【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬のしつけ、いつから始める?【獣医師監修】

   2022/08/08

子犬のしつけ、いつから始めるのがよいのでしょうか。答えは、子犬をお迎えしたその日から。名前を教えたり、トイレを教えたりといったしつけから無理なく始めましょう。

子犬のしつけは「お迎えしたその日」から

子犬のしつけは、子犬をお迎えしたその日からはじめます。

しつけらしいことを何もしないうちに何日か過ぎちゃった…という方もご心配なく。おそらく無意識のうちにしつけをはじめているはずですよ。

  • 子犬に名前を教えるしつけ
  • トイレのしつけ
  • 家の中のルールのしつけ

子犬をお迎えしてから、すでに何日も経過しているという方でも、これらの3つのことは実践していることがほとんどでしょう。

これらは、しつけの中でも特に大事な3つ。これらを実践しているのであれば、しつけは始められているのです。

お迎えした日からはじめたい3つのしつけ

子犬に名前を教えるしつけ

しつけをはじめている子犬

子犬に、名前を呼ばれることが大好きになってもらうことが、初日から始めるしつけの大きなミッション。子犬が自分の名前を好きになってくれると、これから行う様々なしつけが行いやすくなりますし、子犬も安心して暮らせるようになります。

「子犬が名前を呼ばれる=嬉しい!」と感じられるように、優しく名前を呼びながら体を撫でたり、ごはんをあげたりしましょう。ただし、はじめての環境に、不安を感じているようなら、無理は禁物。緊張している子犬の体を無理やり撫でまわすようなことはしないでください。

子犬が自分の名前を大好きでい続けられるようにするため、このしつけは生涯にわたってずっと続けてあげてください。

トイレのしつけ

トイレのしつけをはじめている子犬

「トイレのしつけ」も子犬がおうちに来た日からはじめたいしつけ。一緒に暮らしていくうえで、トイレで排泄をするというルールを学んでもらうことは必須ともいえます。

子犬が幼いうちは、トイレの回数も多く失敗しがちですが、怒ったり罰を与えたりはしてはいけません。できるだけたくさん成功できるようにこまめにトイレに連れていき、うまくできたときにしっかりと褒めることで、少しずつ成功率を上げていくのがしつけのポイントです。

家の中のルールのしつけ

しつけを始める時期の子犬

入ってはいけない部屋や場所、のぼってはいけない場所など、家庭で決めたルールは初日から一貫して守らせるのも大事なしつけ。子犬が入ってから叱るのではなく、叱らなくてすむように最初から入れないようにゲートを設置するなどの対策が欠かせません。

対策をしっかりしたうえで、ご家族が見ていられる時間帯に、犬が入ってもよいと決めた場所だけを探検させるようにしてください。決して、サークルから出した子犬から目を離さないでくださいね。

まだ家庭の雰囲気になれておらず、警戒して自分から出てこようとしないなら、無理やり外に出すことはせず、子犬が自分で出てくるのを待ってください。

暮らしに慣れてきたらはじめたいしつけ

お手入れの練習をしたり、色々なコマンドを教えたりといったしつけは、子犬がおうちでの暮らしに慣れてきたら、子犬のペースにあわせてゆっくり進めていきましょう。

「必ずこの月齢から教えなくてはいけない」などといった決まりはありません。

ブラッシングなどのケアを快く受け入れられるようになるしつけ

ブラッシングなどのケアをストレスなくできるようになるため、「飼い主さんが体を自由に触れるようになる」「体を触られることが大好きになってもらう」というしつけも必要です。

子犬の様子を見ながら、暮らしに慣れてきたタイミングで始めることをおすすめします。

「おすわり」「おて」「ふせ」のしつけ

しつけをすすめている子犬

「おすわり」「おて」「ふせ」などのしつけは子犬が自宅での暮らしに馴染んできてから、じっくり進めましょう。「おすわり」をマスターしたら、「ふせ」や「おて」といったように、一つずつステップアップしてください。

これらは、犬を落ち着かせたり、他の様々なしつけのベースともなったりするので、早めにマスターしたいしつけではあります。とはいえ、まだ新たな暮らしに慣れていない段階でこうしたしつけを詰め込むことは、子犬にとって大きな負担になってしまいます。

※関連記事
犬の「おすわり」はいつから教える?【獣医師監修】

最初のしつけは子犬が家に来た日から、あとは子犬にあわせて進めよう

しつけの習得には個体差がありますし、子犬の性格も大きく関係します。清潔を保ち、子犬の安全を守るために必要なしつけは初日から、「おて」や「おすわり」などのコマンドは暮らしに慣れてから、焦らずゆっくり教えてきましょう。

子犬のしつけにおすすめのこいぬすてっぷ

関連記事