【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の留守番のしつけのコツは3つの準備と練習方法にあり!【獣医師監修】

 

留守番のしつけができている犬

愛犬に安心して留守番を任せられますか?しっかり準備してしつけをすれば、犬はだんだんと上手に留守番できるようになってきます。ここでは、犬が落ち着いて留守番のしつけで大切な準備と練習の方法をご紹介します。

犬の留守番のしつけで大切な3つの準備

犬は社会性のある生き物ですので、本来は留守番が苦手であることが少なくありません。だからこそ、留守番中に犬が不安になったり退屈したりしないように、きちんと準備をして留守番をお願する必要があります。留守番のしつけをはじめる前の準備では、愛犬が「ひとりでも大丈夫」「留守番って楽しい」と感じられるようにすることを意識しましょう。

➀ 犬が安心して留守番できる環境を準備する

犬が安心して留守番できる環境の準備

留守番の時間に急に環境が変わると、犬は不安になってしまいます。ですので、留守番のしつけをするときは、普段生活している環境と大きく変化させないことを念頭に、安心で安全な留守番スペースを用意しましょう。

いつもサークル内で寝ているなど、サークルに慣れている犬ならサークル内で留守番のしつけをしておくのがベスト。サークルの中に、トイレ、水、マット(ベッド)などを設置し、そこで留守番のしつけをしましょう。普段クレートで寝る犬ならば、扉を外して自由に出入りできる状態にしたクレートも設置してください。

サークル内やクレート内に危険なものがないかのチェックもお忘れなく。普段から、サークルの中やクレートの中が愛犬にとって安全で安心できる、大好きなスペースになるようにしておくことが大切ですよ。

サークルに入り慣れていない犬の場合は、留守番だからといって無理にサークルに入れると、犬はそれだけで不安になってしまいます。いたずらしそうなものや危険なもの、誤飲の心配があるものなどを見えない場所、犬が届かない場所に片付け、しっかり安全を確保したうえで、普段どおりサークルの外で留守番できるようにしつけをしましょう。階段に近づけないようにするなど、部屋の一部を留守番用のスペースとして区切っておくとより安心です。

※関連記事
犬のクレートトレーニングの方法。居心地の良い安心基地を作ろう♪

※関連記事
犬の「ハウス」のしつけ。効果的な練習方法は?

※関連記事
「うわ、これ危ない…」犬との暮らしでを気を付けるべき6つの事故とその対策【獣医師監修】

※関連記事
お留守番する愛犬のための環境づくりのポイント5つ

➁ 留守番の間の犬が楽しめるおもちゃを用意する

留守番のしつけ中におもちゃで遊ぶ犬

留守番の時間、飼い主の帰りを待っているだけで、何もすることがなければ、犬は退屈し、寂しく、不安になってしまいます。そこで、活躍するのが犬用の知育トイ。お気に入りのおもちゃはもちろん、コングなどの長い時間遊んでいられる知育玩具も留守番のしつけにはとても役立ちます。

おもちゃを用意する場合に気を付けることは、必ず事前に遊び方を愛犬と一緒に確認し、壊す可能性がないかどうか確かめておくこと。留守番中に犬が危険にさらされることのないよう十分にチェックしておきましょう。

※関連記事
愛犬が一人遊び上手だとメリットいっぱい!【注意点とコツ、オススメの一人遊び4選】

※関連記事
愛犬のひとり遊び用おもちゃを選ぶときのチェックポイント

※関連記事
愛犬がコングに飽きずに夢中になる!その使い方とは?

➂ 留守番の前に散歩や遊びで犬のストレス発散を

留守番のしつけ中で、留守番前にストレス発散している犬

留守番の間、愛犬は眠って過ごすことはできますか?犬の留守番のしつけでは、飼い主が家を出てしばらくたったら犬は眠っている…という状態をめざしたいもの。犬が不満や不安を感じずに留守番ができている状態です。逆に、犬が遊びたい、運動したいモードになっていては、落ち着いて留守番させることは難しいでしょう。

ある程度長い時間の留守番をお願いする前には、散歩や遊びでしっかりと運動させておくのが留守番のしつけ成功のコツ。心身ともに満たされていて、ほどよく疲れている状態が理想的です。犬が疲れて眠っているうちに留守番が終わっているなんてこともありますよ。犬の遊びたい気持ちをあらかじめ満たしておくことで、愛犬は落ち着いて留守の間を過ごすことができるのです。

朝の忙しい時間に散歩なんて…と思ってしまうかもしれませんが、愛犬はそのあとの時間をひとりで過ごすことになるのです。ぜひ早起きして、たっぷりと愛犬との時間を作ってあげてください。

※関連記事
犬に必要な散歩の時間はどれくらい?【獣医師監修】

※関連記事
子犬との散歩の時間はどれくらい?

犬の留守番のしつけの方法は?

上で紹介した3つの準備を完璧にしたとしても、いきなり犬に留守番をさせてはいけません。それまで犬とべったり一緒に過ごしていたのに、ある日突然長時間の留守番をさせられたら、愛犬が不安になってしまうのは当然のこと。まずは練習です。

留守番のしつけの段階から、3つの準備をしっかりと

留守番のしつけの段階から準備をしっかりしている犬

犬の留守番のしつけでは、短い時間の留守番から徐々に時間を延ばしていきます。練習だからといって準備をいい加減にしてはいけません。必ず本番の留守番の時と同じように、上で紹介した3つの準備は行ってください。

留守番したことがない、もしくは留守番がうまくできない犬なら…

留守番をしたことがないのでしつけをしている犬

犬の留守番のしつけで大事なことは短時間から徐々に飼い主の姿が見えない時間をのばしていくこと。まだ子犬で留守番をしたことがないのなら、最初はちょっと隣の部屋に行くだけ、など、ほんの少しの時間からのチャレンジです。

これが留守番?と思ってしまうほどに短い時間からトレーニングをスタートするのが留守番のしつけのポイント。ごみ捨てに行ってすぐ戻ってくる、といった程度のもの時間です。それも難しいなら、トイレなど別室に行ってすぐ戻ってくるだけでもよいでしょう。おりこうに待っていられたら、飼い主が戻ってきたことに喜ぶ愛犬に「おすわり」などの合図をだし、落ち着いたタイミングで「ただいま」と一言。さらに愛犬をしっかり褒めて、少し遊んであげてください。

上手に留守番ができたら、次は少しだけ時間を延ばして練習です。 こうして留守番の成功体験を地道に重ねていきましょう。最初は不安に思っていた犬も、成功体験を重ねることで、次第に「いなくなっても戻ってくるんだな」、「自分ひとりでも大丈夫だな」と学習してくれます。そして、ひとりの時間を楽しめるようになってきます。

※関連記事
子犬がひとりになると鳴く…どうしたらいい?【獣医師監修】

すでに少しは留守番できる犬なら…

「すでに少しなら留守番ができる。でも、もう少し留守番できる時間をのばしたい…」という愛犬の話もよく耳します。そういった場合は、まずは間違いなく留守番ができる時間からトレーニングをスタートして、少しずつ少しずつ時間を延ばしていきましょう。

飼い主さんが戻った時の行動は…?

留守番のしつけ中で落ち着いてから扉を開けてもらう犬

一人で留守番していた愛犬の前に飼い主が姿を見せると、愛犬は嬉しくて飛びついてくるかもしれません。でも、そこはお互いにいったん落ち着いてから、「ただいま」とあいさつをする習慣をつけましょう。サークルで留守番をさせている場合は、「おすわり」などと合図をして、犬が落ち着いたらサークルの扉をあけるようにしてください。

留守番のしつけにご褒美のおやつは不要?!

留守番のしつけを成功させるため、上手に待っていた愛犬にご褒美のおやつを与えたくなるかもしれませんが、その必要はありません。それは、愛犬にとって、飼い主が帰ってきたこと自体が、すでにすばらしいご褒美になっているからです。

食べ物を与えるのであれば、留守番前に知育トイの中に食べ物を詰めて留守番中に楽しめるようにしてください。

※関連記事
【超基本】ご褒美のおやつは不要?!子犬の留守番練習

しつけの落とし穴…こんな時は留守番時間の見直しを

留守番させたら家がメチャクチャ!

留守番のしつけ中に家をめちゃくちゃにした犬

愛犬に留守番をお願いして外出し、帰宅したら、子犬がごみ箱をひっくり返しっていたり、トイレ以外のところに排泄していたりすると、「キ~!!!」と思わず叱ってしまいそうになるでしょう。でもそこは我慢! ぐっとこらえて、愛犬を責めないでください。

もしかしたら「お留守番させられた腹いせかも…」と思ってしまうかもしれませんが、それは違います。犬は不安で不安でたまらなくて、こうした困った行動をとってしまったのであり、わざと困らせようとしているのではありません。

こうした場合には、留守番時間が愛犬にとって長すぎたんだな…と理解して、留守番時間の見直しを。もう少し短い時間の留守番に挑戦させて、成功体験を重ねていけるようにしましょう。「ひとりでできた!」という経験を積むことこそが、留守番のしつけを成功させるカギとなります。

※関連記事
愛犬がペットシーツで遊んでグチャグチャにするときの対処法【獣医師監修】

出かけようとしたらキュンキュン鳴くようになった…

留守番をさせたあと、飼い主がでかける用意をするとキュンキュン鳴く、ソワソワしはじめるようになった…ということはありませんか?

これも、留守番をさせた時間が長すぎた可能性があります。再度留守番の準備が万全であるかを確認のうえ、留守番時間を短くして、「留守番は不安ではない」という経験を積んでもらいましょう。

留守番中の困った行動が改善しない時は専門家へ

留守番のしつけがうまくいかず困った行動をとる場合は動物病院へ

すでに留守番中に吠え続ける、物を壊す、トイレ以外の場所で排泄する、といった行動をとるようになってしまっている場合には、ご家庭のしつけだけで対応するのは難しく、専門的な行動治療が必要になる場合があります。

飼い主の不在に対する不安が極度に強い「分離不安症」となっている可能性があるためです。「分離不安症」になると、自分で不安な気持ちを落ち着けることができず、留守番中どころか、ちょっと飼い主さんの姿が見えなくなるととたんに「吠え」、「トイレ以外での排泄」、「破壊行動」、「自傷行為」、時には「嘔吐」をするなど、愛犬にとっても飼い主にとっても困った状況になってしまいます。

ここでご紹介した留守番のしつけを丁寧に試してみてうまくいかないようならば、まずはかかりつけの動物病院で獣医師に相談を。場合によっては、問題行動の治療を専門とする獣医師への紹介を受けるとよいでしょう。

ペットカメラを愛犬の留守番のしつけに役立てる方法も

犬の留守番のしつけにおすすめのカメラ

留守番のしつけ中に犬が感じる不安を減らせる

留守番のしつけにぜひ役立てていただきたいアイテムがあります。それはペットカメラ。飼い主が姿を消している間、愛犬が落ちついて過ごせているかを書くんすることができるため、大変便利です。

留守番のしつけ中、犬がソワソワしだしたり、不安そうな様子を見せそうならば、不安な様子になる前のタイミングを見計らって飼い主が姿を見せてあげるようにしましょう。犬が不安を感じることなく留守番の成功体験を重ねることが可能となるのです。

留守番を実践する時に飼い主が感じる不安を軽減できる

犬が落ち着いて留守番できる準備を整え、しつけをしっかりしていても、やっぱり犬の留守番に不安はつきもの。そんなときは、外出先からスマートフォンなどでリアルタイムの愛犬の様子を観察できる、見守り用のカメラを活用してみるといいでしょう。

上手に留守番できたように見えて、実は不安を感じていることが…

留守番のしつけの中で不安に気づいてもらえた犬

一見、問題なく留守番をしていたように見える犬も、実は留守番の間、不安からソワソワしていたり、吠えていたりするかもしれません。見過ごしてしまいがちな犬の留守番中のストレスを見つけてあげるためにも、ペットカメラはおすすめです。

【こんな機能も】温度センサーや声かけ機能のついているカメラも

最近では、犬の様子を画像で確認するだけでなく、カメラ周囲の室温が設定範囲外になるとスマートフォンに通知が来る機能を持つもの、スマートフォンごしに愛犬に声かけができる機能を持つものなど、より安心してお出かけができるようにするための様々な機能を持つカメラが販売されています。

愛犬の留守番をより安心なものにするため、ライフスタイルやお好みで選んでみてもよいですね。

※関連記事
はじめてますか?愛犬の命を守る熱中症対策<室内編>【獣医師監修】

犬の留守番のしつけはゆっくり時間をかけて

「留守番のしつけ」は愛犬の様子をしっかりみながらゆっくり進めていくことが大切です。じっくりと「留守番が得意な犬」を目指してトレーニングしていきましょう。

※関連記事
愛犬の留守番嫌いをこじらせるかも?おでかけ前のNG行動3選【獣医師監修】

※関連記事
犬の留守番のストレスを減らすためにできる6つのこと

関連記事

愛犬の早食いを防ぐ方法3選

愛犬の早食いを防ぐ方法3選

愛犬に早食いのクセはありませんか?愛犬の早食いが原因でフードが喉につまったり、むせてしまったりすることがよくある、という…