【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬のためのドッグフード、何を選べばいいの?【獣医師監修】

   2019/12/09

おいしいフードを食べる犬

子犬を飼いはじめて、愛犬用のごはんは、どんなドッグフードを選べばいいの?ごはんの量・回数は足りている?いつ、成犬用のごはんに変えればいいの?など色々と気になっている方もいるのではないでしょうか。

そのような疑問にお答えするため、今回は、ドッグフードの基礎知識から選び方、今話題のドッグフードをご紹介します。

ドッグフードの基礎知識

愛犬にとって必要な栄養とは?

皆さんは愛犬にどのような栄養が必要かご存知ですか?
人と同様、犬も自分で栄養を作りだすことができませんので、食事の中から必要な栄養素を必要なだけとりいれなくてはなりません。「三大栄養素」という言葉を耳にしたことのある方は多いと思いますが、犬にとっても、「三大栄養素」とよばれる脂肪、タンパク質、炭水化物のバランスはとても大切。
さらに、子犬、成犬、そして高齢犬といった成長やライフステージの変化にともなって適切な栄養バランスや必要なエネルギー量はかわってきますので、それぞれのライフステージにあったフードを選んであげる必要があります。

中でも子犬の時期のフード選びはとても大切です。成長期に摂取する栄養のバランスが偏ってしまったり、良質な栄養が取れなかったりすると、子犬の発育に影響がでたり、免疫機能が適切に備わらなかったりといった問題が起こってしまうこともあるのです。

どんな種類のドッグフードをメインであげればいいの?

ペットショップや量販店、インターネットなどをのぞいてみると、本当にたくさんの種類のペットフードが販売されていますよね。
愛犬のペットフードを選ぶとき、毎日の主食として与えるものには、必ず「総合栄養食」と記載されているものを選んでください。「総合栄養食」とは、愛犬に適切な量を与えることで、各ライフステージに必要な栄養素が過不足なく取れることが確認されているものに表記されています。
「一般食」や「副食」「栄養補完食」などと表記されているものは、主食としては適切ではありませんのでご注意を。

ドッグフードの選び方、適切な与え方

ドッグフードの選び方

ライフステージに合わせたドッグフードを選ぼう

育ち盛りの子犬と成犬では、必要なエネルギー量も違います。さらに体のつくりも違いますので、必要とする栄養のバランスも異なります。必ず成長段階にあわせた総合栄養食のフードを選んであげてください。

子犬期のフード選びのポイントとあげ方

子犬用のフードを与えはじめるのは、離乳時期である2ヶ月齢頃を目安にしてください。
この時期は子犬の体が急激に成長する時期。その一方で、子犬の消化器官はまだまだ未成熟なままですので、少量でもしっかりと栄養のとれる、高栄養で消化吸収しやすいフードを選びましょう。子犬の時期は、胃が小さく一回に食べ過ぎると吐いてしまうこともあるため、一日3~5回にわけて食事を与えましょう。

成犬用のフードへの切り替え時期、その方法は?

子犬の骨格が大人の犬に近づく10ヶ月齢頃を目安に、フードを成犬用フードへと切り替えましょう。
急にすべてのフードを切り替えるのではなく、1週間ほど時間をかけてゆっくりと切り替えていってください。はじめはいつもの子犬用フードに少しだけ成犬用を混ぜて与えてみます。食いつきや便の状態に問題がなければ少しずつ成犬用フードの割合を多くしていけばOKです。また、このころには子犬の消化機能も成長して、一度に食べられる量もずいぶん増えてきていますので、食事の回数を一日2~3回に減らしていきましょう。

手作りフードをあげてもいいの?

既製品のフードは原材料や添加物のことが気になる、などの理由で、手作りフードをあげたい、という飼い主様もいらっしゃるでしょう。
ただ、ごはんを手作りするとなると、毎日必要なエネルギー量と栄養バランスをきちんと調整するのがとても難しいもの。結果として、栄養の偏った食生活になってしまいかねません。愛犬に手作り食を与えるのは、お誕生日などの特別な日や、たまのご褒美などにとどめてあげる方が良いでしょう。

あらかじめ栄養バランスの整えられている「総合栄養食」の中には、良質な原材料を厳選して作られた商品や、犬の体の調子を整えることを目指して作られた高機能性を持った商品がありますので、その中から選ぶことをお勧めします。

今話題の高品質のフード「ブルーバッファロー」

おすすめフード

少しでも良いフードをと思っても、ペットシップなどに行くと高品質、自然派などをうたったフードがたくさん並んでいて、何を選べばいいのか、悩んでしまいますよね。

愛犬のことを思い、開発されたブルーバッファローの「BLUE ライフプロテクション・フォーミュラ™」は愛犬のことを考え「大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい」という思いから徹底的に品質にこだわったフードです。愛犬のフード選びに困っている飼い主様、高品質な自然派フードをあげたいと考えている飼い主様にオススメです。

かけがえのない家族への思いから開発されたフード

ブルーと家族

「BLUE」は、アメリカのペット専門店シェアNo.1(※)を誇る、アメリカで人気の自然派ペットフードです。2015年に日本に本格上陸して以来、日本でも注目を集めています。

「BLUE」誕生のきっかけは、後にブルーバッファロー社のオーナーとなるビショップ家の愛犬「ブルー」が癌を患ったこと。”家族としてブルーにしてあげられることはないかと考え、着目したのが普段の食事でした。「愛犬は家族」という考えのもと、「大切な家族だから体にいいものを食べさせたい」という思いで、原材料に徹底的にこだわり、高品質な自然素材を原材料としたペットフードを開発したのです。

ブルーバッファローの「BLUE」は、この商品を作るきっかけとなってくれた愛犬ブルーに敬意を表して名付けられました。かけがえのない家族への思いから作られたフードであるため、同じ思いを持つペットペアレンツ(ブルーバッファローでは、ペットを大切な家族と考え、一緒に暮らす全ての方を”ペットペアレンツ”と呼んでいます)から支持され、愛されたことがアメリカのペット専門店シェアNo.1につながっているのです。

(※)米国ペット専門店シェアNo.1:米国GfK調べ。2017年1月までの年間累計販売全額ベース

愛犬を思い一切の妥協を許さない姿勢から生まれた3つのこだわり

こだわり①:高品質の自然素材

犬のフードに必要な肉

高品質のたんぱく質
主原料として鶏肉・ラム肉などのおいしい骨抜き生肉を豊富に使用しており、鶏や家禽の副産物ミール(首、脚、消化管)を含む原材料は使用しておりません。

グルテンアレルギーを起こしにくい糖質源
重要なエネルギー源である糖質は、グルテンアレルギーに似た疾患を起こしにくいといわれている玄米、大麦、オートミールといった「全粒穀物」を、栄養価を考慮して配合しており、コーン、小麦、大豆は使用していません。

健康的に育った野菜
エンドウマメ、サツマイモ、ニンジンなど、ビタミンを豊富に含んだ新鮮な野菜を厳選して配合しています。

抗酸化栄養素の豊富な果物
抗酸化作用のある栄養素が含まれるブルーベリーやクランベリーなどの果物を配合し、愛犬の健やかな成長と健康維持をサポートします。

こだわり② 特徴的な2種類の粒を配合

おすすめのドッグフード

2色の粒がブレンドされた特徴的な見た目の「BLUE」。
愛犬が喜んで食べる、栄養価の高い高品質の生肉を主原料とした美味しくて栄養豊富な「べースキブル」(色の薄い粒)と、ブルーバッファロー独自開発の「ライフソース™ビッツ」(焦げ茶色のより小さい粒)が配合されています。

おすすめのフードの材料

ライフソース™ビッツは、アメリカの獣医師と動物栄養学士により選定された抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている野菜・果物から作られています。「コールドプロセス」製法と呼ばれる特殊な製法を採用することで、熱に弱い栄養素ができるだけ損なわれないようにし、抗酸化栄養素の働きを維持しています。さまざまな抗酸化栄養素を取り入れることで、愛犬本来の免疫力の維持、必須栄養素の供給、健康的な酸化バランスをサポートしています。

こだわり③ 合成の酸化防止剤、着色料、香料は不使用

BLUEは自然派の酸化防止剤(混合トコフェロール)のみ使用し、合成酸化防止剤、着色料、香料は使用していません。

こいぬすてっぷユーザー様にもご利用いただいております

 

先輩犬も食べているフード、安心して食べさせられます

■横浜市在住トイプードルのプリンちゃん(14歳)、ビションフリーゼのロッタちゃん(8ヶ月)の飼い主様 H.K様

先輩犬のプリンが体調を崩してしまい、食欲がなくなってしまったときに、何か良いフードはないかと思い探している中で出会ったのが「BLUE」利用のきっかけです。自然派・高品質ということもあり、安心して食べさせられます。新しくやってきたロッタも、「BLUE」を食べています。味も良いようで、あっという間に食べ終えています。毛並みにも良い気がするので、これからも「BLUE」を利用していこうと思っています。良いフードを食べることで、中身も外見も立派なビションフリーゼになることを期待しています!

おすすめフードを食べる犬
ロッタちゃん、あっという間に完食
先輩犬のプリンちゃん(右)とも仲良し

 

うちの子に合った粒のサイズがとても嬉しい

■渋谷区在住チワワのこじろうくん(11ヶ月)、トイプードルのむさしくん(11ヶ月)の飼い主様 K.Y様

こじろうとむさしが初めて飼う犬ということもあり、良いフードを食べさせたいけれども、何を食べさせれば良いのかわからないと悩んでいるときにペットショップで紹介されたのが、「BLUE」でした。それからずっと利用しているのですが、原材料の質が良いことに加え、成長段階に合わせたフードがそろっていること、超小型犬用の粒のサイズがこじろうとむさしの2頭にとても合っているのがとても嬉しいです。もう11ヶ月なので、子犬用から成犬用のフードへの切り替えている最中ですが、味も良いようで、成犬用も子犬用の時と変わらず、2頭とも勢いよく食べています。これからも美味しく安心なフードを食べ、いつまでも仲良く元気でいてほしいです。

おすすめのドッグフードを食べる犬
早く食べたくて仕方がないこじろうくん(右)とむさしくん(左)
2頭ともおいしそうに並んで食べています

最後に~編集獣医師より~

「愛犬は家族の一員」であり、愛犬にもできるだけ良いものを食べさせてあげたいと考えている飼い主様もたくさんいらっしゃいます。その一方で「高品質」、「自然派」をうたったペットフードも年々増えてきていますね。そんな中、数あるフードの中から、愛犬にあったフードを選ぶことが難しく、相談を受けることもよくあります。愛犬の健康な体作りの基本は毎日の食生活から。「BLUE」は厳選された原材料、そして愛犬の健康サポートに対する配慮が徹底されており、愛犬のペットフード選びに困っているオーナー様に是非試していただきたいフードです。

関連記事