【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

子犬の無駄吠え。信頼関係を損なわず、効果的な対策とは?

 

子犬との暮らしで気になる問題の一つ、吠える声。「無駄吠え」とも言われてしまうこの問題に頭を悩ませている方も多いのでは。でも、犬にとって「吠えること」は大切なコミュニケーションであり、無駄なことではありません。しつけや訓練で吠えることを完全にゼロにすることは不可能ですし、吠えることを一切禁じられることは子犬にとっても辛いこと。適切に対処しなければ、子犬と飼い主さんの関係が悪化することにつながります。とはいえ、一緒に暮らすうえで困ってしまうほどに吠えるようでは、飼い主さん自身も笑顔で過ごすことはできなくなってしまいますよね。今回は、子犬の吠える声でお困りの飼い主さんのため、子犬との関係を損なわないように、子犬に優しく、しかも効果的な吠え対策についてご紹介します。

「無駄吠え」と言われるけれど…

子犬がしきりに吠えるていると、「また無駄吠えしている…」などと言われてしまいがち。ところが、「無駄吠え」はあくまでも人間目線での「無駄」であって、子犬目線だと「必要」な吠えです。何かを訴えていると考えてあげましょう。子犬が意味もなく、「無駄に」吠えることは決してないのです。

「無駄吠え」とひとくくりにしないで、耳を傾けてみよう

吠えないでほしい…と思っている飼い主にとってはいつもと同じ「無駄吠え」に聞こえるかもしれません。そんな時、子犬が何を訴えているか、子犬がなぜ吠えているかを考えずに、「また吠えてる、うるさいな…」と無視したり、「こら!」「静かに!」などと声をかけてはいませんか?ましてや、「無駄吠えをやめなさい!」などと叱りつけたり、体罰を与えたりというのは、最もしてはいけないことです。

叱ることで、おそらくその瞬間だけは子犬は吠えることをやめるでしょう。ところが、子犬が吠える理由を考え、その理由にあった対応をしていない限りは、おそらくまた同じシチュエーションになった時にはまた子犬は吠えてしまうことになるのです。

※関連記事
犬が吠えるときの気持ちとは…よくある6つの理由【獣医師監修】

「また無駄吠え…」ではなく、吠える理由を考えて、次に吠える前に対策を

子犬に不必要に吠えさせないために最も大切なことは、「先回りして吠えなくて済むようにしてあげること」。吠えてからあれこれと対策するより、吠える前の対策が大事なのです。ですから、無駄吠えで悩んでいる方がまずはじめにしなくてはいけないことは、「愛犬が吠える理由」を見つけてあげることなのです。

また無駄吠え…と思ったら、子犬が吠える声やジェスチャーに注目を

鼻にかかったような高い声で吠えている時は、多くの場合、飼い主と遊びたい、かまってほしいというサインです。一方、高く短い悲鳴のような吠え方をした時は、どこか痛めてしまっていて、飼い主に伝えたいのかもしれません。「また無駄吠え…」とイライラしてしまうかもしれませんが、そこはぐっとこらえて。子犬の鳴き方やシチュエーション、また、その時の子犬の動き、ジェスチャーをよく観察して、子犬のことを理解してあげましょう。

※関連記事
これで犬の気持ちが読める!「緊張感」の現れる4つのポイント【獣医師監修】

子犬に要求があって吠えているケースへの対策

子犬が吠える原因のとしてよくあるもののひとつに、飼い主に何かを「要求」していることが考えられます。

散歩や遊びといったスキンシップ、コミュニケーションは不足していませんか?
食事や飲み水が不足していたり、トイレが汚れたままだったりということはありませんか?

子犬が生活環境に不満があって吠えることは、非常によくあること。子犬の生活環境が子犬にとって満足いくものに整えることは「しつけ」以前の問題です。

要求があって吠える犬への対策~明日は吠えなくてすむように~

生活環境が子犬にとって満足いくものならば、子犬は要求を理由にしつこく吠える必要などないはずです。もしも子犬が何かを要求して吠えた場合には、叱るのではなく、何を要求しているのかをしっかり見極めましょう。

「子犬が『無駄吠え』しているからだまらせよう!」は絶対NG。コミュニケーションや遊びは本当に足りていますか?コミュニケーション不足が思い当たるようならば、子犬との時間をしっかり確保し、存分に甘えさせてあげて。また、運動でストレス発散させる機会を増やしてみることも非常に有効な対策です。

食事や水などの基本的な生活環境についても一度見直して、問題があるようならば改善していきましょう。また、万一子犬がどこかを痛めているようなら、すぐに動物病院を受診してください。

今日吠えてしまったことは、もう仕方がありません。叱るなどは決してせずに、「今日はなぜ吠えたのか」「明日は吠えないようにするには何が必要なのか」を考えましょう。

子犬にとっての要求を十分満たしてあげてもなお、何かを要求して吠え続けてしまう場合には、「静かに」と冷静に一言。それ以上は相手をしないようにしてください。

※関連記事
飼い主の食事をおねだりする犬への対処法【獣医師監修】

子犬が何かを警戒して吠えているケースへの対策

恐怖や不安を感じた時、ここは自分の縄張りだと主張したい時、子犬は「警戒」して吠えます。子犬が警戒する対象が何なのか、子犬をよく観察して理解してあげてください。ここでも、すでに吠えてしまった子犬を「無駄吠えした」などと言って叱ることはNGです。

警戒して吠える犬への対策~吠えなくて済む環境を用意する~

まずは愛犬が警戒してしまう対象を知ることから。外を通る人影を感じるたびに吠えるのであれば、その刺激を取り除いてあげましょう。屋内犬であれば、カーテンを閉めることが効果的。屋外犬の場合は、玄関から離れた場所に犬小屋を配置するなどの工夫ができます。

また、掃除機が苦手ならば、無理に慣れさせる必要はありません。強引にすると子犬にストレスをかけることになってしまいます。可能であれば、散歩に出ている間にパートナーに掃除機をかけてもらうといった方法も。

※関連記事
すれ違いざまに犬に吠える…どう対応したらいい?【獣医師監修】

警戒して吠える犬への対策~吠えなくても大丈夫、と教えてあげる~

子犬が警戒する対象を避けるようにしていても、何かをきっかけに吠えはじめることはあるでしょう。吠えている様子から、何かにおびえている、何かを警戒している、ということを飼い主さんなら感じ取れるはずです。何かにおびえたり、警戒したりしてすでに吠えてしまっている子犬を叱りつけるなどということは決してしないでください。

吠えている対象やきっかけを理解したうえで「怖くないよ」「吠えなくても大丈夫だよ」と優しく教えてあげつつ、警戒の対象からうまく気をそらしてあげることが必要です。お気に入りのおもちゃを使ってもいいでしょう。大好きなおやつなどの食べものを使って気をそらせてもOKです。

愛犬の名前を呼んで気持ちを落ち着かせてあげることも効果的。呼びかける声のトーンも大切です。「また無駄吠え…」とイライラした声をかけるのではなく、子犬を安心させられるような落ち着いた声で、優しく愛犬の名前を呼んであげるようにしてください。

吠えるのをやめることができたら、愛犬のことをしっかり褒めてあげてくださいね。

チャイムの音への吠え対策には、「チャイム=楽しい♪」のトレーニング

チャイムが鳴ったら吠える癖がついている場合は、チャイム音を変える、チャイムが鳴らないようにするという方法もあります。

でも、時に犬はチャイムの音そのものが嫌というわけではないことがあります。
つまり、「チャイムの音がする→飼い主がいなくなる→知らない人が家に入ってくる」という一連の流れを経験していくうちに、子犬が「チャイムが鳴るといつもと違うことが起きる」という学習をしている場合があるのです。

そんな時には「チャイムの音はこわくない!楽しいこと!」と、改めて子犬に理解してもらうトレーニングが効果的です。

  • チャイムが鳴ったタイミングですぐに誉め言葉をかけ、おやつを与えることを繰り返す
  • チャイムの音がすると飼い主のほうを向くようになれば、チャイムの音と同時に知育トイなどを与える
  • 子犬が知育トイに熱中している間に玄関に向かい、すぐに戻るという流れを練習する

これができれば、次は「チャイム」=「ハウスの合図」と教えていくこともできるようになりますので、来客の場合に役立ちますよ。

「また無駄吠え…」とうんざりしないため、吠える癖をつけない対策を

犬の「吠え問題」は、場合によっては専門家による治療が必要となります。子犬のうちは「深刻な無駄吠え」とまで感じていない場合であっても、吠える癖がついてしまっていると成長とともに吠えるようになることもあります。

すでに吠える声で悩んでいる方も、少し気になるかな…という程度の方も、犬がそもそも「吠える」という手段をとらなくても済むように、飼い主が先回りすることを常に心がけてください。それには、「吠えなくてもわかってあげられるよ」ということを愛犬に示していくことがポイントです。

子犬が吠える前のサインを知っておこう!

  • 耳をピンと立ててじっと音のした方を見ている
  • 飼い主をじっと見てお座りする

子犬のそんな仕草、思い当たりませんか?子犬が警戒している様子や、ソワソワしている様子に対して アンテナを張り巡らせましょう。「無駄吠え」と感じてしまうような不必要な吠えへの対策は、いかに吠える前に先回りできるかにかかっています。

「吠えそう」のタイミングが大事。子犬が吠える前に対応!

吠えたから遊ぶ、吠えたからおやつをあげる、吠えたから散歩に連れて行くということをしていると、犬は吠えたことに対する報酬として要望が叶った!と学習をします。

ですから「吠えそう!」と思ったタイミングを逃さないでください。「吠える前」に発しているサインを感じ取って、要求を満たす、子犬が警戒している対象から気をそらすことをぜひ繰り返してください。そういったことを積み重ねて「吠えなくても飼い主はわかってくれる!」ということを子犬に理解させることが大切なのです。そうすることで、犬は訴えたいことがある時に、しぐさなどのような吠える以外のアピール方法をとってくれることが増えていくはずです。

とにかく「吠える前に対応する」ことで、「また無駄吠え…」と感じてしまうような吠えは減っていくのです。

吠えなくても、子犬の言いたいことをわかる飼い主になろう

「子犬が吠える=すべて同じ無駄吠え」と、ひとくくりにしてはいけません。必ず吠える理由を考えてひとつひとつ対応し、不満やストレスのサインには、できるだけ的確に応えてあげることを積み重ねていきましょう。吠えてしまったものはしかたありません。できることは、次は吠えなくてすむようにすること。そして子犬に「吠えなくてもわかってもらえる」と感じてもらうこと。それが飼い主と愛犬の健全な信頼関係につながります。根気は必要ですが、粘り強く愛犬と向き合っていきましょう。

※関連記事
悪影響!愛犬のしつけに必要のない2つのもの【獣医師監修】

関連記事