【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬の体が熱い…緊急性や必要な対応とは?【獣医師監修】

 

犬の体が熱い…というのは飼い主さんだからこそ気づくことのできる、愛犬の体からのサインのひとつ。犬の体が熱い時には、緊急の処置が必要な場合もあれば、特に問題のない場合もあります。今回は犬の体が熱いと感じたときに必要な対応についてです。

【緊急】犬の体が熱い…こんな時は大至急動物病院へ!

犬の体が熱いと感じる場合には、緊急処置が必要なケースがあります。一刻を争いますので、以下の状態にひとつでも当てはまる場合には、速やかに動物病院を受診してください。

  • 体温が41℃以上
  • 失禁している
  • 呼吸がおかしい
  • 意識がもうろうとしている
  • 痙攣している
  • 熱中症の可能性がある

犬の体温が41℃を超えている状態は極めて危険な状態です。緊急処置が必要ですので、迷うことなく大至急動物病院を受診してください。このとき、愛犬の体をできるだけ冷やしてあげてください。動脈のある脇の下や、後ろ足の内股あたりを、タオルで包んだ保冷剤で冷やしましょう。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

熱中症で体が熱い可能性があるなら、応急処置で落ち着いても受診を

体が熱く熱中症になりそうな犬

犬が熱中症を起こしている可能性があるのなら、とにかくすぐに冷やします。犬の体を冷やすときには、涼しい部屋で水に濡らしたタオルを使って体を濡らし、扇風機などで風をあてると効率的。 意識がない場合は、無理やり飲水させるのは厳禁です。無理せず速やかに動物病院へ。犬が下痢や嘔吐をしていたり、ふらついたり、朦朧としている時も、体を冷やしながら速やかに受診してください。 熱中症は、時間が経過するほど危険な状態に陥り、あとからどんなに手を尽くしても命を救えない場合もあります。

犬の意識がしっかりしているようならば、体を冷やして水を飲ませてあげてください。熱中症による体への影響は時間がたってから現れることもよくあります。体を冷やしてあげて状態が落ち着いたとしても、必ず動物病院を受診してください。

※関連記事
愛犬が熱中症かも!その時するべき事・してはいけない事【獣医師監修】

犬の体が熱いかな?と感じたら体温をチェック

犬の平熱は人より高く、体が熱いと感じても問題ない場合もある

体が熱い犬の体温の測り方

そもそも、犬の平熱は人間より高く38℃ほどあります。ですから、病気で発熱しているなどの問題がなかったとしても犬の体が熱いと感じることは多々あります。また、人と同じで運動後や興奮しているときには、犬の体はさらに熱くなります。

体調に特に変化はなさそうなのに犬の体が熱いと感じるようならば、まずは本当に発熱しているのか、平熱なのかを確認したいところ。自宅に愛犬用の体温計があるなら体温計で体温測定をしましょう。

※関連記事
犬の体温の正しい測り方とそのコツ【獣医師監修】

安静時に39℃後半より高いなら発熱の可能性大

犬が安静にしているにもかかわらず39℃後半より高いようならば発熱している可能性が。動物病院の受診をおすすめします。40℃以上だった場合には大至急動物病院へ。

特に体調が悪そうでないけれど平熱より高めなら、再測定

愛犬の体調が特に悪そうというわけでもないのに体温が39℃台と平熱より少し高い時には、数時間後に再度測定するとよいでしょう。人と同じで犬も体を動かしたあとは体が熱くなりますし、一日のうちでの体温の変動もあります。しばらく安静に過ごしたあとのタイミングで再測定をしてください。

このとき、体温が上昇傾向にあるなら要注意。一見体調が悪そうでなくても、念のため早めに動物病院を受診しましょう。

体温計がないときは…

体温がないときにチェックしたい犬のの足先

自宅に体温計がない場合は、犬の耳や足先に触れてみてください。これらの場所が熱いと感じられるようなら、発熱している可能性があります。また、犬の元気や食欲、歩き方をはじめとした体調をよく観察しておき、いつもと違う様子があるなら動物病院へ。様子がいつも通りだとしても、体が熱いと感じる状態が続くようなら念のため受診をおすすめします。

犬が発熱している時によく見られる症状

体が熱くなっている犬

犬の体が熱いと感じたら、愛犬の様子もよく観察してください。

  • ぐったりとしてだるそう、元気がない
  • 普段よりも呼吸が速い、息が荒い
  • 食欲が落ちている
  • 体が震えている
  • 体を触られるのを嫌がる
  • 尿の量が減る
  • 尿の色が濃い
  • 意識がもうろうとしている
  • ふらふらする、歩き方がおかしい

これらは、発熱しているときによく起こる症状です。こういった症状がないかを確認し、ひとつでもあてはまる場合にはすぐに動物病院を受診しましょう。

「どのような経過か・どの程度の熱か・他の症状はないか?」は診断の助けになりますので、できる限り記録しておくようにしてください。

犬の体が熱いと感じたら、体温と体調をチェックして動物病院へ

なんとなく体が熱い気がする…とうのは、いつも一緒に過ごす飼い主さんだからこそ気づける愛犬の体調の変化のサインです。愛犬の体の熱さに気づいたら、まずは体温と愛犬の体調を確認。必要なタイミングで動物病院を受診できるようにしておきましょう。

※関連記事
愛犬がケガをした時の応急処置の基本

※関連記事
犬がやけどをしたらどうする?【獣医師監修】

※関連記事
元気に長生きしてほしい!愛犬の長生きの秘訣5つ

関連記事