できない可能性があるからです。 雨の日の愛犬との散歩には、レインコートを着ることをおすすめします。レインコートなら、犬を抱っこする必要が出たときに、洋服が汚れることもないので安心ですよ。

濡れすぎ注意。雨の中の長時間の散歩は控えよう

犬用のレインコートを着せてあげることで、雨に濡れて体が冷えるのをある程度防いではくれます。 ただ、それでもやはり雨の日は、体が濡れることで犬の体温が低下してしまう恐れがあります。

冷えや怪我を防ぐため、あまりに長時間の散歩は控えるようにしましょう。子犬やシニア犬、小型の犬種は特に体温が下がりやすいので注意をしてください。

※関連記事
寒い日も犬と散歩をしたほうがいい?気を付けることは?【獣医師監修】

雨の日の散歩の後の愛犬のケア

雨の日の散歩のあとにきれいにしてもらった犬

風邪や病気を引き起こさないため、帰宅したらきちんと汚れを落とし、しっかり乾かしてあげましょう。汚れが少ないようならば、濡れたタオルで足とお腹をよく拭き、乾いたタオルで水分をある程度拭き取ってあげてから、ドライヤーで乾かしましょう。

汚れがひどい場合は足元やお腹だけの部分シャワーがおすすめ。ぬるま湯でよく洗ってから、シャンプーで汚れを優しく落とし、しっかりと洗い流します。その後はタオルで水分を拭き取り、ドライヤーで乾かしてあげましょう。

日ごろから、自宅でのシャンプーや愛犬の体の部分洗いができるようになっておくよう練習しておけば、雨の日のお手入れのハードルもぐっと下がるはずですよ。

※関連記事
【嫌がる理由別】犬のブラッシング克服法

※関連記事
犬のシャンプーの頻度と自宅でシャンプーする時の注意【獣医師監修】

雨の日の散歩、愛犬のペースで楽しもう

いつもと違った景色や音、においに興味津々、雨で濡れたり泥だらけになったりしても関係なく、雨の日のお散歩を楽しんでいる愛犬の姿は微笑ましいもの。ぜひ、雨の日のお散歩を楽しんでみてください。ぱぱっと済ませて帰りたい気持ちをぐっと抑えて、愛犬の探検に付き合ってあげてくださいね。ただし、危険を感じるほどの大雨の時は無理は禁物。また、雨を怖がったり、雨の中の散歩を嫌がったりすならば、無理をさせる必要はありません。家の中で思いきり遊んであげましょう。いつ雨が降っても困らないように、愛犬と飼い主さんにとって、一番ハッピーな方法を見つけておきましょうね。

※関連記事
雨あがりに愛犬と散歩。注意するべき3つのポイント【獣医師監修】

関連記事