【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬に絶対誤食させてはいけない食べ物7選【獣医師監修】

 

犬に絶対誤食させてはいけない食べ物

私たちが楽しむ食べ物には、犬が誤食すると命を落としかねない、危険なものがたくさんあります。今回は、犬のいるご家庭で知っておくべき、犬に絶対に誤食させてはいけない食べ物についてです。

①チョコレートを含む食べ物

犬が誤食すると危険なチョコレート

犬に誤食させてはいけない食べ物として、非常に有名なチョコレート。犬がチョコレートを食べると、数時間のうちに痙攣などの症状を起こして死亡することがあります。

板チョコだけでなく、チョコクリームやココアも犬は食べられません。もちろんチョコレートを含むケーキ中もNG。決して犬が誤食することがないように、おこさまにもしっかりと教えてあげましょう。

※関連記事
犬がチョコレートを食べたらどうなる?対処法は?【獣医師監修】

※関連記事
犬にマカダミアナッツはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

②キシリトールを含む食べ物

キシリトールは、ほんの少量の誤食でも、急速に深刻な低血糖となって命にかかわる中毒を起こすことが知られています。

キシリトールは犬には絶対NG。キシリトールを含むお菓子を決して犬に食べさせないでください。

※関連記事
犬にキシリトールは絶対ダメ。食べたら急死することも!【獣医師監修】

③ぶどう、レーズンを含むジュースや食べ物

犬が誤食すると危険なブドウ

ぶどうやレーズンも犬に食べさせてはいけません。ぶどうジュースやレーズンを使用した食べ物も危険です。

ぶどうは、犬に深刻な腎臓機能の障害を起こす恐れがあります。絶対に犬に食べさせたり飲ませたりはしないでください。

※関連記事
犬にブドウはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

④アルコール類

お酒も犬には絶対飲ませてはいけません。当然、故意に与えるようなことはあってはなりませんし、誤って飲むこともないようにしてください。

アルコール中毒は命にかかわります。犬では、ほんのちょっとでも命にかかわるような深刻な事態となりかねないことを意識しておいてください。

※関連記事
犬にお酒は絶対NG!舐めたり飲んだりした時は…【獣医師監修】

※関連記事
犬に甘酒を与えてもいいの?【獣医師監修】

⑤玉ねぎを使った食べ物

犬が誤食すると危険なオニオンリング

玉ねぎを犬が誤って食べると、命に係わる深刻な貧血を起こすことがあります。

サラダやオニオンリング、タルタルソース、サンドイッチ、ハンバーグなど、玉ねぎを仕様したお料理はたくさんあります。たとえ加熱してあっても犬は中毒を起こしますし、エキスだけでも危険です。玉ねぎをよけたとしても、玉ねぎと一緒に煮込んだ煮物の煮汁もすべて犬は食べることができません。

玉ねぎと同様、ネギやニンニクも犬が口にすると危険ですので、絶対に誤食させないようにしてください。

※関連記事
犬に玉ねぎは厳禁!食べたらどうなる?どうすればいい?【獣医師監修】

※関連記事
犬にニンニクを与えないで!ニンニクは中毒を起こすおそれのある危険な食材

⑥アボカド

犬が誤食すると危険なアボカド

パーティーメニューとしてもよく登場するアボカド。アボカドも犬が食べることはできません。

アボカドの中毒については、はっきりわかっていないこともたくさんありますが、嘔吐や下痢、呼吸困難といった中毒を起こすおそれがあります。与えないようにしてください。

また、アボカドの種の誤食も、気道や消化管閉塞を招きます。後始末を確実に行うようにしてください。

※関連記事
犬にアボカドはダメ!食べたらどうなる?どうする?【獣医師監修】

⑦揚げ物など脂肪分の多い食べ物

犬が誤食すると危険な揚げ物

揚げ物をはじめとする、油脂を多く含む食べ物は犬に食べさせてはいけません。

特に、から揚げのような肉類の揚げ物は、犬が好んで食べたがりますが非常に危険。また、生クリームも脂肪分が多いため食べられません。犬に与えないことはもちろん、うっかり落として誤食することも絶対にないようにしてください。

脂肪分の多い食材は、急性膵炎の原因のひとつです。急性膵炎を起こすと、激しい腹痛とともにひどい嘔吐や下痢を繰り返し、死亡することもあります。

※関連記事
ヘルシー?栄養満点?犬が食べられる肉の種類と食べさせる時の注意【獣医師監修】

※関連記事
犬にパンを与えてもOK?絶対ダメなパンもある?【獣医師監修】

誤食は犬の命にかかわることを知っておこう

誤食で愛犬が苦しい思いをしないよう、日ごろから十分注意をしてください。人の食べ物の誤食は、時に命にかかわることをぜひ知っておいてください。

※関連記事
飼い主の食事をおねだりする犬への対処法【獣医師監修】

誤食についても学べるマガジンの入ったワンスマイルボックス

関連記事