【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬もインフルエンザにかかるの?【獣医師監修】

   2021/11/22

人のインフルエンザには感染しない犬

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症。インフルエンザウイルスは、人だけでなく犬をはじめとした動物へも感染することがあります。ただし、人(飼い主さん)から犬、犬から人(飼い主さん)への感染を心配する必要はまずありません。今回は、犬とインフルエンザの関係について解説します。

犬には犬のインフルエンザがある

犬には「犬インフルエンザ」があります。これは、犬インフルエンザウイルスに感染することで起こる病気で、咳や発熱といった症状がみられます。インフルエンザにかかった犬は、犬インフルエンザウイルスを排泄し、他の犬に感染する可能性もあります。

日本では犬インフルエンザの報告はない

犬インフルエンザの発生は海外での報告。日本ではこれまで犬インフルエンザは報告されていません。

日本で犬のインフルエンザワクチンの接種はできない

現在、日本で犬のインフルエンザワクチンを接種することはできません。一般的な5種以上の混合ワクチンに含まれる「パラインフルエンザウイルス感染症」は犬インフルエンザとは別のウイルスによる感染症です。

犬インフルエンザウイルスが海外から入ってくる可能性はゼロではない中、私たちに実施できる対策は、健康管理をしっかりと行い、異常を感じたら早めに動物病院を受診すること。また、飼い主さん自身も、散歩からの帰宅時には石けんと水で手を洗うなど、普段から行っている基本の対策を継続しましょう。

人のインフルエンザが犬にうつることも、まずない

人のインフルエンザがうつることはない犬

飼い主さんのインフルエンザ(人インフルエンザウイルス)が犬に感染して、犬がインフルエンザにかかったという報告はありません。人のインフルエンザが犬に感染することは、通常はないものと考えられています。

動物種によって型が異なるインフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスは、感染する動物種ごとにウイルスの型が異なります。人には「人インフルエンザウイルス」、鳥には「鳥インフルエンザウイルス」、馬には「馬インフルエンザウイルス」そして、犬には「犬インフルエンザウイルス」が感染します。

基本的に、異なる種類の動物に動物種を超えてインフルエンザウイルスが感染することはありません。

ただ、ごくまれな例外はあります。海外では、鳥インフルエンザが変異して、犬や猫に感染したと考えられているケースがあります。ですから、同様に人インフルエンザウイルスが何らかの原因で突然変異を起こして犬に感染することも絶対にないとは言い切れません。とはいえ、現在までに行われてきた数々の研究の中で、犬から人への感染は証明されていませんので、心配しすぎる必要はないでしょう。

心配しすぎず基本の健康管理を

愛犬のインフルエンザを心配しすぎる必要はありません。健康的な食生活や適度な運動、規則正しい睡眠、日々の健康チェック、飼い主さん自身の基本的な感染症対策などの健康管理をしっかり続けましょう。

関連記事