【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬にしてあげたい蚊対策【獣医師監修】

 

犬との暮らしで対策が必要な蚊

犬との暮らしでも、蚊対策をしっかりとしてあげたいところ。今回は犬のためにできる蚊対策について、見落としてはいけない大事なポイントとともに解説します。

犬のためにしてあげたい蚊対策

犬の蚊対策①洋服を着せる

蚊対策として服を着る犬

お散歩のときに犬に洋服を着せるだけでも、生地でカバーされた部分は蚊に刺されにくくなります。

さらに、洋服にペット用の虫よけスプレーなどをシュっと一吹きしておく方法も。ただし、ハーブやアロマの類のものには、犬への安全性が確認されていないものもあります。虫よけスプレーを使用するときには、犬使用できるよう開発された、信頼できるものを使いましょう。

※関連記事
犬の服の上手なサイズの選び方

※関連記事
犬に服を着せる時の注意点【獣医師監修】

犬の蚊対策②蚊忌避効果のあるノミ・マダニ対策薬を使用する

ノミ・マダニ対策薬の中には、蚊をよせつけにくくする効果があるものもあります。動物病院で相談してみましょう。

※関連記事
マダニが犬に寄生して起こる深刻な病気とは…【獣医師監修】

※関連記事
犬に寄生したノミがもたらす病気とは…【獣医師監修】

犬の蚊対策③蚊取り線香を活用する

室内やアウトドアを楽しむときの蚊対策には、蚊取り線香を活用するのもひとつです。犬がいる空間での使用が可能なものを選びましょう。

蚊対策で気を付けるべき大事なこと

どんなに蚊対策をしてもフィラリア予防薬は必ず必要

フィラリアは蚊が運んでいるのだから、蚊への対策をしておけばよい、という考えは完全に間違いです。

たしかに、フィラリア症(犬糸状虫症)は、蚊に刺されることで感染する病気です。 ところが、蚊対策だけをどんなに念入りに行ったとしても、一切蚊に刺されないようにすることはまず不可能です。犬の命をフィラリア症から確実に守るには、「たとえ蚊に刺されても、フィラリア症を起こさないようにする」ことが必要なのです。

ですから、どんなに蚊への対策をしたとしても、「予防薬を用いたフィラリア症予防」は必須。フィラリア症は適切な期間に月一回の予防薬を正しく投与することで、ほぼ100%防ぐことが可能です。

※関連記事
犬のフィラリア予防の方法と必ず守るべきポイント 【獣医師監修】

※関連記事
室内犬にもフィラリア症予防薬が必要な6つの理由【獣医師監修】

蚊対策を万全にこれからの季節を楽しもう

犬のための蚊対策にはいくつかの方法がありますが、犬の命を守るという観点から考えると、蚊への対策だけでは不十分です。フィラリア症予防の対策を忘れないようにしてくださいね。

※関連記事
ノミダニの予防はいつまで続けるの?効果的な方法は?【獣医師監修】

※関連記事
ノミとダニの違いとは?愛犬に寄生する天敵たち【獣医師監修】

関連記事