【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬のフィラリア予防の方法と必ず守るべきポイント 【獣医師監修】

 

フィラリア予防をしている犬

フィラリア症は、治療が困難で命にかかわる病気です。愛犬の健康を守るため、確実な方法でフィラリア症を予防しましょう。

犬のフィラリア予防の方法は?

犬のフィラリア症の予防方法は、「フィラリア駆虫薬」を月に1回、確実に投与すること。飲み薬が一般的ですが、注射薬もあります。安全のため、必ず獣医師の指示の元使用するべき薬ですので、愛犬にあったものをかかりつけの動物病院で処方を受けてください。

なお、フィラリア予防のために投薬が必要な期間は「蚊が発生し始めて1か月後から蚊が見られなくなったあと、さらに1か月後まで」です。

犬のフィラリア予防で絶対守るべき注意点

①蚊がいなくなってから1か月後の投薬が重要

フィラリア予防が重要な最後の蚊が出たあと1カ月の時期の犬

フィラリア症予防のための投薬は蚊がいる間だけ…というのは大きな間違いです。

フィラリア症予防の薬は「駆虫薬」であり、フィラリアが犬の体内に入ること自体を予防するものではありません。犬が感染力のあるフィラリアの幼虫を持つ蚊に刺されたら、そこから犬の体内にフィラリアの幼虫が侵入します。その後、フィラリアの幼虫は時間をかけて成長しながら犬の血管内に移動する準備を整えます。この間、犬はフィラリアによる症状を起こすことはありません。

フィラリア症予防の薬は、この「血管に入る前の幼虫」を月に1回、まとめて退治する駆虫薬です。ですから、その年の最後に活動した蚊に刺された時に体内に入ったフィラリア幼虫を駆除するため、蚊が見られなくなってから1か月後の投薬が欠かせないのです。

フィラリア症予防に必要な投薬期間は蚊の発生時期に左右されるため、お住いの地域や生活環境によって異なります。かかりつけの獣医師の指示通りに、シーズン最後まで確実に投薬してください。

②フィラリア症予防薬の購入は獣医師の指示が必要

フィラリア予防のために獣医師の診断を受ける犬

フィラリア症予防の薬は、要指示医薬品に該当しており、獣医師の指示なしに購入することはできません。当然、獣医師の指示なしに使用することもできません。

フィラリア症予防の投薬には、フィラリアに感染していないことを血液検査で確認しておかなくてはいけません。これは、フィラリアに感染している犬に駆虫薬を与えると、体内で死滅したフィラリアによるアナフィラキシーショックを起こし、命を落とす危険があるためです。前年に確実にフィラリア予防をしていたつもりでも、飼い主の見ていないところで薬を吐き戻していたり、最後の投薬後に蚊に刺されていたりといったことがないとは限りません。必ず動物病院で検査を受け、フィラリア症予防薬の処方をしてもらってください。

また、コリーをはじめとしたいくつかの犬種では、フィラリア駆虫薬の種類によって深刻な副作用が起こることが知られています。必ず、獣医師により愛犬にあったフィラリア症予防薬の処方をしてもらいましょう。

③蚊に刺されないようにする対策だけでは不十分

犬のフィラリア症の原因となる蚊

蚊に刺されること自体を「皆無」にすることは不可能です。

アロマやハーブをはじめとした虫よけスプレーや蚊に刺されにくくするグッズを使った対策をとったとしても、フィラリア症を予防するという観点からは不確実です。

また、室内や高層階で過ごしている犬でも、散歩で蚊に刺される機会はあるはずです。さらには、エレベーターに乗ったり飼い主の衣服についたりして蚊が室内に入り込むこともありえます。

蚊に刺されないように心がけることもひとつの対策ではありますが、それだけでは不十分。正しく駆虫薬を投与して、命にかかわるフィラリア症を確実に予防してください。

フィラリア症を正しく予防しよう

フィラリア症は、急死することのある病気です。一命をとりとめたとしても、フィラリアによって傷ついた犬の心臓や血管が元の状態に戻ることはありません。生涯様々なつらい症状とつきあっていくことになります。しかしその一方で、フィラリア症は予防が可能です。フィラリア症の予防について正しい知識を持って、確実に予防をしましょう。

※関連記事
室内犬にもフィラリア症予防薬が必要な6つの理由【獣医師監修】

※関連記事
狂犬病の予防注射、絶対に必要なの?【獣医師監修】

関連記事