【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬へのきゅうりの与え方【獣医師監修】

 

犬へのきゅうりの与え方

健康な犬であれば、きゅうりは与えても大丈夫な野菜。歯ごたえが良く、みずみずしいきゅうりが大好きという犬も少なくありません。今回は、犬へのきゅうりの与え方や、きゅうりを与えるときの注意点をご紹介します。

犬へのきゅうりの与え方

皮はよく洗い、小さく切るかすりおろす

犬にきゅうりを与えるときは、きれいに洗い、生のまま小さく刻むか、すりおろしてフードのトッピングとして使うとよいでしょう。ヘタは必ずとってください。子犬や高齢犬、消化機能に不安がある場合には、皮を剥いて与えるとよいでしょう。

犬にきゅうりを与えるときの注意点

長いままのきゅうりを与えない

きゅうりを長いままで犬に与えることは避けましょう。大きいままのきゅうりを丸飲みすると、のどに詰まらせてしまうおそれがあります。のどを傷つけたり、窒息にもつながるため危険です。

きゅうりには味付けをしない

犬にきゅうりを与えるとき、塩もみは不要です。マヨネーズやドレッシングなどの味付けも不要です。

調味料には、にんにくやたまねぎといった犬が食べられない食材が含まれることがよくあります。また、過剰な油脂や塩分も犬の健康を害します。

※関連記事
犬に塩は本当にNGなの?【獣医師監修】

きゅうりの与えすぎに注意

きゅうりはおやつとして活用しやすい野菜ですが、与えすぎには要注意。きゅうりでおなかいっぱいなってしまい、主食のドッグフードが食べられなければ、必要な栄養が取れません。

犬の健康な体作りには、「総合栄養食」と記載されているドッグフードを主食にするのがおすすめ。しっかりドッグフードで栄養が取れるように、きゅうりは少量のおやつやフードのトッピング程度にするのがおすすめです。

※関連記事
総合栄養食とは…?愛犬の食事選びに必須の知識【獣医師監修】

きゅうりのアレルギーに注意

はじめて犬にきゅうりを与えるときは、ごく少量だけにして様子を見るようにしてください。

万が一、アレルギー症状が出てもすぐに動物病院を受診できるように、与えるときは動物病院の診療時間内にすることをおすすめします。

病気療養中の犬はかかりつけに相談を

キュウリを与えるまえにかかりつけに相談にきた犬

アレルギー性の病気はもちろんのこと、病気療養中の犬や投薬中の犬の場合、きゅうりを与える前にかかりつけの獣医師へ相談することをおすすめします。特に普段療法食を食べている犬では、必ず確認しておきましょう。

注意点を守って安心&安全にきゅうりを与えよう

健康な犬であれば、生のままきゅうりを食べることができます。上手に活用することで夏場の水分補給にも役立ちます。犬にきゅうりを与えるときは、注意点をチェックして、安心&安全に与えてあげてくださいね。

※関連記事
犬にキウイを与えたい時に知っておくべき5つの注意【獣医師監修】

関連記事