【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

部屋中毛だらけはイヤ!犬の抜け毛対策&掃除テクニック!

   2019/12/09

犬は、私たちに幸せを与えてくれる大切な家族の一員。しかし、そんな愛犬がもたらす大きな悩みがあります。それは「抜け毛」です。犬の抜け毛は、室内で犬を飼っている人にとって悩みの種のひとつ。いくら掃除しても気がつけばすぐ毛だらけになってしまい、困っている人も多いのではないでしょうか。愛犬の抜け毛問題は犬と暮らす以上付き合っていかなくてはならないこと。でも、できるだけ室内に抜け毛を残さず快適に暮らしたいですよね。そこで今回は、犬の抜け毛に効果的な対策や掃除テクニックをご紹介します!

犬の抜け毛対策が必要な時期とは?

犬は、一年中同じ量の毛が抜けるわけではありません。犬には通常の被毛の生え変わりとは別に、年に2回、春と秋に毛が多く抜ける時期があり、これを「換毛期」と言います。この換毛期は、抜け毛がとても多く、抜け毛対策に関するお悩みがとても多くなる時期でもあります。

換毛期は、毛がオーバーコートとアンダーコートの二重構造になっている、ダブルコートの犬にあるもの。抜け毛の多さは短毛や長毛といった毛の長さは関係ありません。
冬の寒さに耐えるための冬毛が春になると抜け、密度の低い粗めの毛になり夏の暑さに備えます。そして、秋になって気温が下がってくると、再び寒さに備えて密度の高いふわふわとした冬毛に生え変わるのです。換毛期には、アンダーコートがごそっと生え変わるため、抜け毛の量はとても多くなります。この時期は、ダブルコートの犬種のわんちゃんと暮らす飼い主さんにとって抜け毛対策の頑張りどころといえるでしょう。
ただ、最近では室内で暮らす犬が増えている影響もあり、はっきりした換毛期がない犬も多くいます。年中抜け毛対策が必要…とお悩みの方が増えているのもこういったことが影響していると考えられます。

抜け毛対策が必要な犬

ダブルコートの犬種は、ミニチュアダックスフンド、ラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、ポメラニアン、ロングコートチワワ、ウエルッシュコーギーなど、寒い地域が原産の犬です。日本犬である秋田犬や柴犬もダブルコートの犬種です。やはりこれらはいずれも抜け毛でのお悩みが多い犬種。
一方で、ヨークシャーテリアやプードル、マルチーズ、パピヨン、シーズーなど、アンダーコートが生えない犬はシングルコートと呼ばれ、換毛期が存在しません。しかし、人間と同じように通常の毛の生え変わりはありますので、ダブルコートほどではなくても、日々のお手入れは年間を通して必要になります。

犬の抜け毛対策①こまめなブラッシング

抜け毛対策の最も効果的な方法はブラッシングです。犬の毛は、抜けると犬の身体にくっつき、その後飛び散ります。あちこち飛び散る前にこまめなブラッシングで抜け毛を取り除いておくことが大切なのです。

普段どれくらいの頻度でブラッシングをしていますか?たまにしかブラッシングをしないという人は、毎日の日課にするだけでグッとお部屋の掃除が楽になるかもしれませんよ。

抜け毛対策のブラッシングでとれた犬の被毛

抜け毛対策としてのブラッシングの方法は、ただブラシで表面をなでるだけでは足りません。アンダーコートまで届くように、しっかりとブラッシングしてみてください。そうすることで、抜けた状態でアンダーコートの中でとどまっている大量の被毛がブラシに絡まってとれてくるはずです。これを毎日行いましょう。ただし、あまり強くブラッシングしてしまうと皮膚を傷つけてしまいます。また、被毛のからまりがある状態では愛犬に痛い思いをさせてしまいますので、十分注意しながらブラッシングをしてくださいね。不安な場合や、久しぶりのブラッシングという場合には、動物病院やトリミングサロンに相談してみてくださいね。

抜け毛対策のブラッシング、毎日続けるためのコツ

抜け毛対策のブラッシング、毎日は大変…と感じるかもしれません。
そんな方は毎日の散歩のあとの日課にしてみてはいかがでしょうか。運動してほどよく疲れ、気持ちも満たされているタイミングであれば、愛犬もリラックスした状態でブラッシングを受け入れやすくなります。また、散歩後の汚れを取り除いたり、傷をチェックしたりを同時に行うこともできておすすめです。

また、毎日ブラッシングを行っていくことで、抜け毛が蓄積されることもなく、日々のお手入れはだんだん楽に、短時間で済ませられるようになってきます。そうすれば、愛犬が飽きる前にブラッシングを終えることもでき、日々の負担はどんどん軽減されていくはずです。

抜け毛対策としてブラッシングする犬

ベランダや公園でのブラッシングはマナー違反!

ブラッシングは必ず自宅の室内で行いましょう。室内に抜け毛が飛び散るのがいやだからといって、自宅のベランダや公園でブラッシングをするのはマナー違反です。

ブラッシングによって抜けた毛が風にのって舞い、近所の家の洗濯物に付いたり、通りかかった人の服に付いてしまう可能性があります。必ず自宅の室内でブラッシングを行い、ブラッシングでとれてきた被毛はきちんと廃棄するようにしてください。

犬の抜け毛対策②ポイントをおさえて掃除をする

こまめな掃除も、室内が抜け毛だらけになるのを防ぐ効果的な方法です。「犬の抜け毛対策として掃除?当たり前では?」と思われるかもしれませんが、掃除にもポイントがあります。

愛犬の抜け毛対策としての掃除のポイント

抜け毛対策としての掃除のポイントは、目に見えない場所の掃除。目に見える範囲はもちろん、家具と壁の隙間や空気清浄機のフィルター、換気扇の中など、目につきにくい場所にも意外とたくさんの抜け毛が溜まっています。
毎日一生懸命床掃除をしてるのに、常にどこからともなく抜け毛が出てくる…といった方は、そういった目につきにくい場所をこまめに掃除するようにしましょう。

また、気づいた抜け毛は後回しにしない!というのも、抜け毛対策のポイント。
粘着ローラーは犬の抜け毛対策として鉄板の掃除用品。テレビを見ながらでもOK、愛犬とリラックスしている時でもOK。気が付いた時にいつでも粘着ローラーで掃除できるように、室内のいろいろな場所に粘着ローラーをおいておき、こまめにコロコロする癖を付けておくといいですよ。

犬の抜け毛対策として鉄板のコロコロ

犬の抜け毛対策③効率的な掃除テクニックを知っておく

毎日忙しい飼い主さんなら、掃除はとにかく効率良く行いたいですよね。そこで、床の素材や場所ごとにおすすめの掃除方法をご紹介します!

1.カーペットの抜け毛対策

犬の抜け毛が絡んで掃除しにくいカーペットは、ラバーブラシやタワシを使って絡んだ抜け毛を掻き出すのがおすすめです。滑り止め付きの軍手でも代用できます。カーペットの毛足に沿って擦ると、ラバー部分が毛をかき集めてくれます。
掻き出した抜け毛は掃除機で吸い取ったり、粘着ローラーで取り除いたりしましょう。

タワシや手袋は近所のスーパーや100均でも手に入る商品なので、掃除用にひとつ用意しておくと良いですね。

2.フローリングの抜け毛対策

フローリングで犬の抜け毛対策をしているところ

フローリングには、不燃紙を付けて使うフローリング用ワイパーがおすすめです。軽くて使いやすく、狭い場所や細かい部分まで掃除しやすいですし、気になる埃や抜け毛の飛び散りも掃除機よりは少ないでしょう。また、抜け毛に気づいたときにさっと取り出して掃除をしやすいのも利点ですね。

掃除機は数日に一回にして、あとはこまめにフローリング用ワイパーで掃除するだけでも、室内はキレイな状態を保てます。
さらに時々は水拭きをするようにすれば、汚れも落ちる上に抜け毛が舞いにくくなるためもっとキレイになりますよ。ウェットタイプのシートも合わせて用意しておくと良いでしょう。

3.畳の抜け毛対策

畳は新聞紙を使った掃除がおすすめです。やり方はとても簡単で、まず、新聞紙を濡らしてビリビリちぎります。その新聞紙を畳の上に撒き、ほうきなどで畳を掃くだけです。濡れた新聞紙が犬の抜け毛やゴミ、ホコリを吸着し、キレイにしてくれます。畳を濡れたままにしないように、最後に必ず乾拭きしてくださいね。

4.狭い隙間や壁際の抜け毛対策

窓の桟の掃除で犬の抜け毛の対策をしているところ

家具と壁の間や窓の桟などの狭い隙間や壁際は、刷毛を使って抜け毛を掻き出しましょう。ハンディワイパーなど、抜け毛を絡め取るタイプのものもおすすめです。

また、犬の抜け毛が狭い隙間に入ってしまうと掃除が大変なので、なるべく家具はキャスター付きや、移動できるものを選ぶようにしておくと掃除がもっと楽になりますよ。

抜け毛対策を取り入れて、上手に抜け毛と付き合おう!

犬の抜け毛は室内でペットを飼う飼い主の悩みの種。掃除してもすぐに出てくる抜け毛に、ストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、犬と暮らす以上抜け毛は仕方のないこと。効率良く楽にキレイな状態を保てるように、ご紹介した対策や掃除テクニックを参考にしてみてくださいね。

関連記事