【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の生理中、散歩はどうする?【獣医師監修】

 

生理中で散歩に行かない犬

生理中であっても、愛犬の体調がよければ、マナーをきちんと守ることで散歩をすることはできます。ただし、犬の生理中の散歩には、愛犬の健康を守ると同時に、周囲の犬にストレスを与えないため、また、エチケットとしても、必ず守るべき注意点があります。

犬の生理が人と異なることを理解して、散歩させよう

犬の生理と妊娠可能な期間の関係を知ろう

犬の生理中の散歩について考えるとき、犬の生理について知っておくことが大切です。それは、犬の生理の期間と妊娠可能な期間、また、オス犬を発情させたり、メス犬がオス犬を受け入れたりする期間に密接な関係があるからです。

多くの犬の生理の周期は年2回

犬の生理は基本的に年2回、個体差はありますが、大体生後6〜10ヶ月頃から始まります。「ヒート」とも呼ばれ、避妊をしていない健康状態の良好なメス犬には必ず起こります。

犬の性周期は「発情前期・発情期・発情後期・無発情期」という4つの期間で1サイクル。避妊をしていないメス犬はこの4つの期間を生涯にわたって繰り返します。

このうち、いわゆる生理と呼ばれるような、外陰部から赤っぽい血や薄いピンクの血のようなものが垂れているのが目で見てわかる期間は発情前期~発情期にかけて。犬の生理は多くの場合は1週間~10日ほどですが、長ければ2~3週間近く続くこともあります。生理が続く期間には個体差があるのです。

犬の生理のはじまり 「発情前期」~オス犬を受け入れる「発情期」

いわゆる犬の生理がはじまるのは発情前期。外陰部が腫れたように膨らみ、発情出血と呼ばれる外陰部からの出血が始まります。発情前期は、7~10日ほど続く、排卵の準備段階にあたる期間。まだオス犬を受け入れることはありません。

この時期は、生理が始まり、外陰部が膨らむ以外にも普段と違った様子が見られることがあります。おしっこの回数が増えたり、食欲の低下、落ち着きがなくなるなどの症状も見られます。犬の発情出血の色は、薄いピンク色だったり、自分でなめとってしまったりして気づきにくい場合もあります。

発情期に入ると、だんだん発情出血の色が薄くなってきます。生理は終わりかな?と感じる時期ですが、この時期はメス犬はオス犬を受け入れる時期だということを覚えておきましょう。

発情期に入ると、約2〜3日で排卵が起こります。犬では、その前後約5日間が妊娠可能な期間です。

オス犬を受け入れることのない「発情後期」「 無発情期」

発情後期に入ると発情出血は見られなくなり、オス犬を受け入れることもありません。犬の性格の変化や食欲の低下も落ち着き、生理がはじまる前の様子に戻っていきます。この発情後期は2か月ほど続き、無発情期へと入ります。無発情期は、卵巣が休止している期間。発情期~発情後期以外の期間はすべて無発情期です。

※関連記事
犬の生理って?「生理じゃない出血」は病気のサイン?【獣医師監修】

犬の生理中、体調がよければ散歩はできる

生理中だが散歩をしたくて外を見る犬

犬の生理中、散歩をすること自体は問題ありません。ただ、あまりに元気がなかったり、だるそうにしている場合は無理に散歩をさせる必要もありません。散歩はお休みして、室内でゆっくり過ごさせてあげましょう。

生理中でも外に出たそうにしている、運動不足と感じる、ストレスが溜まっていそう、といった場合には、無理のない程度に散歩に連れて行ってあげましょう。

犬の生理中の散歩で気を付けること

犬が生理の時に散歩をすること自体は可能ですが、気を付けなくてはならないことがあります。犬の生理中に散歩を楽しむ場合は、飼い主が普段以上に愛犬の管理を徹底してください。

①生理中の散歩は、オス犬に会わないように場所と時間帯に配慮する

生理中なので散歩の時間帯をずらしている犬

望まない妊娠を防ぐためにも、また不要なストレスを周囲の犬に与えないためにも、散歩をする時には、可能な限りオス犬に会わないようにする工夫が必要です。

オス犬には発情期というものがなく、メス犬の生理中のフェロモンを感じ発情します。生理中の犬の散歩中にオス犬に遭遇すると、オス犬がメス犬を追いかけまわしたり、一瞬のうちに交尾をしてしまったりといったことが起こりえます。また、発情したオス犬にとって、交尾を許されないことは大きなストレスともなります。

生理中の犬との散歩は、他の犬が多い時間帯を避け、公園などの犬が集まる場所にも近づかないようにしてください。また、どうしても他の飼い主さんとすれ違う必要がある場合には、あらかじめ生理中であることを伝えてからすれ違うといった気遣いをするのがマナーです。

ドッグカフェやドッグランの利用は、たとえ生理用パンツを着用していても控えてください。

②犬の生理用パンツ(マナーパンツ)を使用して散歩する

生理なので散歩用の生理用パンツを使っている犬

犬の生理の時の発情出血の量には個体差があり、中にはポタポタと垂れてしまう犬もいます。散歩中に道路など公共の場を汚さないよう、犬の生理用パンツを使用しましょう。

出血量がそれほど多くない犬の場合であっても散歩に生理用のパンツは必須です。それは、万一の予期せぬ交配に備えるため。時間や場所に気を付けていたとしても、念のため生理用のパンツは必ず着用して散歩に行ってください。

※関連記事
ついやってない?犬との散歩、NGマナー6つ!

※関連記事
ドッグランに行く前にチェック!マナーとルール【獣医師監修】

犬の生理中は、体調と相談し、マナーを守って散歩を

犬の生理中も、体調がよければ、マナーを守ったうえで散歩をしてもOKです。犬の生理は人間の生理とは異なります。このことを理解し、デリケートになりがちな生理の期間を少しでも快適に過ごせるようにしてあげましょう。散歩中の喧嘩や交配といったトラブルは、ほんの一瞬の出来事。愛犬の生理中の散歩には、飼い主がいつも以上に気を遣う必要があることを知っておいてくださいね。

※関連記事
【獣医師監修】子犬の避妊手術の時期、「若いうちに」って、具体的にはいつ?

※関連記事
犬の不妊手術。知っておきたい基礎知識と実際の流れ【獣医師監修】

※関連記事
発情期のメス犬の過ごし方の注意点<場面別に解説>

関連記事