【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

夏の散歩にも!犬の靴が役立つ場面と慣らすコツ・注意点のまとめ!

 

靴を履いている犬

犬に靴を履かせてお散歩している光景をちらほら見かけるようになってきた…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、最近、ケガの防止や災害対策として有効だとして、犬用の靴を取り入れている飼い主さんが増えてきているのです。でも、これまで犬に靴を履かせたことがないという方には、何の役に立つのか、どのように慣らしていけば良いか分からないかもしれません。今回は、犬にとって靴がどのように役立つのか、靴への慣らし方も合わせてご紹介します。

犬の靴が役に立つ場面いろいろ

夏や冬の散歩を快適にし、散歩中のケガから守る

靴を履いて冬の散歩を楽しむ犬

夏の散歩では、日の沈んだ夕方になってもアスファルトが高温になっていることがあります。また、冬の雪の日は足元がとても冷たくなっています。犬の肉球は傷付いてしまうと完治までに時間がかかる部分。お散歩時の道路の温度による肉球へのダメージを軽減し、快適に散歩を楽しむためには犬用の靴が役立ちます。

また、犬用のシューズを履いておくと、お散歩中にガラスの破片やクギといった鋭利な物を踏んでしまい、犬がケガをするというリスクも減らすことができます。特に子犬の肉球は柔らかく、外からの刺激に弱いため、お散歩中の靴の着用がおすすめですよ。

地震や台風などの災害時の避難の際の足のケガから守る

自然災害に備えて、犬用の靴を購入する飼い主さんも増えています。災害時は、道路の状態が普段とは大きく異なる可能性があります。ガラス片はもちろん、場合によっては瓦礫が散乱した道を長い時間歩き続けなければならないかもしれません。また、地震により物の散乱した室内で愛犬の足を保護する必要があるケースも考えられます。靴だけでなく、靴下タイプも多数販売されているので、靴下タイプに慣れておくだけでも大変役立つでしょう。

災害時は、飼い主さんも犬も一刻を争う事態になるかもしれません。災害用として犬用に靴や靴下を購入したら、普段から慣れておくよう練習を重ねておきましょう。

足のケガや術後などの治療中の保護

犬が足や肉球をケガしてしまったときや、足の手術をしたときにも犬用の靴は役立ちます。

ケガをしたときや手術後の治療中、犬は患部を噛んだり舐めたりしてしまいがちです。なめてしまうことで傷が開いてしまったり、傷口から感染が起こってしまうこともあります。しかし、犬用の靴があれば患部を汚す心配や、犬が包帯を取ってしまうこともありません。ケガのスムーズな回復にも、犬用の靴が役立ちます。

散歩で足が汚れない

靴がないと犬の足が汚れる散歩道

室内で犬を飼っている方は、お散歩の度に、室内に犬を上げる前に犬の足裏を拭く手間がかかり、ちょっと面倒だなあ…と思っていませんか?
犬用シューズがあれば、散歩の時に足裏が汚れる心配がなく、サッと靴を外すだけで済むため便利です。帰宅後すぐにお水が飲みたい犬にとっても、嬉しいポイントですね。

犬の靴への慣らし方

靴に慣れている犬

これまで何も履いたことがないという犬に、犬用の靴を履かせても、最初は戸惑ってしまうことが多いものです。犬によっては、ビックリしてしまって動けなくなってしまう子や、振り払おうとして足をぶんぶん振り回す子もいます。他のしつけと同じように根気よく慣らしていくことが大切です。

犬は、頭の良い動物なので、物事を結び付けて記憶することができます。そのため、靴や靴下を履くといいことがある!と認識させるようにし、逆に靴や靴下に対して嫌な印象を持たせないようにすることが大切です。もちろん無理やり履かせることはNG。靴や靴下に意識が向きすぎないように、おやつやおもちゃなどの犬が大好きなアイテムを使って、犬の気を引きながら履かせるのがおすすめです。

犬に靴を履かせるときの注意点

犬に靴を履かせることはメリットがたくさんありますが、デメリットがないわけではありません。

靴を長時間履かせっぱなしにすると、蒸れて靴の中で雑菌が繁殖してしまうことがあります。犬の肉球には汗腺があり、お散歩のあとなどは足裏に汗をかいています。お散歩から帰ったら靴を脱がしてあげることを忘れずに。

また、犬用の靴を購入するときは、犬の足のサイズに合うものを購入することもポイントです。サイズが大きすぎるものは、ズレたり脱げたりする原因になるほか、履かせることでかえって歩きづらく、滑ったり転倒したりしやすくなってしまうことがあります。また、小さすぎるものは、歩きにくいだけでなく、犬が踏ん張りづらくなるため危険です。購入の際には、きちんとサイズが合っていることを確かめること、履かせるときには肉球が正しいポジションにあることを確かめましょう。

※関連記事
犬に服って必要なの?着せる意味はあるの?【獣医師監修】

※関連記事
フードポーチって何?犬との暮らしが楽しくなる便利グッズ!【獣医師監修】

万が一にも役立つ靴は普段から慣れさせて

災害時の避難中や、ケガや手術後の患部の保護に犬用の靴や靴下は大変役立ちます。いざというときに、犬が嫌がらずにスムーズに履けるようにするためにも、普段から靴や靴下に慣れておくことが大切ですよ。

※関連記事
犬の撫で方の基本3STEPと練習方法♪撫でられるのが大好き♪

関連記事