【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にノミがいたときにするべきこと【獣医師監修】

 

ノミがいたが正しく対処してもらった犬

犬の体にノミがいたときの対処法や、やりがちな誤った対処法をご紹介します。

犬にノミがいたら、動物病院を受診して

ノミの駆除には動物用医薬品が必要

犬の体からノミを確実に駆除するには動物用医薬品が必要です。犬の体にノミがいたら、できるだけ早く、かかりつけの動物病院を受診しましょう。動物用医薬品のノミ駆除薬であれば、短時間でノミを死滅させるうえに、一定の期間は新たなノミの寄生からも犬を守ってくれます。

ノミは繁殖力が非常に強く、爆発的に増えるため、できるだけ早く動物病院を受診して駆虫することをおすすめします。ノミの被害が人にも及ぶことも珍しくありません。確実な方法で迅速に駆虫しなければ、犬と人の両方が長くノミの被害に悩まされるおそれがあります。

ノミ対策を見直す

動物病院でノミ対策を見直してもらっている犬

動物病院で購入したノミ駆除薬を使って犬のノミ対策を行っていたのにノミがいた場合は、かかりつけの獣医師と相談しながら予防対策の見直しをしましょう。まずは、処方された駆除薬が指示通りに使えていたかの確認から。特に背中に塗るタイプの薬の場合は、塗り方を目の前で確認してもらってください。薬液が被毛についてばかりで、十分皮膚に浸透していなかった、というケースはとてもよくあります。また、状況によっては、駆虫薬の種類の変更が必要になるかもしれません。

動物用医薬品以外の、虫よけグッズやノミ取り首輪などを使って対策をしているつもりになっていた場合には、これを機に必ず動物病院で処方される動物用医薬品のノミ駆除薬の定期投与をはじめてください。動物用医薬品以外のノミ対策のアイテムでは、効果が不十分です。

継続的にノミ駆除薬を使用する

ノミの駆除薬は、動物病院で指示された期間をあけて継続する必要があります。

1度で薬をやめてしまうと、薬の効果がきれた頃、家の中に落ちて残っていたノミの卵から生まれたノミや散歩中に出会うノミに再度寄生されます。こうして、延々とノミに悩まされることになります。ノミの駆除薬は獣医師の指示通り、継続して正しく使用してください。

※関連記事
犬のノミダニ対策、6つの間違い【獣医師監修】

隅々まで掃除する

犬の体にノミがいたので掃除をしているところ

犬の体にノミがいたら、犬と過ごしていた生活環境からのノミの駆除も必要です。ノミは犬の体から飛んで移動し、毛布やクッションといった布製品に付着したり、掃除機のゴミパックの中に潜んだりします。

犬が使う毛布やクッション、サークル、クレートなどを徹底的に掃除し、可能なかぎり洗濯をしたうで、天日干しするのがおすすめ。掃除機を使ったあとは、こまめにゴミパックを交換するのを忘れずに。

ノミの殺虫効果がある室内用の燻煙剤を使うのもひとつです。

※関連記事
換毛期のお悩み…愛犬の抜け毛だらけの部屋のお掃除テクニック

熱湯消毒できるものは熱湯消毒までしておきたい

クレートやトイレトレーのように、熱湯消毒ができるものは熱湯消毒まで行っておきたいところです。熱湯消毒を行う際には、各グッズの取扱説明書をよく確認しましょう。

動物用医薬品以外のノミ対策グッズでは駆除できない

犬の体にノミがいた時のケアで適切とはいえないのは、動物用医薬品以外のノミ対策グッズを用いたノミの駆除。動物用医薬部外品や、動物用医薬外品にも該当せず、雑貨に分類されるようなノミ対策グッズでは、犬についたノミを確実に駆除できません。ノミとり首輪や虫よけスプレーなどは、いずれも効果は不十分だと考えておきましょう。

動物用医薬品以外のノミグ対策グッズを使うのであれば、動物用医薬品のノミの駆除薬を正しく使用したうえで、あくまでサブグッズとして使用してください。

シャンプーだけでノミの駆除はできない

自宅でのシャンプーで、犬の体についたノミを完全に駆除することはできません。一部のノミと卵、ノミ糞を洗い流せるだけです。ノミは素早く、あっという間に被毛の内側などの泡や水流の届きにくい場所に逃げて生き延びます。

シャンプーをしたとしても、そのあとで必ず動物用医薬品のノミ駆除薬を正しく使用してください。

手やノミとりグシではとりきれない

犬についたすべてのノミを手やノミ取りグシで取り除くのはまず不可能です。

ノミの成虫が犬の被毛の表面にいるときは、飼い主さんでも発見できます。しかし、それはほんの一部のノミにすぎません。ノミは薄暗く湿気た場所を好むため、ほとんどが犬の毛の根元に隠れています。見つけるのが難しいたけでなく、すばやく動き回ってすぐに別の場所に隠れてしまいます。しかも、ノミの繁殖力はすさまじく、おびただしい数のノミが被毛の奥にひそんでいる可能性もあるのです。

ノミを指でつぶすと被害が広がる可能性も

犬の体をブラッシングしているときにノミを見つけても、つかまえて指や爪でつぶしてはいけません。

見つけたノミが卵を持っていると、指や爪でつぶすことで、その卵を周囲に巻き散らす恐れがあります。また、瓜実条虫と呼ばれる消化管寄生虫を体内に持つノミだった場合には、犬も人も瓜実条虫に感染する可能性があります。

犬の体にノミがいたら動物病院へ

犬の体にノミがいた場合は、すぐに動物病院を受診して、短時間でノミを死滅させられるようなノミ駆除薬を処方してもらいましょう。シャンプーや市販のノミ取りグッズ、手作業で犬の体についたノミを完全に駆除することはできません。

※関連記事
犬に寄生したノミがもたらす病気とは…【獣医師監修】

関連記事