【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

暑さに弱い犬の特徴は?

 

暑さに弱い犬

暑さに弱い犬や、体温調整が苦手な犬にはいくつかの特徴があります。今回は、暑さに特に弱い犬の特徴と対処法をご紹介します。

暑さに弱い犬の特徴①短頭種

暑さに弱い短頭種の犬

ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグ、ボストンテリア、シーズー、チワワ、ペキニーズのような短頭種は、体温調節が苦手で暑さに弱い傾向があります。

ハアハア舌を出して呼吸をしはじめたら、涼しい場所で休憩を。熱中症にかからないように細心の注意を払ってください。

※関連記事
「犬がハアハアしてる」よくある4つの理由と異常の見分け方【獣医師監修】

暑さに弱い犬の特徴②長毛、ダブルコート

暑さに弱いダブルコートの犬

ダブルコートの犬は、被毛の間に熱を貯めこみやすく、体温を下げることが苦手なため、暑さに弱い傾向があります。被毛が長かったり、密に生えている犬では特に注意が必要です。

長毛やダブルコートの犬は、普段よりも毛を短めにする「サマーカット」をしてあげるのもひとつです。ただし、紫外線や熱を十分遮断できないほどに短くカットしすると、かえって暑さを感じるうえに皮膚にダメージを与えるおそれがあります。サマーカットには、トリミングサロンや動物病院で相談しながら行いましょう。

ブラッシングは、被毛の間に蓄えられた熱を逃がしてあげるのに役立ちます。体調管理の一環として、こまめにブラッシングしてあげることをおすすめします。

※関連記事
「常に洋服に毛が付いている…」犬の抜け毛対策の王道2つと裏技2つ!

※関連記事
ブラッシングが嫌いな犬のための練習方法【獣医師監修】

暑さに弱い犬の特徴③毛色が黒

暑さに弱い黒い被毛の犬

黒は太陽の熱を吸収しやすい色。そのため、毛色が黒い犬や濃い色の犬は、白い犬よりも晴れた日の暑さが体に与える影響が大きくなりがちです。

散歩は、朝と日没後にするなどの配慮をしてください。夏場の日中に外に出る必要があるのなら、薄手の服を一枚着せてあげるとよいでしょう。もちろん、黒や濃い色の服は避けて、白などできるだけ薄い色のものを選ぶことをおすすめします。

暑さに弱い犬の特徴④北方原産の犬

暑さに弱い北方原産の犬

寒い国が原産となっている犬種は、一般的に暑さに弱い犬が多い傾向にあります。厳しい寒さに耐えられるために、 被毛がしっかりとしていることが多く、熱をこもりやすいためです。シベリアンハスキー、グレート・ピレニーズ、サモエドなどが該当します。

できるだけ被毛の間に熱がこもらないように、こまめにブラッシングをしてください。日中の屋外での運動を避け、こまめな水分補給を行うといった暑さ対策は特に念入りに行いましょう。ペット用のクーラーマットなどのひんやりグッズの活用もあわせて行うと良いでしょう。

暑さに弱い犬の特徴⑤肥満の犬

暑さに弱い肥満の犬

肥満の犬は、熱を効率よく逃がすことができません。太りすぎで気道が圧迫されるほどになると、呼吸による体温調整も難しくなり、さらに体温があがりやすくなります。

肥満の犬は、まずは標準体型に戻すことが大切です。とはいえ、急なダイエットは健康を害します。ダイエットは計画的に、暑さの本番を迎える前から時間をかけて実行してください。まずは食事管理。散歩は涼しい時間帯、涼しい場所で無理のない範囲で行いましょう。

※関連記事
犬の肥満によるリスクとは?【獣医師監修】

※関連記事
愛犬のダイエット成功のために実践するべき5つのこと【獣医師監修】

暑さに弱い犬の特徴⑥高齢犬、子犬

暑さにい弱い高齢犬

高齢犬や子犬は、体温調整が上手にできない傾向があります。特に好奇心旺盛な子犬は要注意。限界以上に走り回ってしまって、急にぐったりしてしまう、ということもおこります。

高齢犬や子犬では、飼い主さんが環境を整えてあげることが最も重要です。夏場の特に気温が高い時期の散歩や運動は、早朝や日没後の短時間で済ますようにしてください。

※関連記事
愛犬の元気で快適なシニア期のためにしておきたい6つのこと【獣医師監修】

暑さに弱い犬の特徴⑦持病のある犬

持病のある犬の場合も、暑さに対する耐性が落ちていると考えておきましょう。

持病を抱えている犬では、まずは持病の治療やコントロールをすることが必要です。症状に合わせて無理のない生活を送りましょう。

※関連記事
犬に多い心臓病、僧帽弁閉鎖不全症の犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

暑さに弱い犬は特に厳重に対策を

愛犬が暑さに弱い場合には、まだそこまで暑さのひどくない春の時期からしっかりと対策をとることがとても大切です。元気に夏を過ごしてくださいね。

※関連記事
留守番する犬のための熱中症対策。6つのポイント【獣医師監修】

関連記事

犬の服の上手なサイズの選び方

犬の服の上手なサイズの選び方

犬の服はサイズの選び方が難しいものです。サイズが適切でないと、犬が不快感を覚えて服嫌いになってしまったり、ケガのもとにな…