【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬のにおいの原因と適切な対処法【獣医師監修】

 

においにきちんと対策している犬

愛犬のにおいが気になったときにやみくもに消臭しようとするのはNGです。それは、犬のにおいには、適切な治療が必要なにおいもあるから。まずは、どこからにおいが発生しているのか、においの原因を探しましょう。この記事では、犬のにおいが発生しやすい場所とにおいの原因、チェック方法やにおい対策を紹介します。

犬の皮膚や被毛からのにおい

皮脂のにおい

犬の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。エクリン腺は主に肉球にあるサラサラした汗をかく腺。これがにおいの原因になることはあまりありません。その一方で、においの原因となりやすいのは、犬の全身にあるアポクリン腺からの汗。アポクリン腺は皮脂腺とつながっているため、ここからでる汗には皮脂が含まれます。この汗と皮脂が空気に触れて酸化したり、皮膚にいる常在菌が繁殖したりすることで、いわゆる「犬の体臭」が発生します。

アポクリン腺や皮脂腺の量は犬種やそれぞれの犬によって異なります。中でも、皮脂が過剰に分泌されやすい脂漏症の犬では、においが強くなりやすい傾向があります。

また、季節や生活環境、皮膚の健康状態によっても汗や皮脂の量は変化します。そのため、犬の皮膚から出るにおいの強さもその時々で変化します。

唾液や目ヤニなどで汚れた被毛や皮膚からのにおい

犬の唾液や食べかす、目ヤニなどで汚れた被毛を放っておくと、雑菌が繁殖してにおいの原因になります。これは、長毛種や口や目元の毛の長い犬種でよくあるにおいの原因。

一方、短頭種のように皮膚にしわが多い犬では、しわの間に皮脂が溜まりやすく、汚れも付着しやすいため、においが強いことがあります。

このような汚れが原因となるにおいが発生している場合には、すでに皮膚炎を起こしていたり、皮膚炎をおこしやすくなっていたりするケースがよくあります。

※関連記事
黄色いネバネバ目ヤニは要注意!犬の乾性角結膜炎(KCS)【獣医師監修】

ケガや皮膚炎、腫瘍からのにおい

犬の皮膚からのにおいは、皮膚のトラブルの可能性も考えられます。

切り傷や擦り傷といったケガをしている、皮膚炎を起こしている、皮膚にしこりなどの腫瘍ができてそれがつぶれてしまっている…といった場合には、いつもと違ったにおいが発生することがあります。中でも、ケガや腫瘍が化膿している場合には、においが強くなりがちです。皮膚からのにおいが急に強くなってきたという場合にはできるだけ早く動物病院を受診することをおすすめします。

※関連記事
愛犬のお腹に赤み・ただれを発見…どうする?受診の目安は?【獣医師監修】

※関連記事
犬が痒がるのは病気なの?原因リストと対処法【獣医師監修】

犬の口からのにおい

歯石や歯周病によるにおい

犬のにおいの原因となる歯周病

犬も歯石がたまったり、歯周病になったりすると口からかなり強いにおいがします。歯に色がついていたり、歯肉から出血しやすくなっていたりしていないか確認してみましょう。

歯石の貯留や歯周病によるにおいは、少し歯磨きをしたくらいでは解決できません。放っておくと、歯だけでなく内臓に悪影響を及ぼしたり、あごの骨折につなっがたりすることも。できるだけ早く動物病院で治療を受ける必要があります。

※関連記事
悪化のサインは…?歯周病の犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

※関連記事
愛犬の口臭…。まずチェックすべきはここ!【獣医師監修】

消化管からのにおい

口は胃腸とダイレクトにつながっているため、食べたものの種類や、消化器の状態によってはにおいが発生してしまうこともあります。胃にトラブルがある場合だけでなく、腸内細菌のバランスが崩れているときも、においが強くなりがちです。嘔吐がないか、便の様子はいつもと変わらないか、食欲はきちんとあるかを確認し、異常を感じるようなら動物病院へ。

口の中ではなく口のまわりの被毛や皮膚のチェックも

愛犬の口の近くからにおいを感じるという時には、口の中だけでなく、口の周囲の皮膚や被毛のチェックもしておきましょう。食べかすやよだれの付着によってにおいが発生していたり、時には皮膚炎を起こしている場合もあります。

犬の肛門周囲からのにおい

排泄物の付着によるにおい

犬の排泄のあとに排泄物が被毛に付着していると、当然ながらにおいがします。そのまま犬がソファやベッドなどに座ってしまうと、付着した排泄物がソファやベッドにも付着して、お部屋のにおいの元になります。できるだけ早くきれいにしてあげましょう。

同時に、排泄の様子の確認も。いつもよりもキレが悪かったり、色がおかしかったり、下痢や軟便が続くなら、動物病院へ相談を。

※関連記事
子犬が下痢をした…病院へ行ったほうがいいのはどんな時?【獣医師監修】

肛門腺のにおい

犬のにおいの原因となる肛門嚢

犬のおしりの穴周辺にある肛門腺からの分泌物は、排便のときに一緒に排出されるのが一般的。しかし、筋力が足りない犬などでは、定期的に肛門腺絞りをしてあげないと、分泌物が肛門嚢と呼ばれる部分に溜まってしまいます。分泌物が溜まると、犬は違和感からお尻をソファやカーペットに擦り付けることが多くなります。これは、お部屋のにおいの原因にもなります。

また、溜まりすぎた肛門腺は化膿したり破裂したりすることも。そうなると、お尻のまわりに分泌物が付着し、強いにおいの元となります。肛門腺の破裂はかなりの痛みを伴います。できるだけ早く治療をうけましょう。

※関連記事
肛門腺絞りはどんな犬に必要?方法や注意点は?【獣医師監修】

犬の耳からのにおい

外耳炎など耳の病気によるにおい

犬のにおいの原因となる外耳炎

犬の耳の病気の代表選手ともいえる「外耳炎」。外耳炎は、鼓膜の外側の耳道に炎症が起きた状態です。細菌が繁殖していることも多く、強いにおいが発生します。

※関連記事
犬が痒がるのは病気なの?原因リストと対処法【獣医師監修】

※関連記事
犬に多い皮膚病、アトピー性皮膚炎の愛犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

愛犬のにおいの原因のチェック方法

シャンプーブラッシング歯磨きなどのお手入れ

歯磨きでにおいの原因チェックをする犬

シャンプーやブラッシング、歯磨きなど、愛犬のお手入れのときは一番チェックしやすいタイミングです。嗅覚を使ってにおいの場所を探すだけでなく、皮膚や被毛の状態、歯や歯肉の様子などを丁寧にチェックしながらお手入れしましょう。

皮膚からのにおいが気になるときには、愛犬の体を白いタオルで体を拭くと、汚れや異変が見つかりやすいです。

※関連記事
犬に必要なブラッシングの頻度は?【獣医師監修】

元気や食欲、排泄の様子などをチェック

愛犬が普段遊んでいる様子や、食事の様子、排泄の様子からも異変をキャッチできることがあります。普段から愛犬の様子をよく観察しておきましょう。

※関連記事
日課にしよう!自宅でできる簡単な犬の健康チェック!【獣医師監修】

明らかに違うにおいがするなら、早めに動物病院へ

いつもよりもにおいが強い、においのタイプが違うなど、明らかに愛犬のにおいが普段と異なると感じるようであれば、体の不調の現れかもしれません。おかしいなと感じたら、早めにかかりつけの動物病院を受診することをおすすめします。

愛犬のにおい対策は?

グルーミング

におい対策としてグルーミングしている犬

特に体調に問題がないものの、体臭や汚れによるにおいが気になるという場合には、グルーミングによるケアをしてあげましょう。

こまめなブラッシングは、皮脂や被毛からのにおい対策に役立ちます。ブラッシングのときに、専用のグルーミングスプレーを使うのもおすすめ。

よだれや目ヤニ、排泄物などの汚れによるにおい対策は、こまめに拭き取るのが一番。それに加えて、お顔回りやお尻周りの毛を思い切って短くカットしておくのもひとつ。毛が短いと付着物が付きにくくなりますし、お手入れも楽になりますよ。

毛が長い犬やシワが多い犬では、食事のあと、においの元がこびりついてしまう前に蒸しタオルできれいに拭いてあげるのもおすすめです。やけどには十分気を付けてください。

※関連記事
犬のグルーミングって何?方法は?【基礎知識】

シャンプーの選択や周期、方法をみなおす

犬のにおい対策としてシャンプーする犬

皮膚トラブルのない犬のシャンプーの周期は、4週間前後がおすすめ。シャンプーの回数が多く、皮膚が乾燥していると、乾燥した皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

一方、適度な周期でシャンプーしているにもかかわらず、皮脂のにおいが強い場合は、シャンプーの選択や方法に問題があるのかも。刺激が強いシャンプーや皮膚が乾燥しやすいシャンプーを使っていると、余分な皮脂を分泌させることにつながります。また、過剰にドライヤーをかけていたり、必要以上に摩擦を加えるなど、皮膚を乾燥させてしまうようなシャンプーのしかたも問題です。ちゃんとシャンプーしているのに皮脂のにおいが気になるという場合には、シャンプーを変えてみたり、保湿剤を使ってみたり、シャンプーの方法を見直したりをおすすめします。正しいシャンプーの方法やシャンプー剤や保湿剤の選択は、かかりつけの動物病院やトリミングサロンで相談してみるとよいでしょう。

※関連記事
犬に必要なシャンプーの頻度は?【獣医師監修】

適切な治療を受ける

消臭やにおい対策にばかり気を取られて、犬のにおいの原因となっている健康トラブルを見落とさないようにしなくてはなりません。いつのまにか病気が進行し、治療が困難になってしまうこともあります。治療が可能なものはきちんと治療を受けさせてあげましょう。適切な治療を受けてきちんと治れば、においは気にならなくなるはずですよ。

においは健康状態のサインであることを忘れずに

健康な犬でもある程度のにおいは発生します。においの原因を探して、原因にあったケアすることが大切です。一方、明らかに普段と異なるにおいや、お手入れをしても強いにおいが残る場合、においがどんどん強くなる場合は、病気や体の不調の現れかもしれません。においを消すことにばかり気を取られず、早めに動物病院を受診することをおすすめします。

※関連記事
犬と暮らす部屋のにおい…4つの対策とは?

※関連記事
換毛期のお悩み…愛犬の抜け毛だらけの部屋のお掃除テクニック

※関連記事
「常に洋服に毛が付いている…」犬の抜け毛対策の王道2つと裏技2つ!

関連記事