【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

総合栄養食とは…?愛犬の食事選びに必須の知識【獣医師監修】

 

総合栄養食とその他のフード

愛犬の主食は、総合栄養食の基準を満たすことが不可欠。これは、普段ドッグフードを食べている犬だけでなく、手作り食を主食にしている犬にも同じことがいえます。今回は、愛犬の健康を守る「食」についての大事な知識、「総合栄養食」についての解説です。

「総合栄養食」は主食に適したペットフード

適量の「総合栄養食」と水だけで、必要な栄養素が過不足なくとれるようにできている

適量の総合栄養食

総合栄養食とは、簡単にいうと、「毎日の主食に適したフード」。毎日、そのフードと水を愛犬の成長段階にあわせて必要な分量与えていれば、健康を維持するのに必要な栄養素が過不足なくとれるようにできているフードのことをさします。

総合栄養食と記載するには基準がある

ドッグフードが「総合栄養食」であることをパッケージに表記するには、「分析試験」「給与試験」といった試験を行い 、「ペットフード公正取引協議会」が AAFCO(全米飼料検査官協会)の試験を参考に定めた栄養成分の基準を満たすことを証明する必要があります。

試験をクリアした国産の総合栄養食の場合、パッケージに「ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています」または「ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています」などの記載があるのが一般的です。

総合栄養食はライフステージごとに適したものがある

当然、犬に必要な栄養素は、年齢や妊娠の有無など、ライフステージによって異なります。ですから、総合栄養食には必ずそのフードがどのライフステージの犬に適したものなのかがあわせて表記されています。

※関連記事
犬の去勢手術の時期はいつ?【獣医師監修】

「総合栄養食」の他は、主食以外を目的にしたフード

ペットフードの目的による分類方法

ペットフードの分類

ドッグフードは、与える目的によって 「総合栄養食」「間食」「療法食」、そのいずれにも該当しない「その他の目的食」に分類されています。それらの違いや分類を飼い主さんがきちんと把握をしていなければ、愛犬の健康のために与えているつもりが、かえって愛犬の健康を脅かすことにもなってしまいかねないので注意する必要があります。

主食として与えるべきものは、フードと水だけで必要な栄養が補える「総合栄養食」。ただし、病気で療養中の犬の場合は、栄養学的なサポートが必要になることもあります。そういった場合には、獣医師の指導と管理のもとで「療法食」が与えられることがあります。

「間食」や「おやつ」「スナック」「トリーツ」などと記載されているものは、その名の通り、おやつやご褒美としてたまに与えることを目的として作られたもの。栄養の補給の観点からは、必要のない食べ物です。

「その他の目的食」 は、特定の栄養素の調整、カロリーの補給、嗜好性増進など、特別な目的があって与えるもの。主食と一緒に与えることを前提としています。パッケージには、 「副食・おかずタイプ」「栄養補助食 」などと与える目的が記されます。 「副食・おかずタイプ」のフードは、嗜好増進等を目的とし、「一般食(おかずタイプ)」「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」「副食」「ふりかけ」等と表示されます。一方、「栄養補助食」は 特定の栄養素の調整やカロリーの補給などが目的で、「栄養補完食」「カロリー補給食」等と表示されます。「動物用栄養補助食(動物用サプリメント)」も「栄養補助食」に含まれます。 いずれもそれだけを毎日の主食にすることはできません。

※関連記事
子犬におやつって必要?!おやつは〇〇〇としつけに役に立つ!

療法食を除き、総合栄養食以外は主食にならない

犬の主食に適した総合栄養食

愛犬が病気で療法食を食べているときは、その犬の健康や治療に必要なものが療法食で補われることになります。しかし、療法食と総合栄養食以外の「一般食」「副食」「おやつ」「間食」などと呼ばれるものの多くは、いわゆる嗜好品。人間でいえば、お菓子やケーキ、ふりかけのような存在だと考えれば、分かりやすいかもしれません。

その名称から特に誤解されがちなのが「一般食」。これだけを主食にしていては栄養バランスの崩れから健康を害することにもつながりますのでご注意ください。

「一般食」や「副食」「おやつ」は嗜好性が高く、愛犬がたくさん食べたがるもの。しかし、これらを与えすぎると愛犬が必要な量の主食を食べられなくなり、栄養バランスの偏りが起こります。日常的に与えるのではなく、トレーニングなど、特別なご褒美が必要なときに限って与えるものとして活用しましょう。

※関連記事
尿石症の犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

主食のフードは総合栄養食から選ぼう

主食になる総合栄養食のドッグフード

愛犬に毎日与えるドッグフードは信頼できるメーカーの総合栄養食を選ぶのが大前提。犬に必要な栄養は、ライフステージによって変化するため、総合栄養食は、愛犬の年齢とフードのライフステージが合うかを確認して購入しましょう。「皮膚を健康に保つ」や「オーガニック」などは付加価値の情報として、参考程度に捉えておくと良いでしょう。

手作り食でも、理想は総合栄養食の基準に則ったレシピ

総合栄養食のレシピの手作り食を食べる犬

愛犬のごはんを手作りする場合も、愛犬に必要な栄養をバランスよくとれるようにしてあげる必要があります。特に、ドッグフードに頼らず毎日のごはんを手作り食にするのなら、総合栄養食の基準をクリアできるようなレシピで作るのが理想。私たち人間に必要な栄養素と犬に必要な栄養素は異なりますので、私たちの食事を作る感覚でなんとなく…というわけにはいきません。

そういった意味では、普段のごはんは総合栄養食のドッグフードにお任せして、特別な日の一食だけを手作り食にして楽しむのがひとつの手軽な方法といえるでしょう。一食分の栄養バランスが少々崩れてしまうのは多めに見る、ということです。

一方、毎日の愛犬のごはんを「総合栄養食」の基準を満たすようにするとなると、栄養学や獣医学と言った専門的な知識が必要となり、少々ハードルが高くなってしまいます。最近では総合栄養食の基準を満たすレシピを、愛犬の好みの食材を使用して考案してくれるサービスもあるようなので、そういったものを活用してみるのもひとつでしょう。

※関連記事
愛犬用の手作りフードにチャレンジする前に知っておくべきこと【獣医師監修】

愛犬の毎日の主食は「総合栄養食」

愛犬が喜ぶからといって、「おやつ」や「副食」「一般食」などと記載されたものを主食替わりにしては、愛犬の健康を損ねてしまいます。「おやつ」や「副食」は主食に加えてたまに与える程度にとどめ、愛犬の健康な体作りを考えた「総合栄養食」の食事を用意してあげてくださいね。

関連記事