【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬が散歩で歩かない…4つの理由と対処法【獣医師監修】

   2021/02/04

散歩に出たが歩かない子犬

子犬がお散歩で歩かないのには、いくつか理由があります。犬にとって、散歩は必要で大事な時間。気分転換、運動不足の解消、本能的な行動であるにおいかぎ、社会との触れ合いなど、散歩のメリットは数え切れません。本格的に散歩嫌いになってしまう前に、理由にあわせた対処をしましょう。

①リードやハーネスが嫌いで歩かない

リードやハーネスを装着された状態が嫌で歩かなくなる子犬はたくさんいます。だからといって、リードやハーネスを装着せずに散歩をさせるのは非常に危険です。家の外では、絶対にリードやハーネスを外した子犬を歩かせないでください。

自宅でリードやハーネスをつける練習を

子犬がリードやハーネスが嫌で散歩で歩かないのなら、家の中でリードやハーネスを付ける練習を。とはいっても嫌がる子犬に無理やりハーネスをつけようと格闘したり、押さえつけて無理やりつけたりするのはNGです。

元気いっぱいはしゃいでいるタイミングではなく、子犬がまったりリラックスしている時間帯を選んで練習してください。子犬を撫でたり、褒めたりしながらそっと首輪やリードを装着してみましょう。フードをつめたお気に入りのおもちゃに夢中になっている間に装着するのもおすすめです。

装着に成功したら、すぐにそのままごほうびのドッグフードを。少し慣れてきたら、装着してすぐ遊んであげるのもとてもよいご褒美になります。その後、子犬がハーネスやリードを気にしはじめる前に、「偉かったね」と褒めながらはずしてあげましょう。これを繰り返せば、徐々に子犬はリードやハーネスの感覚に慣れていきます。また、リードやハーネスを付けるといいことがある!と覚えてしまえば、快く受け入れてくれるようになりますよ。

散歩で歩かなくても、毎日抱っこで散歩を楽しもう

歩かないので抱っこで散歩する子犬

リードをつけると歩かなくなるからといって、散歩を全くせず家から出ないというのはおすすめできません。毎日、抱っこやキャリーバッグでお散歩に出かけましょう。公園のベンチなどで、お昼のフードを食べるのもいいですね。

風が吹く感覚、街の騒音、他のわんちゃんの声…子犬にとっては、家の外の世界の全てが新鮮なもの。子犬のうちからたくさん散歩に出かけて楽しい経験を積むことで、物事に動じない、ビクビクしすぎない犬に育ちます。

ただし、リードを付けていない子犬が事故に遭うことがないように、地面に降ろしたり、子犬を離したりはしないでください。

※関連記事
子犬の抱っこ散歩を始める時期と3つの注意点【獣医師監修】

②散歩が怖くて歩かない

家の外には、子犬にとって知らないことがたくさんあります。ですから、散歩に出たものの、道行く人、通り過ぎる自転車や車、外の世界のすべてのものが怖いと感じて歩けなくても不思議ではありません。

このような子犬に無理をさせると、「散歩なんて大嫌い!」と思うようなトラウマを与えてしまうことも。ですから、外が怖くて散歩で歩かない子犬には特に慎重な対応が必要です。

楽しい経験をさせ、安心させるよう声掛けしながら慣れるのを待つ

子犬に怖がって散歩で歩かないようならば、決して急かさず、子犬が外の環境に慣れてくるまで待ってあげましょう。子犬の隣にしゃがんで、撫でながら「大丈夫だよ、怖くないよ」と優しく声をかけてあげるのもよいですね。子犬は安心できたり、気持ちが落ち着いたら歩き出すことも多いものです。

たとえ今日の散歩でうまく歩けなくても、子犬にとっては「外の世界を経験した!」という、とても大きな意味があります。散歩に出たものの、結局歩かずに飼い主さんと公園のベンチで時間が過ごしてしまったとしても、問題ありません。子犬にとってはとても大きな意味のある時間になっているからです。

※関連記事
犬の社会化期はいつまで?絶対しておくべきことは?【獣医師監修】

※関連記事
社会化期を逃した犬の社会化はできないの?【獣医師監修】

向き合ってしゃがんで「おいで」をしてみる

子犬は、目の前に大好きな飼い主さんが見えていれば、安心して歩き出すことがあります。周囲の安全を確認したうえで、リードをつないだままで1mほど離れた場所でしゃがみ、「〇〇ちゃんおいで!」と名前を呼んであげてください。足元まで歩いて来たらしっかりとほめて、フードをあげ、「上手にこれたね!一緒に行こ!」と散歩を再開してみましょう。

散歩する場所を変えてみる

歩かないので散歩の場所を変えた子犬

少し待っても子犬がかたまって歩かない時は、散歩をする場所を変えるのもひとつです。静かな公園などで再度チャレンジすると、すんなり歩き出すこともありますよ。

子犬を抱っこして場所を移動して、地面におろしたら少し待ってあげましょう。子犬はしばらく周囲の様子を伺うそぶりを見せるはずですので、急かさず見守って。子犬が歩きだしたら褒めてあげたり、「楽しいね」と声を掛けながら、ごほうびのドッグフードを与えたりしましょう。タイミングを逃さないように、歩きながら「上手に歩けてるね!」と褒めることもポイントです。

③どうしても行きたいところがあるから歩かない

子犬に行きたい場所やにおいをかぎたい場所があるのに、飼い主がそれを無視していると、子犬は散歩が楽しくなくなって歩かなくなるかもしれません。

子犬が楽しいと感じられる散歩にすることを最優先

子犬がまだ散歩に慣れていないうちは、「散歩って楽しい!」と思えるようにすることを優先しましょう。 飼い主さんの横にピタッとくっついて歩かせるようなお行儀のいい散歩じゃなくても大丈夫。安全な範囲内で、子犬の自由にまかせ、飼い主さんのほうが子犬のペースについていくことを意識してみるとよいですね。

散歩では、においかぎを思う存分させてあげる

散歩中ににおいかぎをする子犬

犬にとって「においをかぐこと」はとても楽しいこと。子犬が散歩で楽しく満ち足りた気持ちになるために、気が済むまで「においかぎ」を楽しませてあげましょう。

もちろん、安全の確保は必要です。拾い食いをしたり、道路に飛び出したりといったことのないよう十分に気を付けたうえで、子犬が興味を持ったところに行かせ、好きなだけにおいをかがせてあげましょう。

④体調が悪い、疲れているから歩かない

子犬の体調にもしっかりと配慮をしてあげてください。子犬が疲れていたり、体調が悪かったりしたときに散歩を嫌がるのは当然のこと。ちょっと疲れてそうだな、などと感じる時には、無理をせず散歩は切り上げましょう。

おかしいかな、と思ったら早めに動物病院へ

自宅での元気さや食欲などもよく見てあげて、気になる時には早めに動物病院を受診してください。

散歩は楽しい!と教えてあげよう

散歩は子犬が心身ともに健やかに成長するために欠かせない時間です。子犬が歩かない理由に対応していきながら、無理強いすることなく、子犬に外の世界のおもしろしさや散歩の楽しさを教えてあげましょう。

※関連記事
安全のために知っておくべき!子犬のリードの選び方【サイズ別・目的別に解説】

※関連記事
ついやってない?犬との散歩、NGマナー6つ!

関連記事