【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の熱中症!冷やすべき4つの場所【獣医師監修】

 

熱中症にかかった犬

犬が熱中症かもしれない、と思ったとき、効率よく体温を下げるには、冷やす場所を正しく選ばなくてはなりません。今回は、犬が熱中症かもしれないときに冷やすポイントについてです。

熱中症で優先的に冷やすべき4つの場所

  • 全身(流水で濡らして風を当てる)
  • 首元(氷を当てる)
  • わき(前肢の付け根に氷を挟む)
  • 鼠径部からおなかにかけて(後肢の付け根に氷を挟む)

体全体

熱中症のときに冷やすのは身体全体

熱中症が疑われるときには、まずはとにかく犬の体に流水をかけて風にあて、体全体の熱を下げることを試みてください。

この方法であれば、氷が手に入らない状況や、氷をあてられることを嫌がる場合でも対応できます。

犬の体にシャワーやペットボトルの水などをたっぷりとかけてください。氷水は必要なく、常温の水で大丈夫です。できれば流水を何度もかけたほうが効果的に体温を下げられます。さらに、バスタオルを体にかけることで、水が流れていくことを防げます。

体に水をかけるときには、毛の間に蓄えられた熱を逃し、地肌までしっかりと水で濡らすことを意識しましょう。危険なので、顔にはバスタオルも水もかけないでください。

全身を濡らし、室内であればエアコンで室温をできるだけ下げ、扇風機やうちわで風を送ってください。屋外なら、日陰で風通しの良い場所でうちわであおぎます。

首元

犬の熱中症で冷やす場所

氷が用意できる環境が整っているのであれば、ビニール袋に氷と水を入れて氷嚢(ひょうのう)を作って、犬の体を冷やす方法もとれます。保冷剤も使えますが、決して食べたりかじったりさせないようにしてください。

首元を冷やすときには、首輪を外して、首筋にかけてのラインを冷やしてあげましょう。 犬の体と氷嚢の間にタオルを1枚挟んで、冷やしすぎを防いでください。

わき(前肢の付け根)

犬が熱中症になったときに冷やす場所

前肢の付け根の、いわゆる脇の下にあたる部分も、熱中症が疑われるときに冷やしたいポイントのひとつ。

とはいえ、犬が立ち上がれないような状態だと、緊急受診が必要です。動物病院に向かいつつ、病院に到着するまでの間、前肢の付け根の間に保冷剤を挟んであげるとよいでしょう。

意識がはっきりしていて立つことができる状態ならば、無理せず、できる範囲で飼い主さんが手を添えてあげてください。

鼠径部からおなかにかけて (後肢の付け根)

犬の熱中症で冷やす鼠径部

鼠径部と呼ばれる、後肢の付け根の部分も、熱中症の応急処置で冷やす場所のひとつです。可能であれば、鼠径部からおなかにかけての部分に保冷剤をあててあげてください。

犬が立ち上がることができる状況では、鼠径部を冷やすのは難しいかもしれません。犬が横向きで寝た状態で立ち上がれないようなら、内腿の付け根からおなかにかけてを目安に冷やし、動物病院に向かいましょう。

体温が下がっても、必ず動物病院へ

ハアハアとあえぐような呼吸がおさまってきたら、一旦冷やすのを中断し、様子を見ながら必ず動物病院へ。冷やしすぎもよくありません。

緊急時ならとにかく全身に流水を

犬に熱中症の症状が見られたら、まずはできるだけ涼しい場所へ。一刻を争う応急処置では、顔まわりを除いた全身に流水をかけて風を当てるのが最優先。同時に保冷剤や氷嚢を準備して、大きな血管のある部分を冷やしつつ動物病院へ急ぎましょう。

※関連記事
犬の体が熱い…緊急性や必要な対応とは?【獣医師監修】

※関連記事
熱中症になりやすい犬の特徴8つ【獣医師監修】

関連記事