【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬がニラを食べたときの危険な症状と対処法【獣医師監修】

 

犬が食べたら危険なニラ

ニラは犬に決して与えてはいけない食べ物です。犬はニラを食べることで命にかかかわる中毒を起こす可能性があるからです。

犬がニラを食べたことで起こる可能性のある症状

犬がニラを食べたときの症状でチェックしたい口の中の粘膜
  • 舌や口の中の粘膜が薄ピンクや白っぽくなる(上の写真が健康な状態)
  • 赤やオレンジ色の尿(血色素尿)
  • ぐったりして動きたがらなくなる

ニラには、犬の赤血球を破壊する成分が含まれます。これは、玉ねぎやネギ類、にんにくの中毒と同様です。ニラに含まれる成分が体内に吸収され、赤血球が破壊されることで、ニラによる中毒症状が現れます。

ニラの中毒では赤血球が破壊されて貧血が進んでいくため、尿の中に壊された赤血球の色素が混ざってオレンジ色や赤色っぽくなります。これを血色素尿と呼びます。

また、貧血が進行すると、舌の色が薄いピンクや白っぽくなっていきます。赤血球が壊れた影響で、粘膜が薄いオレンジや薄黄色のように見える場合もあります。

さらに、体中に酸素を運ぶ働きをする赤血球が壊されていくことで、元気がなくなり、歩きたがらない、ぐったりしているといった症状へと進んでいきます。

ニラ以外のものも一緒に食べた場合は、他の症状が先に起こることも

犬が食べたら危険なニラの入った餃子

ニラを単独で食べたのではなく、例えば餃子やニラ玉、レバニラのような、ニラを含んだお料理を犬が口にした場合は、貧血や血色素尿といった、ニラによる特徴的な中毒症状よりも先に、嘔吐や下痢といった症状が起こることも考えれます。

これは、犬がニラを食べてから、ニラによる中毒症状が出るまでには少々時間がかかるからです。ニラによる中毒症状は、口にした成分が吸収され、赤血球を壊すことで起こる症状。一概にはいえませんが、1日以上たってから症状がみられることもあります。

一方、ニラによる中毒症状がはっきりしない場合でも、特に油分の多い食べ物を食べることで嘔吐や下痢を激しく起こすような急性膵炎を起こしたような時には命にかかわります。

※関連記事
飼い主の食事をおねだりする犬への対処法【獣医師監修】

犬はニラをどれくらい食べると危険?

どのくらいの量のニラを食べると危険であるかについては、はっきり言うことができません。

これは、犬の体質や健康状態、年齢、病歴、また、一緒に食べたものの有無や最後にごはんを食べた時間など、様々な要因によって、腸から吸収される量や、体内から中毒を起こす物質を排泄する効率が左右されるからです。

ニラを口にした犬が必ず命の危険にさらされるとは限りませんが、状況と経過をきちんと把握するため、犬がニラを食べたことに気づいたら、必ず動物病院を受診してください。

犬がニラを食べたことに気づいたときの対応

直後や最中なら、大至急動物病院へ

  • 大至急動物病院へ
  • 口の周りや歯についた食べ物の残りをきれいにする(噛まれないように)

犬がニラを食べたことに気づいたら、必ず動物病院に連絡をとってください。特に、犬がニラを食べた直後、もしくは最中に気づいたのであれば、動物病院で吐かせる処置を行うことで、中毒になることを避けられるかもしれません。

噛まれないように注意しながら、口の周りや歯についている残りの食べ物をきれいに取り除いて、それ以上食べないようにすることも大事です。細かく切っていないニラならば、うまくかみきれなくて飲み込めずに口元にのこっているかもしれません。

すでに飲み込んだニラを自宅で吐かせようとすることは、きわめて危険。吐かせようとすることで命を落とすことにもつながりかねないので、絶対に行ってはいけません。

時間が経過しているなら、できるだけ早く動物病院へ

犬がニラを食べてから時間が経過してしまっている場合は、気づいた時点でできるだけ早く動物病院を受診してください。

このとき、食べたものとその量、経過時間を伝えられるように準備しておいてください。すでに大半が吸収されている可能性が高いと考えられる場合は、状況次第で点滴やお薬で排泄を促す場合もありますし、特に処置は行わずに慎重に経過観察を行う場合もあります。

食べてから時間がたって何事もないように見えたとしても自己判断は禁物です。必ず動物病院を受診してください。

犬がニラを食べたら、必ず動物病院へ

犬がニラ、またはニラを含んだ食べ物を食べることは、危険なことだと認識しておきましょう。万一食べてしまった時には必ず動物病院を受診してください。

※関連記事
犬に塩は本当にNGなの?【獣医師監修】

※関連記事
犬の早食い防止対策3選【獣医師監修】

関連記事