【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の不妊手術。知っておきたい基礎知識と実際の流れ【獣医師監修】

   2019/12/09

子犬と暮らし始めたらまず考えたい大切なことの一つに、不妊手術があります。不妊手術を受ける、受けないに関しては飼い主によって様々な意見があるかと思いますが、どちらにしても飼い主が責任を持って決断しなくてはなりません。そのためにも、まずは不妊手術がどういったものなのかきちんと理解をしておきましょう。今回は、 メリット・デメリットに加え、実際の不妊手術の流れをご紹介します。愛犬の将来のために、じっくり検討して、納得できる方法を選んでくださいね。

犬の不妊手術とは

犬の不妊手術とは、生殖を不能にするため、つまり子孫を残すことができないようにするための手術のこと。避妊手術や去勢手術とも呼ばれます。
犬の場合、オスなら睾丸を、 メスでは卵巣や子宮を 摘出する方法がとられます。

「犬と暮らし始めたら、避妊手術や去勢手術について考えましょう」と言われるのを聞いたことのある方は多いでしょう。とはいっても、実際に不妊手術をすることによってどうなるのか、イメージするのは難しいかもしれません。まずは、不妊手術を行うことによるメリットとデメリットから知っておきましょう。

不妊手術を考える時期の子犬

不妊手術を行うメリット

望まない妊娠を防ぐ

不妊手術を行うことで、望まない妊娠を防ぐことができます。これは、「子犬を家族に迎えたら不妊手術について考えなくてはならない」といわれるもっとも大きな理由のひとつです。

「十分気を付けるから大丈夫」などと思っていても、ドッグランや散歩中などで出会ったオスとメスが、気づかぬうちに交配をしてしまうケースもあります。
犬を家族に迎えたら、愛犬の繁殖のことまで責任をもって考えなくてはなりません。安易な気持ちでの繁殖はもってのほかですが、繁殖を望んでいる場合はもちろん繁殖を検討している方も、不妊手術について必ず一度は検討しましょう。

不妊手術をしていないと望まない妊娠の可能性があるドッグラン

生殖器系の病気の予防につながる

不妊手術によって、生殖器系の病気を予防することにもつながります。

まず、オスの場合は、精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲腺腫といった病気を予防することができます。

一方、メスの場合は、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、子宮内膜炎、卵巣腫瘍などを予防することにつながります。ただし、乳腺腫瘍の予防効果については、避妊手術を行う時期も関係しているとされています。

不妊手術をすることで、生殖器系の病気を予防できた犬

発情に伴うストレスの抑制

オスは、時に性ホルモンにより攻撃的になることがあるとされています。また、近所に発情期の雌犬がいた場合には、激しく遠吠えを繰り返したり、脱走したりといったことも…。去勢手術を行うタイミングや個体差はありますが、生殖能力が残っているにも関わらず、交配ができないことによって生じるストレスや困った行動は、去勢を行うことで解消されます。また、マーキング癖の解消に役立つこともあるようです。

メス犬にとっても、年に1〜2回ある発情期の性的欲求によるストレスがなくなり、精神的に安定するケースがあります。
また、発情期の倦怠感や陰部の腫れによる違和感、出血から解放されるのも大きなメリットと言えるでしょう 。この点については、ケアが楽になるという飼い主にとってもメリットでもありますね。

不妊手術を受けておらず発情期が来た子犬

不妊手術を行うデメリット

後から繁殖をさせたくなっても不可能

不妊手術を行えば、当然子供を作ることができなくなります。後からやっぱり繁殖をさせたいと思っても戻ることはできません。繁殖させる可能性があるかどうか、手術を受けさせる前にじっくりと検討する必要があります。

肥満になりやすくなることも

不妊手術をすると、太りやすくなってしまうことがあります。これは、手術をすることで性ホルモンが分泌されなくなり、基礎代謝が低下するためだといわれています。

全身麻酔が不可欠

犬の不妊手術には、必ず全身麻酔が用いられます。
全身麻酔を行うことで、まれに麻酔による体への影響が出てしまうことも。具体的には、肝臓や腎臓に大きな負担がかかってしまったり、麻酔をかけること自体が生命を脅かす可能性もあります。
しかし、近年では、安全性の高い麻酔も多くなってきています。きちんと術前検査を受け、信頼できる獣医師の元で不妊手術を行うことがとても大切です。

犬の不妊手術はどうやるの?

不妊手術を受ける犬

不妊手術は、オスメスともに全身麻酔をかけて行われます。どんなに短時間で終わる手術であっても、麻酔や手術による事故の可能性はゼロとは言い切れません。信頼できる獣医師のもとで術前検査をきちんと受け、手術可能かどうか判断してもらいましょう。

オスの去勢手術の方法

オスの去勢手術では、通常は開腹は行わず、陰嚢内より睾丸を摘出します。犬のサイズなどにもよりますが、手術そのものは十~数十分と、メス犬と比較するとずっと短い時間で済みます。しかし、去勢手術でも全身麻酔は行うため、麻酔導入や覚醒に一定の時間が必要です。半日入院や一日入院で帰宅できることが多いでしょう。

メスの避妊手術の方法

メスの避妊手術では、開腹を行い、卵巣と子宮の両方を摘出するのが一般的です。犬のサイズなどにもよりますが、手術そのものにかかる時間は数十分~1時間前後であることが多いでしょう。さらに麻酔の導入や覚醒に一定の時間が必要となります。その後、一泊二日の入院で帰宅というスケジュールとなることがよくあります。

最近では腹腔鏡手術を行うところも増えてきています。傷が小さくて済み、犬の身体への負担や痛みは大幅に減るとされていますが、開腹手術と比較して費用は高くなることが多いでしょう。

不妊手術はいつ受けるのがベスト?

不妊手術を考える時期の子犬

不妊手術の効果を最大限活かすには、性成熟を迎える前の生後6ヶ月頃までがベストです。

特にメスの場合、早期に不妊手術を受けることで乳腺腫瘍の発生率を下げることができるとされており、手術をするなら早めがおすすめです。
ただし、生後120日にも満たない子犬のように、あまりに早い時期だと、まだ内臓の機能が未成熟であるなどの理由で、麻酔のリスクが高まります。そのため、あまりにも早い時期に行うことはおすすめできません。

子犬を迎えたあと、ワクチン接種で何度か病院を受診することになると思います。その際に獣医師に相談しておきましょう。

成犬になってからではダメ?

高齢になればなるほど手術や麻酔のリスクは高まります。そのため、若くて健康なうちに受けさせるにこしたことはありません。ですが、高齢であっても、不妊手術が全くできないわけではありません。

将来的に繁殖を考えていたり、繁殖するかどうか迷っていたりといった場合には、「繁殖させない」と決意したタイミングで行っても良いでしょう。

繁殖を考えている場合であっても、将来的に不妊手術を行うかどうか、行うならどのタイミングで行うか、については 、子犬のうちに 必ず一度検討しておくことが大切です。

犬の不妊手術の実際の流れ

不妊手術を受ける前の子犬

前日まで:予約

不妊手術を受けさせると決めたら、まずは必ず動物病院で予約を取りましょう。

予定が先々まで埋まっている可能性もあります。獣医師に早めに相談しておくと良いでしょう。

前日夕方~夕食以降:絶食

不妊手術は前日の夕食以降の絶食を指示されることがほとんど。場合によっては、麻酔をかける時間から逆算して、何時以降は絶食、などと指示があることもあります。
うっかり食べさせてしまったなんてことがないように気をつけましょう。

当日:術前検査

不妊手術の前の検査をうける犬

当日は必ず予約時間までに病院に到着するようにしてください。

診察室では、問診、一般的な身体検査や血液検査、場合によってレントゲン検査などを行い、その日、不妊手術ができる状態かどうかを確認します。血液検査やレントゲン検査は、事前に済ませているケースもあります。

当日:手術

手術の間は、待合室で待つか、自宅で待機をするかを選択できるケースが多いです。緊急で連絡が必要となるケースもありますので、病院を離れる場合には、必ずいつでも連絡がとれる状態にしておいてください。

当日(~翌日):入院

術後の回復がスムーズであれば、オスは当日中に帰宅できることが多いです。
メスの場合は一泊二日し、合併症などが起きていないことを確認したうえで帰宅することができます。

退院の際、自宅での過ごし方や処方される薬についての説明があります。化膿止めの抗生物質が処方された場合は、用法をきちんと聞き、正しく与えるようにします。また、次の受診日についても確認しておきましょう。

傷を気にする様子があるようならば、エリザベスカラーの購入や貸し出しについても相談しましょう。

不妊手術後エリザベスカラーで過ごす犬

数日~1週間後:抜糸

1週間ほどで、経過のチェックと抜糸のための受診が必要です。

手術をして終わりではありませんので、忘れず受診するようにしましょう。この時、シャンプーを再開するタイミングを確認しておくと良いでしょう。

術後にトラブルが発生したら、すぐに病院に連絡を!

術後、あまりに元気がない場合はすぐに動物病院に連絡してください。他にも、傷口のガーゼを食べてしまった、傷口をずっと気にしている、といった場合にも、できるだけ早く病院に連絡を。そのほか、傷口に腫れや出血がある、縫った糸を外してしまった、といった場合にも、すぐに動物病院に連絡します。

大きな手術の後ですから、このような問題が起きることもあります。術後しばらくは注意深く様子を見るようにしましょう。

不妊手術。きちんと知って、しっかり検討を。

不妊手術は、望まない妊娠を防ぎ、 ペットの健康を守る ための大切な手術です。繁殖をさせないと決めている場合はもちろん、繁殖をさせる予定がある場合も、迷っている場合も、子犬を迎えた段階で、必ず一度は家族できちんと話し合っておきましょう。愛犬にとっても、家族にとっても大きな決断のひとつとなりますので、かかりつけの動物病院でも相談をしながら、納得できる選択をしてくださいね。

関連記事