【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

愛犬のしぐさから気持ちを読みとる簡単な方法

   2022/09/22

気持ちが読みやすい犬のしぐさ

「しっぽを振る=うれしい」「お腹を見せる=甘えてる」などの「犬のしぐさについての解説」を一生懸命勉強したことのある方も多いのではないでしょうか。ところが、いざ愛犬を見たときに、「あれ?本当にうれしいのかな?」「本当に甘えてる?」と感じたことはありませんか…?愛犬のしぐさから気持ちを読み取るには2つのポイントがあります。今回はそのポイントについてご紹介します。

ポイント①重心

一つ目のチェックポイントは、犬の重心の位置。重心が前にかかっている場合は強気な状態、つまり自信があってイケイケな状態ですね。一方、へっぴりごしのように重心が後ろにかかっている場合は、弱気になってしまっている状態、つまり自信がなく、「ひいて」しまっている状態です。

ポイント②緊張感

二つ目のチェックポイントは、しぐさや表情に緊張感があるかどうかです。愛犬が何かのしぐさをするとき、身体に力が入っているでしょうか。それとも力が抜けているでしょうか。力が入っているなら、緊張や興奮、何かに集中している状態にあるということです。力が抜けている様子なら、リラックスしているということがわかります。

犬は「わかってくれる」飼い主さんをどんどん好きになる!

犬がちょっとしたしぐさで見せる色々な感情は、なかなか一言では言い表せません。そんな言葉にしづらい感情は、飼い主だからこそわかってあげることができるもの。そして、わかってくれようとする飼い主を見て、愛犬はより飼い主への信頼を深めてくれるはずです。愛犬が健康で幸せに過ごせるように、愛犬のしぐさから気持ちを読み取る達人になりましょう!

※関連記事
犬のストレス、気づいていますか?サインを見抜き、上手に解消してあげよう!

子犬のしつけにおすすめのこいぬすてっぷ

関連記事

勘違いされがちな犬の行動5選

勘違いされがちな犬の行動5選

犬は様々なしぐさや行動で自分の気分を表現します。例えば、しっぽを振っていたら「嬉しい」、お腹を見せたら「撫でて欲しい」な…