【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に玉ねぎは厳禁!食べたらどうなる?どうすればいい?【獣医師監修】

 

犬が食べてはいけない玉ねぎ

犬には絶対に玉ねぎを与えてはいけません。犬が玉ねぎを食べると、致死的な中毒を起こすおそれがあります。ここでは、犬が玉ねぎを食べたら起こることや、食べてしまったときの対応についてお伝えします。

犬が玉ねぎを食べたらどうなる?

犬が玉ねぎを食べたら何が起こる?

玉ねぎを食べてはいけない犬

犬が玉ねぎを食べると、玉ねぎに含まれる犬にとって有害な成分の作用で、犬は貧血を起こします。この貧血は非常に深刻で、命を落としてしまうこともあります。

もう少し詳しく言うと、この有毒な成分は 「有機チオ硫酸化合物」 。犬の赤血球内で酸素を運ぶ働きをしている赤い色素である「ヘモグロビン」を酸化します。すると、酸化されて異常をきたした「ヘモグロビン」を持つ赤血球は、犬の体内で次から次へと破壊されていくのです。このようにして、玉ねぎを食べた犬は、重度の貧血を起こします。

ご存知の通り、赤血球は体中の組織に酸素を運ぶという、とても大事な働きをしています。この赤血球が足りなくなってしまった状態というのは、とても深刻で、生命を維持することさえ難しくなってしまうのです。

犬が玉ねぎを食べたらどんな症状が出る?

犬が玉ねぎを食べて中毒を起こしたときに見られる症状には、次のようなものがあります。

  • オレンジ、赤、茶褐色といった異常な色の尿
  • 舌や唇の粘膜が白や薄いオレンジ
  • ぐったり元気がない
  • フラフラする
  • 食欲不振や嘔吐
  • 呼吸が荒い

犬が玉ねぎを食べたあとに見られる症状としては、「貧血」よりも「変な色のおしっこ」のほうが見つけやすいかもしれません。犬が玉ねぎを食べたことで破壊された赤血球は、やがて尿中に排泄されます。そのため、血色素尿と呼ばれる、オレンジ色や赤っぽい色、茶褐色のおしっこになるのです。

貧血が進行すると、舌や歯茎といった、普段ピンク色をしている粘膜の部分の色が薄くなったり、うっすらオレンジがかった色になったりします。 また、ぐったり元気がなくなり、呼吸が荒くなったりもします。

こういった症状は、犬が玉ねぎを食べてすぐに見られるわけではありません。翌日以降、数日くらいのうちに症状がでることが多いでしょう。

※関連記事
愛犬が血尿?!大至急病院に行くのはどんな時?【獣医師監修】

犬が玉ねぎを食べたら、大至急動物病院へ

症状が出ていなくても病院へ

犬が玉ねぎを食べたことがわかっているのなら、今すぐ動物病院へと急いでください。口元や歯にはさまった玉ねぎがありそうなら、噛まれないように気をつけて取り除いてあげましょう。ただし、無理は禁物です。

玉ねぎを食べてから数時間のうちに動物病院に行くことができれば、中毒物質が体内へ吸収される前に、吐かせたり、胃洗浄を行ったりの処置ができる可能性があります。体内に吸収される中毒物質の量を減らせれば、たまねぎ中毒で重症に陥らずにすむかもしれません。

玉ねぎ中毒は、症状が出るまで1日~長ければ3、4日程かかることがあります。たとえ症状が出ていなくても、玉ねぎを食べたことがわかった時点で受診することをおすすめします。受診の際は、食べたたまねぎの量や時間を正確に伝えましょう。

食べた玉ねぎを自宅で吐かせるのはNG

犬が食べた玉ねぎを吐かせるのに使ってはいけない塩

犬が玉ねぎを食べたことに気づいたからといって、自宅で吐かせようとすることはやめてください。

吐いたものを喉に詰まらせたり、吸い込んだりして呼吸困難を起こした時の対応ができないのがひとつの理由です。また、塩などを使って吐かせたり、水を大量に飲ませて吐かせたりといった方法は、たとえ食べた玉ねぎを吐き出すことができたとしても、不必要に多量の塩や水を摂取することによる健康への害が大きすぎるからでもあります。

※関連記事
犬が異物を誤飲した…その時、決してしてはいけないことは何?【獣医師監修】

症状が出始めている場合も、一刻も早く動物病院へ

玉ねぎを食べたことがわかっていて、犬の様子が少しでもおかしいと感じる時は緊急事態です。確実なことはわからないけれど、たまねぎを食べた「かもしれない」という場合も同じです。大至急動物病院へと急いでください。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

犬が食べると危険な玉ねぎの量は?

少量でも玉ねぎを食べると中毒を起こす可能性のある犬

犬がどれくらいの量の玉ねぎを食べたら死亡してしまうのかは、一概には言えません。

犬が玉ねぎ中毒を起こすかどうかは、犬それぞれの個体差が大きいとされています。また、その犬自身の年齢やそのときの健康状態によっても異なります。一度目が大丈夫だったから、二度目も大丈夫、などということもありません。どんなに少ない量だとしても、犬には玉ねぎを食べさせないでください。

加熱しても、エキスだけでも犬に玉ねぎはダメ

犬が食べてはいけない玉ねぎを含む肉じゃが

生だけでなく、加熱したもの玉ねぎであっても犬には与えてはいけません。また、玉ねぎのそのものを口にしなくても、そのエキスだけでも中毒に陥る可能性があります。

  • ハンバーグやお味噌汁、ギョウザ、すき焼きや牛丼の残りをおすそ分け
  • 人用の玉ねぎの入ったスープの出汁を活用した手作り食
  • 人の食事を作る時に玉ねぎを切ったまな板で愛犬用の食材を切った
  • 人用の食事を拾い食い

これらは、意図せず玉ねぎを食べさせてしまいがちなシチュエーションの例です。十分気を付けるようにしてください。

※関連記事
犬が拾い食い!危険なNG行為ととるべき対応【獣医師監修】

※関連記事
愛犬用の手作りフードにチャレンジする前に知っておくべきこと【獣医師監修】

玉ねぎは犬には絶対与えないで!

お隣のわんちゃんが大丈夫だったから、うちの子も大丈夫…なんてことは絶対にありません。玉ねぎの小さなかけらやエキスが出たスープなどが、時として大切な愛犬の命を奪うことを、きちんと理解しておくことが重要です。犬には玉ねぎを含んだ食べ物を与えない。万一食べたらすぐに動物病院へ。

※関連記事
愛犬が人間の食べ物を欲しがる…どうしたらいい?【獣医師監修】

関連記事