【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬が食べられる夏の果物3選と絶対NGの果物【獣医師監修】

 

犬が食べられる夏の果物

夏の果物の中には、犬が食べることのできるはいくつかあります。その一方で、犬が決して口にしてはいけない果物もあります。今回は、健康な犬がトッピングやおやつとして楽しみやすい夏の果物と絶対に与えてはいけない果物をご紹介します。

犬が食べられる夏の果物①すいか

犬が食べられる夏の果物であるスイカ

スイカは夏に犬と楽しみやすい果物のひとつです。できるだけ種を除いた赤い果肉の部分を一口サイズにして、おやつやご褒美に与えることができます。

犬にスイカを与えるときは、塩は振らずに食べさせてあげてください。

甘くておいしいスイカは、犬が好むことの多い果物。当然、食べすぎは健康を害します。連日、たくさん食べ続けることのないようにしてください。

※関連記事
犬へのスイカの与え方と注意点【獣医師監修】

犬が食べられる夏の果物②桃

犬が食べられる夏の果物である桃

桃も犬と一緒に楽しめる果物です。犬に与える前に皮をむいて、必ず種をはずしてから、おいしい果肉の部分だけを一口サイズにして与えてください。

桃の種は、ゴツゴツしているために犬の消化管に詰まりやすく、大変危険です。よく熟れたもものおいしい香りにつられて、まるごと食べてしまった…などということが決してないようにしてください。

※関連記事
桃を犬に与える時の大事な注意点【獣医師監修】

犬が食べられる夏の果物③梨

犬が食べられる夏の果物である梨

夏から秋にかけて長く楽しめる果物、梨。甘くて水分たっぷりなので、梨が大好きな犬も多いようです。

よく熟れた梨の皮や芯、種を取り除いて、果肉のおいしい部分を一口サイズにしたり、すりおろしてジュースのようにしたものを、おやつとして与えると食べやすいでしょう。

決して与えてはいけない果物は「ブドウ」

犬が食べられる夏の果物であるブドウ

ブドウは、犬に決して与えてはいけない果物です。犬はブドウ中毒を起こすおそれがあることが知られてきています。実際に、犬がブドウを食べたことで急性腎不全で死亡したとの報告もあります。

中毒を起こす物質についての詳細はわかっていないため、サイズにかかわらず、また、皮の有無にもかかわらず、ブドウは絶対に犬に与えないでください。

※関連記事
犬にブドウはダメ!食べたらどうなる?【獣医師監修】

与えすぎには気を付けて夏の果物を楽しもう

甘い果物は犬が喜ぶことが多いもの。食べすぎで体調を崩すことのないようにしなくてはなりません。普段の食事のドッグフードが食べられないことのないように、また、連日たくさんの果物を与えることのないように気を付けましょう。

※関連記事
犬が食べられる夏の野菜5選【獣医師監修】

関連記事