【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の耳掃除、綿棒はNG…?!【獣医師監修】

 

犬の耳掃除には使えない綿棒

犬の耳掃除を家でする時、綿棒は基本的にはNGです。特に、奥まで綺麗にしたいからといって耳の穴に綿棒を入れて耳掃除をするのは絶対にNG。外耳炎をはじめとした耳のトラブルの原因となりがちだからです。今回は、綿棒を使った耳掃除についてです。

綿棒で犬の耳掃除を行うことの問題

犬の耳掃除を綿棒で行うことの問題

犬の耳掃除をするときに、綿棒を耳の穴に入れて耳の奥を掃除しようとすることはおすすめできません。それには次のような理由があります。

  • 綿棒で耳道を傷つける恐れがあるから
  • 綿棒が耳の中の汚れを奥に押し込むことになるから

これらは外耳炎などの耳のトラブルにつながります。

小型犬の耳介の皺の隙間の汚れなら綿棒は使える

特に小型犬では、皺の隙間を飼い主さんの指で綺麗にするのは難しいことがあります。こういった場所であれば、綿棒を使ってケアしてもいいでしょう。ただし、湿らせた状態で優しく拭う程度にしてください。綿棒でグリグリ、ゴシゴシするのは厳禁です。また、耳掃除に綿棒を使うのであれば、必ず耳介から耳の穴の入り口までに限定してください。

犬の耳掃除はどうしたらいいの?

綿棒なしで耳掃除をしている犬

まず、基本的なこととして、健康な状態の耳であれば、耳の奥の掃除は不要です。健康な耳には、耳垢を外へと押し出す働きがあります。ですから、耳の入り口まで出てきている耳垢を優しく拭く程度の耳掃除で十分なのです。

犬の耳掃除のポイントは以下の通りです。

  • 掃除をするのは、耳介から入り口部分までだけ
  • ゴシゴシこすらない
  • 耳を引っ張らない

入り口や耳の裏側に見えている耳垢を掃除するときは、しめらせたコットンで優しく拭いてあげてください。大変デリケートな場所ですので、決してゴシゴシこすらないでください。こびりついてとれにくい汚れは、湿らせたコットンでパックするなどして、ふやかしてからとりましょう。

コットンを湿らせる時には、刺激の少ないタイプの洗浄液かぬるま湯で。また、シャンプーの時に一緒に耳の裏側をきれいにしてあげるのもOKです。いずれの場合であっても、耳の中に液体が入らないようにしてくださいね。もしご自宅に生理食塩水があれば、それでもOKです。清潔な生理食塩水であれば、万一耳道に入ってしまっても問題が起きにくいという利点があります。

綿棒を使わずコットンを使ったとしても、耳の奥にまで指を入れて掃除する必要はありません。 頑張らないと取り切れないほどにたくさん耳垢がでている場合は、外耳炎などの耳のトラブルがある可能性があります。無理にきれいにしようとせず、そのままの状態で一度かかりつけの動物病院で診察を受けた方がよいでしょう。

※関連記事
耳掃除を嫌がる犬に勧めたいやり方とは?【獣医師監修】

※関連記事
犬に多い皮膚病、アトピー性皮膚炎の愛犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

耳の奥の汚れが気になる場合は?

どうしても耳の奥の汚れが気になる場合は、一度かかりつけの動物病院で相談してください。

自己判断で洗浄液を使用して耳の奥の汚れの掃除をすることはおすすめできません。洗浄液の選び方によっては、耳の中に炎症や傷があった場合にひどくしみたり、耳道の状態を悪化させたりするものもあるからです。万一鼓膜が破れていたときには、さらに大きな問題が起こることもあります。洗浄液を使用して耳の奥の洗浄をしたい場合は、かかりつけの動物病院で耳道の状態を確認のうえ、適切なものを選択してもらうと安心です。

※関連記事
犬が痒がるのは病気なの?原因リストと対処法【獣医師監修】

※関連記事
愛犬のお腹に赤み・ただれを発見…どうする?受診の目安は?【獣医師監修】

綿棒でゴシゴシ耳掃除はNO!

犬の耳掃除をするとき、綿棒で耳の奥をゴシゴシするのは絶対にやめましょう。綺麗にするつもりの耳掃除で耳の病気になってしまうことのないよう、正しい耳掃除をしてあげてくださいね。においが強い、かゆみがある、耳垢がいつもより多いなど異常がある場合には、耳掃除の前に動物病院を受診してください。

※関連記事
子犬のシャンプーのやり方。詳細解説【獣医師監修】

※関連記事
犬の肛門腺絞りはしたほうがいいの?やり方は?【獣医師監修】

関連記事