【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の「ハウス」のしつけ。効果的な練習方法は?【獣医師監修】

 

犬のハウスのしつけとは、「ハウス」の合図で決められた場所(ハウス)に自ら入り、そこで落ち着いていられるようにすること。自らハウスに入るだけでなく、そこでゆったり過ごせるようになることで、思った以上に多くの場面で役立つしつけとして完成します。愛犬の生涯にわたって必須であるハウスのしつけ、ぜひ成功させましょう!

「ハウス」のしつけのゴールは?

「ハウス」のしつけで目指すところは、「『ハウス』の合図で愛犬が自らサークルやクレートに入り、そこで落ち着いて過ごせるようになること」です。

「ハウス」の合図でハウスに向かえるだけでなく、ハウスで眠ることができたり、愛犬が不安を感じた時に自らハウスに入って、気持ちを落ち着けることができたりすると理想的。

「犬を狭いハウスに入れるなんてかわいそう」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。犬はもともと、土を掘って作った狭い巣穴を住居としていました。ハウスという薄暗い自分だけの居場所を作ってあげることは、犬がリラックスして過ごすためにとても大切なのです。

犬のハウスのしつけの効果的な方法

①クレートを普段から自由に入れる場所に設置する

ハウスのしつけを効果的に進めるには、ハウスが愛犬にとってリラックスできる場所にならなくてはなりません。まずは、犬が快適に過ごせて、さらに家族の姿が見えて安心できるような場所を1か所選びましょう。そこをハウスの場所として、扉を開けたクレートを設置しておきます。練習の時だけクレートを出してくるのではありません。普段からハウスに慣れ親しみ、いつでも好きな時に入れるようにしておくことがポイントです。

ちなみにハウスはケージやサークルでも良いですが、クレートやキャリーバッグといった持ち運びできるものがオススメ。クレートやキャリーバッグのサイズとしては、犬が中で立ちあがり、方向転換できればOKです。小さいと感じるかもしれませんが、犬はこういったほら穴のような形の場所に「こもる」ことが大好きですので心配いりません。

②大好きなおやつでハウスへ誘導

まずは、犬の好きなおやつを使ってハウスの中へ誘導しましょう。おやつはハウスの中に置いてもいいですし、愛犬の目の前で投げ入れてもOK。大切なのはハウスを警戒させないこと。お尻をギュウギュウ押して押し込むようなことはしないでください。

これを何度か繰り返し、投げ入れるおやつを少しずつ奥の方にしていくことで、犬は「ハウスに入ると良いことがある」と思い、自らハウスに入るようになります。

③「ハウス」の言葉でハウスに入る

②でお尻までハウスに入ることに抵抗がなくなったら、「ハウス」の指示を覚えましょう。

「ハウス」の指示に使う言葉は必ず統一します。「ハウス」や「入って」などと、指示をする言葉が何種類もあると、犬が混乱してしまうからです。ハウスのしつけを始める前に、家族で相談して決めておきましょう。ハウスを指示する言葉が決まったら、おやつを投げ入れるふりをしながら「ハウス」と声をかけ、クレートの中へと誘導します。

犬が全身すっぽりとハウスの中に入り、「あれ?おやつがないよ?」と言った様子でくるりと向きを変えて犬が正面を向いた瞬間、褒めながらおやつをあげましょう。

これを数回繰り返して、「『ハウス』の合図でハウスに入って、正面を向くと良いことがある」と覚えてもらいましょう。

④扉を閉めてみる

「ハウス」の合図でハウスに入ることに慣れてきたら、そっと扉を閉めてみます。犬が「閉じ込められた!」と感じないように、ハウスの中で正面を向いた愛犬に知育玩具やおやつ、ガムなどを与えて、夢中になっている間にさりげなく扉を閉めてください。

その後、様子を見ながら、犬がまだ知育玩具やおやつに夢中になっている間を見計らって、扉を開けてください。出てきたら、しっかりと褒めてあげましょう。ハウスに嫌な印象を持たせないため、犬が「あけて!」と要求する前に開けてあげることが大事なポイントです。

犬がハウスの扉を閉めた状態に慣れてきたら、少しずつハウスで過ごす時間を長くしていきます。愛犬の様子を見ながら、隙間からご褒美のおやつを追加していきましょう。そうすることで、ハウスの中に長くいることに段々と慣れていきます。このときも、ある程度の時間を見計らい、犬が「開けて!出して!」とアピールしだす前にハウスの扉を開けて、「偉かったね」と褒めながら外に出してあげましょう。

⑤ハウスの中で、ゆったり過ごす

ここまで来たら、ハウスの中で過ごす時間を伸ばしていきましょう。「ハウス」の合図でハウスに入ったら、隙間から愛犬の様子が見えるハウスから少し離れた場所で、しばらく過ごしてみてください。本を読んだりするのもいいですね。ここでも愛犬の様子を見ながら時々、隙間からご褒美のおやつを追加していきます。

ハウスの中でまったり過ごし、やがて眠れるようになったら、それはハウスの中が安心できる場所になっている証拠。ハウスのしつけは大成功です!

⑥いろいろな場所で「ハウス」を練習する

ハウスの中でゆっくり過ごせるようになったら、今度は家の中で場所を変えながら練習をしてみるのがおススメ。そうすることで、どんな場所でもハウスが安心でき、ゆったり過ごせる場所になっていきますよ。

ハウスのしつけを効率よく成功させるコツ

ハウスに警戒心を持たせないようにする

本来であれば、犬の様子をよく見ておき、「出して!」とアピールする前にハウスから出してあげる必要があります。もしもタイミングを逃して、犬が出してほしそうにアピールしてきた時には、すぐに扉を開けて出してあげましょう。

急にハウスに入ることに抵抗をしめすようになった場合は、ハウスへの警戒心がでてきてしまっている状態。警戒心を解いてあげるところから時間をかけながら練習をしましょう。

当然ですが、無理やり引きずってハウスに入れたり、いたずらをした罰としてハウスに閉じ込めることも絶対にNG。ハウスのしつけの目的は、犬がリラックスして過ごせる空間を作ってあげることです。恐怖心を与えては逆効果です。

※関連記事
ハウスを警戒して中に入らない犬へのNG対応4つ【獣医師監修】

運動や遊びで満足しているタイミングでハウスのしつけを練習する

「ハウス」のしつけは、ハウスの中でまったり過せるるようになるためのもの。遊びたいモードの時は、練習には不向きです。遊びや運動をたっぷり楽しんだあとの、心身ともに満たされていて、リラックスできるタイミングで練習をするのがおすすめです。ほどよく疲れていれば、心地よくなってハウスの中で眠ってしまうこともありますよ。

「ハウス」のしつけが役立つ場面色々

愛犬が既にハウスに入ることを苦手に感じていたりすると、「ハウス」のしつけには少々根気が必要です。でも、暮らしの中では「ハウスのしつけをマスターしておいてよかった」という場面が必ずあります。生涯を通して役立つ大事なしつけでもありますので、あきらめることなく練習を繰り返しましょう。

①怖いこと、嫌なことがあった時の避難スペースとして

雷が怖い愛犬や、家族以外の人が苦手な愛犬には、特にハウスのしつけが役立ちます。ハウスが犬にとっての安全基地となっていれば、嫌なこと、苦手なことがあったときの避難場所として役に立つのです。

※関連記事
雷や大雨。怖がる愛犬のために準備したい2つの安心グッズは?

②愛犬との外出がもっと楽しくなる

ハウスのしつけは、犬を連れての外出にも役立ちます。ハウスをクレートで練習しておくことで、車での移動もしやすくなりますし、公共交通機関の利用ができることもありますよ。

※関連記事
愛犬とのドライブが楽しみになるコツ8連発!

③動物病院の受診がしやすくなる

「ハウス」の中が犬にとっての「安心基地」になっていることは、動物病院を受診するときにも役立ちます。他の犬や慣れないにおいなどで不安を感じやすい待合室でも、安心基地であるクレートやバッグに入ることで、より落ち着いて待つことができるでしょう。病院内での思わぬ事故を防ぐこともできます。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

④万一の時の避難の時には必須

災害などが起きて避難所での生活を余儀なくされた時、愛犬はクレートやバッグの中で過ごさなくてはなりません。ハウスをして落ち着けるようにしつけをしてあると、避難生活で愛犬にかかるストレスを大きく軽減することにつながります。また、「いざ避難を」というときにも、ハウスのしつけがしっかりできていれば、よりスムーズに避難ができるでしょう。

※関連記事
災害時や避難が必要になった時に役立つ犬のしつけ6選【獣医師監修】

ハウスのしつけを成功させて、毎日を穏やかに

人と同じで犬にとっても自分だけのテリトリーを持つことは、毎日を安心して、穏やかに過ごすのに必要なこと。さらに、ハウスのしつけがきちんとできることは、通院やおでかけといった外出の際の飼い主の安心にもつながります。ハウスは生涯を通して必要な大事なしつけ。時間がかかることもありますが、根気よくゆっくりと覚えさせてあげましょう。

※関連記事
クレートトレーニングを成功させる方法は?【獣医師監修】

関連記事