【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にチョコレートは厳禁。食べたときの症状と対処【獣医師監修】

 

犬が食べると危険なチョコレート

犬にチョコレートを与えてはいけません。犬はチョコレートを食べることで死亡することもあります。今回は、犬がチョコレートを食べたときの症状と、万一のときの対処法についてです。

犬がチョコレートを食べた時の症状は?

犬のチョコレート中毒の症状は、犬がチョコレートを食べてから、6~12時間以内、早ければ1~4時間で現れます。犬がチョコレートを食べてすぐに適切な治療を受けなければ、消化管からの吸収が進むにつれて状態は悪化していき、量によっては死亡してしまいます。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 呼吸困難
  • 頻尿、尿量増加

上記のような症状からはじまり、時間とともに状態は悪化します。

  • 脱水症状の進行
  • パンティング(はあはあする)
  • 震え
  • 不整脈や頻脈

犬が摂取したチョコレートの量が増えてくると、心臓への毒性が現れてきます。

  • 痙攣
  • 昏睡

さらにたくさんの量のチョコレートにより痙攣などの症状が発現します。そうして、昏睡状態となり、やがて死亡します。

犬のチョコレート中毒の原因は?

犬が食べると中毒を起こすチョコレート

チョコレートを食べた犬に中毒症状が出る原因は、主にチョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質にあります。テオブロミンは、中枢神経、心臓血管、腎臓、骨、筋肉に作用し、様々な中毒症状を引き起こします。犬は人間と比較してテオブロミンへの感受性がとても高く、また、テオブロミンが代謝されて犬の体外に排出されるスピードも非常に遅いため、こういった深刻な中毒症状を起こすのです。

チョコレートには、脂肪分による膵炎のリスクもある

いわゆる犬のチョコレート中毒とは別に、チョコレートに含まれる脂肪分が犬に膵炎を引き起こすきっかけになることもあります。膵炎は激しい嘔吐を繰り返し、やがて死亡することもある深刻な病気です。

※関連記事
ホームパーティーに注意。犬に与えると危険な食べ物7選【獣医師監修】

犬がチョコレートで中毒を起こす量は?

犬がチョコレートで中毒を起こす量についてはっきりしたことを言うことはできません。これは、下記の例のように中毒量に影響を及ぼす因子が複数あるからです。

  • チョコレートに対する感受性(敏感さ)の個体差
  • 空腹時にチョコレートを食べたのかどうか
  • 食べたチョコレートの種類
  • 犬の健康状態
  • 犬の年齢

犬がチョコレートを食べた時に中毒を起こすかどうかは、食べた量だけからは判断できません。中毒症状が出るとされている量よりもずっと少ない量のチョコレートしか口にしていない場合でも決して油断できません。自己判断はせず、必ず速やかに動物病院で診察を受けてください。

体重の軽い犬、ブラックチョコレートは危険性が高い

チョコレートの中毒のリスクが高い体重の軽い犬

当然ですが、体重の小さな犬であればあるほどチョコレートの危険性は高くなります。また、ブラックチョコレートはミルクチョコレートに比べてより少量で中毒を起こすおそれがあります。

ざっくりとした計算では、体重5kgほどの小型犬がブラックチョコレート半分ほど、セミスイートのチョコレートを1枚ちょっと、 食べただけで中毒量に達してしまうとされています。ただし、これはあくまで参考値。 テオブロミンの含まれている量はメーカーや商品によっても異なることを知っておきましょう。

一方、ホワイトチョコレートは中毒を起こすような量のテオブロミンは含まれていません。しかし、上述の通り豊富な脂肪分により膵炎を起こすリスクがありますので、ホワイトチョコレートであっても犬には与えてはいけません。

製菓用チョコレートやココアパウダーは特に危険

犬でチョコレート中毒の危険がある製菓用チョコレート

板チョコのように見るからにチョコレートとわかるものだけが犬にとって危険なわけではありません。ココアパウダーや製菓用のチョコレートは、かなり高濃度のテオブロミンを含み、犬にとって大変危険です。チョコレートやココアパウダーを使ったパンやアイス、ケーキは絶対に犬に与えないでください。

※関連記事
犬にマカダミアナッツはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

犬がチョコレートを食べた時の対処

チョコレートの量や種類、症状の有無にかかわらず動物病院へ

チョコレートの種類によらず犬が食べると危険

犬がチョコレートを食べたとわかったら、量や種類、症状の有無にかかわらず、すぐに動物病院に連絡して受診してください。治療が早ければ早いほど、救命につながります。

このとき、犬が食べたものがわかっているなら、パッケージや食べ残したチョコレートを持参しましょう。また、嘔吐をした場合は、吐き出したものも持って行くか、写真をとっておき、診察の時に見せてください。獣医師がより的確な判断をするために必要な材料となります。

動物病院では、犬がチョコレートを食べてからの時間や症状によってさまざまな検査や処置を行います。早いタイミングで受診することができれば、薬を使って食べたチョコレートを吐かせたり、麻酔下で胃の中身を洗浄したりして、中毒物質の吸収をできるだけ食い止める処置を行います。経過を観察するために入院となることも少なくありません。そのうえで、全身状態を維持し、中毒物質をできるだけ早く体外へと排泄させるための点滴や薬の投与も行うこととなるでしょう。さらに場合によっては、酸素投与や呼吸の補助、痙攣を抑えるための薬の投与など、それぞれ症状に応じた処置を行います。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

犬が食べたチョコレートを家で吐かせようとするのは絶対にダメ

犬が食べたチョコレートをその場で吐かせようとは決してしないでください。

自宅で吐かせようとすることは、犬にとって大きな負担となるうえに、大変危険です。胃の中で溶けたチョコレートは、胃の壁にあるヒダやしわにネバネバくっついてしまいがち。ですから、単に吐かせただけでは不十分であることも少なくありません。 また、吐いたものを吸い込んでしまうと呼吸困難や肺炎を起こすおそれがあります。

そうこうしている間にも、チョコレートに含まれるテオブロミンはどんどん体内へと吸収され、中毒症状をより深刻なものにしてしまう可能性もあるのです。

※関連記事
犬が異物を誤飲した…その時、決してしてはいけないことは何?【獣医師監修】

愛犬がチョコレートを食べたらすぐ動物病院へ

犬がどんなに欲しがっても、決してチョコレートを食べさせてはいけませんし、誤って食べてしまうような状況も起きてはなりません。万が一、チョコレートを食べてしまっら、たとえどんなに少量でも気づいた時点ですぐに動物病院に連絡し、受診してください。

※関連記事
犬はりんごを食べられる!与え方と7つの注意点【獣医師監修】

※関連記事
有害!キシリトール入りのお菓子を絶対に犬に与えないで!【獣医師監修】

関連記事