【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬を預ける時の2つの疑問。どこに預ける?しつけは?

 

夏の帰省などの予定で、愛犬をどこかに預ける必要があるという飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。でも、犬を預けることは大きなストレスになるのでは?と不安に思う飼い主さんもいるかもしれません。でも、今後飼い主さんの体調の変化や仕事の都合、災害などでやむを得ず犬預けることになってしまうこともないとはいえません。そのようなときに備えて、日ごろから飼い主さんも犬も、「預ける/預けられる」ということに慣れておくことはよいことです。今回の記事は、愛犬を預けるにあたってよくある3つの疑問にお答えします。

1.愛犬はどこに預けるのがいいの?

犬を預けよう、と決めた時の悩みのひとつは、「犬をどこに預けるのか」ということですよね。犬を預ける場所を適切に選んであげることは、預けられる犬のストレスの軽減に大きく影響します。預け先別の特徴を知ったうえで、年齢や性格、健康状態といった愛犬の状況とあわせてどこに預けるかを決定するのがベストです。

愛犬の預け先①ペットホテル

衛生的な預け先に預けることができた犬

犬を預ける先として、トリミングサロンやペットショップに併設されているペットホテルを思い浮かべる飼い主さんも多いのではないでしょうか?普段通い慣れているサロンであれば、スタッフの顔も部屋の様子にも犬が慣れているため、比較的犬のストレスが少なくて済む可能性があります。

ペットホテルでは、食事やお散歩の時間だけでなく、施設内のフリースペースで自由に遊べる時間を設けているところもあります。また、連泊や長期の利用で料金が割引になったり、複数頭で預けると割引になったりというところもありますので、情報をチェックしておくと、いざという時に便利ですよ。

ペットホテルは、愛犬の健康状態によっては預けられないことがありますので、事前に細かく確認をしておく必要があります。

愛犬の預け先②動物病院

動物病院に預けられている犬

動物病院によっては、病気をした時の入院ではなく、ホテルとしての預かりを受け入れている場合もあります。また、動物病院にペットホテルが併設されているというケースもあります。

普段からかかっている動物病院で預けることができれば、愛犬も施設の雰囲気や先生、スタッフのことを分かっているというだけでなく、先生も犬の普段の様子を知ってくれているため、飼い主さんとしては心強いですよね。

治療中の疾患がある犬や、体調に波がある場合、高齢の犬の場合などは、動物病院のペットホテルがよいでしょう。

ただし、動物病院でのいやな経験などから、動物病院そのものが苦手な犬もいます。愛犬が動物病院を苦手に感じているようであれば、預けることが犬にとって非常に大きなストレスとなってしまいます。愛犬の気持ちも考えながら預ける先を決めてあげましょう。

また、ペットホテルを併設している動物病院を除いては、動物病院はあくまでも「ペットホテル」としての機能よりも「病院」としての機能がメイン。急患が来たり、診療が混雑したりしている場合には、長時間ケージの中で過ごすことになることも少なくないことは知っておきましょう。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

※関連記事
病院好きな犬になるために…健康なうちに実践したい2つのこと

愛犬の預け先③知人や親類宅

知人宅に預けられてゆったり過ごす犬

普段から交流があって慣れ親しんでいる知人や親戚宅であれば、環境は変わっても家庭で過ごすという点で、犬も比較的リラックスして過ごせる可能性が高いでしょう。預ける場合は、預け先の人間が犬の扱いに慣れていることや、犬の扱いについて飼い主さんと同じような考え方である必要があります。

また、知人や親せきの方が相手であったとしても、万が一犬がケガをしてしまったり、誰かにケガをさせてしまった場合、家具などを破損、汚損してしまった場合など、トラブルへの対応についても、きちんと決めておかなくてはなりません。

預け先を決める時のチェックポイント

どのタイプの預け先に預けるかを決めたら、次に実際の犬の預け先を決定しましょう。いくつかチェックしておきたいポイントがありますので、愛犬にとって何が好ましいのか、何にストレスを感じるのかをよく考えて、優先順位をつけてみましょう。

  • 預ける相手が犬に慣れているかどうか
  • 犬が過ごすスペースの大きさと、過ごし方(フリーなのか、ケージなのか)
  • 遊びや散歩の時間があるかどうか
  • 食事や水の管理
  • 占有スペースなのか共有スペースなのか
  • ほかの犬との接触の仕方
  • 衛生的かどうか
  • 犬の性格や個性にあわせた対応をしてくれるかどうか

2.犬を預けるときに必要なしつけは?

犬を預けるときに、しつけが不十分な状態の犬の場合は、預けられる先が見つかりにくいことがあります。また、犬も預け先で、落ち着いて過ごせずにストレスをためることになってしまいます。犬を預けるときのためにも、日ごろのきちんとしたしつけが重要です。

犬を預ける前にしておきたいしつけ①社会化

預けるにあたって十分な社会化がされている犬

愛犬は、飼い主さん以外の人間やほかの犬がいる環境でも、落ち着いて過ごすことができますか?

犬がきちんと社会性を身に付けている場合は、飼い主さん以外の人間やほかの犬ともトラブルを起こすことなく過ごすことができます。子犬の時期から、家族以外の人間や外で出会う犬にできるだけ慣らしておき、社会性のある犬に育てることがポイントです。

※関連記事
子犬の社会化を失敗しないために大切なたったひとつのこと【獣医師監修】

犬を預ける前にしておきたいしつけ②クレートトレーニング

預ける前にクレートトレーニングができた犬

預け先では状況によっては、長い時間クレートで過ごさなければならないかもしれません。クレートに入ることを嫌がる犬には、大変大きなストレスとなってしまうことでしょう。

クレートに慣れるためには「クレート=安心できる場所」と犬が感じられるようにしておくことがポイントです。犬の好きな毛布を敷いたり、日ごろからこまめにクレートを使って楽しい思い出が増えるような状況を作り、クレートに慣らしておくことをおすすめします。

※関連記事
愛犬がクレートに慣れることで得られる4つのメリット【獣医師監修】

※関連記事
犬にハウスのしつけは絶対必要!ハウスが役立つ場面としつけの方法とは?

犬を預ける前にしておきたいしつけ③飼い主と離れて時間を過ごす

預けられて飼い主さんと離れても遊んでいられる犬

愛犬が普段、飼い主さんと離れて過ごすことがあまりない場合は、飼い主さんと離れる練習をしておくと、いざ預けるときが来ても不安が少なくて済みます。

初めての時から長時間預けてしまうと、犬に不安を与えてしまうことがあります。すると、飼い主さんと離れることがより一層苦手になってしまいます。最初はほんの数分程度、たとえば、ごみ出しの間だけ、など、別の部屋で過ごせるようにすることから練習をはじめ、徐々に飼い主さんと離れても落ち着いて過ごせる犬にしつけていきましょう。

※関連記事
子犬がひとりになると鳴く…どうしたらいい?【獣医師監修】

※関連記事
【留守番のしつけ】犬が落ち着いて過ごせるようになるコツとは?

本番前に預ける練習をしておくのもおすすめ

預ける練習に行く犬

これまで一度も誰かに犬を預ける機会がなかった場合には、本番前に預ける練習をしておくのも1つの手です。練習は、飼い主さんと離れることが犬にとって大きなストレスにならないように、数時間や半日程度からスタートさせましょう。預けている間に、犬が楽しいと感じるような出来事があるようにしてもらえるとベスト。

反対に、最初から長時間預けたり、預けている間に嫌な思いをするようなことがあったりすると、トラウマとなってしまい、預けられることが苦手な犬になってしまうことも。練習の時点で、犬が預けられることを苦手にならないように、注意して進めることが非常に大切です。

できるだけいつもと同じ環境に

預けられることが苦手にならないようにするには、預け先の協力が欠かせません。

フードや食器、リード、クレート、おもちゃなど、普段使っているものを渡してそれを使ってもらうようにし、できるだけいつもと同じ環境を作ってあげましょう。預けている間、犬が好きなことをたくさん経験させる一方で、愛犬が苦手なことはできるだけ避けるように、可能な限り協力してもらえる預け先を見つけることがポイントになります。

愛犬を預けることは犬にとって大事な経験になる!

飼い主さんと一緒にいる時間が犬にとって一番なのは当然ですが、預けることをマイナスに考えすぎないようにすることも大切です。どの飼い主さんもどの犬も、環境や状況によってどうしても預けなければならないときが来る可能性があります。その時に落ち着いて過ごせるように、普段から社会性のある犬に育てておくようにしましょう。預けなければならない状況はいつやって来るか分かりません。普段からペットホテルや動物病院など、預け先の情報収集をしておくと、いざというときに安心です。

※関連記事
災害時や避難が必要になった時に役立つ犬のしつけ6選【獣医師監修】

※関連記事
ハウスを警戒して中に入らない犬へのNG対応4つ【獣医師監修】

関連記事