【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

【2021年】エキノコックス感染の問題とは?愛犬との暮らしで必要な対策は?【獣医師監修】

 

犬との暮らしで気を付けるべきエキノコックス

2021年10月、「愛知県知多半島にエキノコックスが定着した」との報道がありました。エキノコックスは、キタキツネや犬から人に感染して深刻な病気を起こす寄生虫ですが、北海道にお住いの方以外にとっては、あまりなじみがないかもしれません。ここでは、愛犬と暮らす方に知っておいていただきたい、エキノコックスについての基本的な知識と対策について解説します。

エキノコックスとは

エキノコックスとは、主にキタキツネをはじめとしたイヌ科の動物とノネズミとの間で感染が広まっている寄生虫の名前です。

長らく、エキノコックスは北海道だけに存在すると考えられてきました。しかし、2005年には埼玉県で捕獲された犬の糞便から、また、2014年4月には愛知県知多半島で捕獲された野犬からエキノコックスの虫卵が確認されるなど、本州の様々な地域でエキノコックスが確認されてきています。中でも、愛知県の知多半島では2014年以降、複数年にわたって感染が確認されていることから、国立感染症研究所が「半島内で定着した」との見解を示したことが報道されたのです。

なぜ、エキノコックスが問題になっているのか

犬から人へと感染するエキノコックス

エキノコックスが問題視されているのは、キタキツネや犬から人に感染することがあり、深刻な病気を引き起こす人獣共通感染症の原因だからです。

エキノコックスは、キタキツネや犬の腸で虫卵を産み、虫卵が犬やキタキツネの排泄物とともに排出されます。この虫卵を人が何らかの拍子に飲み込むことで、人に感染するのです。具体的な状況としては、エキノコックスに感染したキツネや犬の便で汚れた食物や川の水などを人が飲み込み、その食物や水に付着していたエキノコックスの虫卵を飲み込むことで感染します。

犬は、エキノコックスに感染していたとしてもほとんど症状をしめしません。ですから、犬がエキノコックスに感染していることに気づかず、一緒に暮らしている飼い主さんが感染してしまう可能性があるのです。

こうして人の体内にエキノコックスの虫卵が入ると、体内で孵化して幼虫になります。そして、肝臓をはじめとする体の色々な臓器で嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋を作り、肝硬変を進行させるなど、臓器障害を起こすのです。エキノコックスの嚢胞ができた病巣は、手術で切除する以外に有効な治療はありません。

しかも、エキノコックスに感染してから、症状がではじめるまでには5~15年という年月がかかります。ですから、感染していることがわかったころには、大変深刻な病状となっていることが少なくないのです。

※参考記事
国立感染症研究所 エキノコックス症とは

愛犬と暮らす方のためのエキノコックス対策

犬と暮らす人のエキノコックス対策

エキノコックスに感染したキタキツネや犬の便が人への感染源となります。そのため愛犬と暮らす飼い主さんは、ご自身の感染対策と同時に、犬がエキノコックスに感染しないようにする必要があります。

犬への感染対策

  • 室内飼育の徹底
  • ノーリードでの散歩をしない
  • 散歩中に愛犬から目を離さない
  • ノネズミを追いかけさせない

犬がエキノコックスに感染するのは、犬がエキノコックスに感染しているノネズミを食べた場合。ですから、愛犬は屋外で放し飼いにはせず、室内飼育を徹底しましょう。さらに、散歩中にノーリードにすることが無いように、また、ノネズミを追いかけて遊ぶことがないようにすることが愛犬への感染対策となります。

人への感染対策

  • 野山に出かけたら、よく手を洗う
  • 沢や川の水を飲まない
  • 野犬や野生動物にむやみに触れない
  • 愛犬の排泄物を確実に処理する

エキノコックスに感染したキタキツネや犬は、便の中に大量の虫卵を排泄し、これが人への感染源となります。ですから、キタキツネや犬の便に汚染されている可能性のある飲み物や食べ物を決して摂取しないようにしてください。また、愛犬の排泄物の処理も確実に行ってください。

愛犬がエキノコックスに感染しているか心配なときは…

愛犬がエキノコックスに感染しているかどうか、飼い主さんが気づくことは困難です。それは、エキノコックスに感染した犬の便に排出される虫卵は肉眼では確認できないうえ、通常、エキノコックスに感染した犬が症状を示すことがないからです。

キャンプやアウトドアなどで川の水を飲んでしまった、ノネズミを追いかけていたことがある…など、愛犬へのエキノコックスへの感染が心配な場合は、かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。万一、愛犬にエキノコックスが感染していた場合、駆虫薬で駆除することができます。

愛犬と飼い主さんの基本的な衛生管理を継続しましょう

2021年の報道時点では、愛知県知多半島のエキノコックスは、まだ蔓延しているという状況にはないと見られています。しかしその一方で、今後、北海道や愛知県以外の地域でもエキノコックスが確認される可能性は十分にあります。これからも愛犬と飼い主さん自身の基本的な衛生管理を継続していきましょう。

※参考記事
愛知県衛生研究所 エキノコックス(多包条虫)調査-検査結果月報

※参考記事
感染症発生動向調査 厚生労働省/国立感染症研究所

※参考記事
マダニが犬に寄生して起こる深刻な病気とは…【獣医師監修】

※参考記事
ノミダニの予防はいつまで続けるの?【獣医師監修】

※参考記事
狂犬病の予防注射、絶対に必要なの?【獣医師監修】

関連記事