【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

「犬がハアハアしてる」よくある4つの理由と異常の見分け方【獣医師監修】

 

ハアハアしている犬

犬が「ハアハア」と浅くて荒い息をする理由には、正常な体の反応もあれば、病気などの異常のサインの場合もあります。今回は、犬のハアハアの理由や、異常の見分け方を紹介します。

①犬はハアハアして体温調節する

体温調節のためにハアハアしている犬

犬が口を開け、舌を出してハアハアと浅くて速い息をすることはよくあります。これを「パンティング」と言います。

犬が舌を大きく出してパンティングする理由のひとつは、体温調節。人間も犬も、エクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗で体温調節をします。しかし、犬には、肉球や指の間、耳、鼻先などのほんのわずかな部分にしかエクリン腺がありません。人のように汗をたくさんかけないかわりに、犬はハアハアと息をして熱を逃がし、体温を調節しています。舌や口にある唾液に外気を当て、 液体が蒸発するときにまわりの熱を一緒に奪うという現象を利用して体温を下げているのです。

※関連記事
犬の体が熱い…緊急性や必要な対応とは?【獣医師監修】

ハアハアしてる犬の舌が真っ赤だけど大丈夫?

ハアハアしている犬の舌が真っ赤で、吐息や体が異常に熱い、意識がもうろうとしているようなときは、熱中症のおそれがあります。パンティングだけでは体温調節が間に合っていないのです。すぐに涼しい部屋へ移動して、応急処置をし、動物病院を受診しなくてはなりません。

一方、意識もしっかりしていて、特に体温が上がっていないならば、涼しい部屋で休ませ、水を飲ませてあげるといいでしょう。それ以上体温が上がらないようにしてあげてください。ハアハアしている犬の舌が真っ赤になるのは、熱くなった体では血管が拡張するため。体に溜まった熱をパンティングで効率よく放出するのに役立っていると考えられます。

※関連記事
犬の熱中症の応急処置とNG対処法【獣医師監修】

②緊張やストレスでハアハアする

犬は緊張している時や、ストレスを感じている時にもハアハアします。

動物病院が苦手で、病院に行く途中や診察中にハアハアしてしまう犬は多いもの。また、車が苦手な場合は車内で、雷が苦手な犬の場合は、雨雲が近づき天気が悪くなってきたときや、ゴロゴロと雷がなっているときなどにも、ハアハアと荒い息をしている姿が見られます。

ハアハアする以外のストレスサインに注目

緊張して鼻をなめる犬

ストレスがかかったり緊張したりしている時に、犬が自分を落ち着かせるためにとる行動をカーミングシグナルと呼びます。

  • 地面のにおいをかぎはじめる
  • 鼻の先をペロペロする
  • 頻繁にあくびする
  • 伸びをする
  • 体を震わせる

これらは、犬がよく見せるカーミングシグナルの例。もし「愛犬が不安を感じているかもしれないな…」と思うような状況で愛犬がハアハアしていたら、同時に上記のようなしぐさが見られないかにも注目しましょう。

愛犬がストレスを感じている様子があったら、できればストレスの元から遠ざけてあげましょう。それが難しければ、優しく声かけをしたり、いつもより多めに撫でてあげたり、大好きなおやつやおもちゃで気分転換させたりして、落ち着かせてあげてくださいね。

※関連記事
犬のストレス、気づいていますか?サインを見抜き、上手に解消してあげよう!

※関連記事
まずはここから。読んであげたい愛犬の「やだな…」のサイン3つ

③嬉しくて、興奮してハアハアする

嬉しくて興奮してハアハアする犬

嬉しくて興奮している犬がハアハアとパンティングするのは、特に問題のあることではありません。 「楽しくてたまらない!!」という気持ちがあふれ出しているように見えることもありますね。

遊びの中で興奮しすぎて、うなったり、力加減がわからなくなったりするようならば、適度なところでクールダウンさせてあげましょう。

※関連記事
子犬がどんどん賢くなる遊び方のコツ5つ【獣医師監修】

④病気が原因でハアハアする

犬がハアハアしてるときに特に気を付けたいのは、病気が原因で呼吸が荒くなっている可能性があるという点です。前述した①~③に該当しないのに、犬がハアハアと荒い息をするときには、病気が原因である可能性があります。

発熱している

発熱しているとき、犬はハアハアとした息を長く続けることがあります。体全体が熱いと感じるときはもちろん、足の裏や耳が普段よりも熱く感じるときには、できれば、時間をあけて何度か体温を測りましょう。愛犬に元気がないなら、なおさらです。

発熱の原因はさまざまです。なるべく早急にかかりつけの動物病院を受診し、獣医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

※関連記事
犬の体温の正しい測り方とそのコツ【獣医師監修】

※関連記事
愛犬の平熱を知って健康管理に役立てよう【獣医師監修】

痛みがある

体のどこかに痛みがある場合も、犬はハアハアと荒い息をすることがあります。不機嫌になったり、元気がなくなったりすることもよくあります。

  • 体を触ろうとすると振り向いてくる
  • 体に触れている飼い主さんの手を噛もうとする
  • 体をこわばらせる
  • 触ろうとするとビクッとする

これらは、体に痛みや違和感があるサインです。放置せず、動物病院を受診しましょう。

※関連記事
その行動、足が痛いのかも!愛犬の痛みのサインに気づいてあげよう【獣医師監修】

呼吸器や循環器疾患

呼吸器や循環器にトラブルがある場合にも、ハアハアと荒い息をすることがあります。

呼吸器や循環器のトラブルは、愛犬の命に関わることも多く、早めの治療が必要です。愛犬が一日中ハアハアしているような場合や、ハアハアしながらも落ち着きなく、居場所が定まらない感じでウロウロしている場合、肩で息をするようならば、すぐにでも診察を受けることをおすすめします。

※関連記事
犬に多い心臓病、僧帽弁閉鎖不全症の犬との暮らしで知っておきたいこと【獣医師監修】

※関連記事
子犬が咳をする…受診のタイミング・観察やケアのポイントのまとめ【獣医師監修】

犬がハアハアしてる時の異常の見分け方

家の中でハアハアしている犬

犬のハアハアが特に問題ないものなのか、それとも病気によるものなのか、見分けるいくつかのヒントを紹介します。

  • 気温や湿度が高くないのにハアハアする
  • 運動直後ではないのにハアハアする
  • 興奮する要素がないのにハアハアする
  • いやなことがない場面でハアハアする

まず、愛犬がハアハアするような理由に心当たりがないにも関わらず、呼吸が荒い時は要注意。くわえて、愛犬の様子もよく観察しておきましょう。

  • ハアハアする呼吸に、ガーガー、ヒューヒューなどの雑音が混じる
  • 舌の色が白っぽい、紫色っぽい
  • 元気がない
  • 体を触ると嫌がる
  • 体温が高い
  • ハアハアが全然収まらない
  • いつもよりもハアハアする感じが激しい

これらに当てはまる場合には、すぐに動物病院へ連れて行ってあげることを強くおすすめします。愛犬の命を守るためにも、躊躇しないことが大切です。

さらに、

  • 真っ赤な舌を出している
  • たくさんのよだれを垂らしている
  • 激しいハアハアがとまらない
  • 体が熱い

こんな状況の時には、熱中症の疑いが。飼い主さんがそこまで暑くないと感じる環境でも、犬が熱中症を起こすケースは多々あります。大至急体を冷やしながら動物病院を受診してください。

病気の早期発見は日頃の観察がポイント

犬がハアハアするのは、多くの場合は体温調節や、ストレスを感じて緊張していることによるもので、しばらくすれば収まります。その一方で、病気が原因でハアハアすることがあるのも事実。愛犬の平熱や呼吸数、呼吸の深さなどを日頃からチェックしておくと、状態の比較に役立ちますよ。「いつもこんなにハアハアするっけ?」「何かいつもと違うかも?」と感じたときは、躊躇せずに動物病院を受診することをおすすめします。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

関連記事