【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

室内犬の熱中症、5つの予防対策【獣医師監修】

   2022/08/04

熱中症対策をしている室内犬

犬は室内にいても熱中症にかかります。室内での犬の熱中症対策について確認しておきましょう。

①必ずエアコンを適切に使用する

室内犬の熱中症対策として大事なエアコン

犬の熱中症対策の基本は、犬が過ごす室内の「温度」と「湿度」の両方を下げること。送風機能や扇風機などで風を送るだけでは、室内犬の熱中症対策としては不適切です。もちろん、窓をあけて風を通すだけといった対策も熱中症の危険があります。

室温は25℃程度、湿度は50~60%を目安に調整を。ただし、適切な室温や湿度は、犬により個体差がありますし、犬の年齢や筋肉や脂肪の量、室内での運動量などにも左右されます。犬が自ら快適に調整できるように、ブランケットなどを置いた暖かいスペースも用意しておくことをおすすめします。犬の様子を見て、エアコンの設定も適宜調節してください。

また、犬が過ごす位置は私たちより床に近いので、温湿度計を犬の過ごす高さに設置して、こまめに確認しましょう。

②直射日光対策を行う

直射日光対策も忘れずに。

遮光カーテンやすだれで日陰を作るなどの工夫をしましょう。特に、サークルを設置する場所にはご注意を。季節や時間により日差しの入る角度が変わることも考慮しましょう。

③いつでも好きなだけ水が飲めるようにしておく

室内犬の熱中症対策として水をしっかり飲む犬

室内で過ごす犬の熱中症対策に、水分は必須です。

新鮮なお水をいつでも飲めるように用意してください。複数個所に設置してくとよいでしょう。また、設置した水を十分に飲んでいるかも定期的に確認してください。

※関連記事
犬の一日の飲水量の目安【獣医師監修】

④室内遊びでも、こまめにクールダウンを

犬と遊ぶ時は、室内でも、興奮しすぎる前にクールダウンさせて熱中症を予防してください。室内でも遊びに夢中になりすぎると、犬の体温が上がって熱中症になる可能性があります。

⑤体力づくりをする

熱中症の予防対策に、体力作りは欠かせません。

睡眠時間やリラックスできる時間をしっかりと確保してください。睡眠やリラックスのための環境づくりも大切です。快適な室温、湿度を保ち、犬のリラックスタイムには不必要に声掛けをしないように。触れるとひんやりするようなマットや夏素材のベッドなどを用意して、犬が快適に感じる空間を作るのもひとつです。

また、ごはんをしっかり食べないで体力が低下すると、暑さに耐える力もなくなります。できるだけしっかり食べられるように工夫をして、熱中症にかかりにくい体作りをしましょう。

暑くて食欲にムラが出るなら、いつものドライフードをお水でふやかすなどして、少し食べやすくしてあげるのがひとつの方法。ご飯と一緒に水分補給もできます。レトルトフードやウェットフードを少し混ぜてあげるのも、食欲を刺激するよい方法です。

ただし、食欲不振が続いたり、全然食べなかったり、元気がなくなったりということがあるようならば、早めに動物病院を受診へ。

※関連記事
「犬がハアハアしてる」よくある4つの理由と異常の見分け方【獣医師監修】

室内でも犬の熱中症対策は必須です

熱中症は、命に係わります。室内でも油断は禁物。しっかり熱中症対策をしてあげましょう。

※関連記事
犬の熱中症!冷やすべき4つの場所【獣医師監修】

※関連記事
愛犬との雨の日の過ごし方

子犬のしつけにおすすめのこいぬすてっぷ

関連記事