【獣医師監修】こいぬすてっぷ公式通販サイト。愛犬ごとにカスタマイズしてお届け

お電話でのご注文 03-6844-5756 平日10時〜18時受付
お申込みお申込み

犬にニンニクを与えないで!ニンニクは中毒を起こすおそれのある危険な食材

 

犬に手作り食を作ってあげたい…そんなときに風味付けや愛犬の健康増進のためなどに、香りの良いニンニクを使いたいと思ったことのある飼い主さんもいるかもしれません。しかし、ニンニクは犬の健康を脅かす危険性が高い食材とされています。犬にとってニンニクとはどのような存在なのでしょうか。ドッグフードやサプリメントの原材料に、ニンニクと表示されているものは大丈夫なのでしょうか。犬とニンニクの関係について解説します。

犬にニンニクを与えるのは絶対にNG

犬に与えるのは絶対NGのニンニク

食欲をそそる香りの良いニンニクを、愛犬の手作り食にに使ってあげたいと思う飼い主さんもいるかもしれません。しかし、ニンニクは犬の健康を脅かす危険な食べ物です。犬がニンニクを食べると、大変危険な中毒を起こすおそれがあります。

ニンニクはネギ科の植物で、分類としては、長ネギや玉ネギ、ニラ、ラッキョウなどと同じ仲間です。ニンニクに含まれるいい香りの成分は、やがて有機チオ硫酸化合物へと変化します。これは、玉ねぎ中毒を起こす成分と同様で、大変危険なものなのです。ニンニクそのものだけでなく、ガーリックオイルや抽出物なども与えてはいけません。

※関連記事
犬に玉ねぎはダメ!絶対に知っておくべき玉ねぎ中毒のリスク【獣医師監修】

ニンニクを含む食品に気を付けて

犬が食べると危険なニンニクが含まれる食品であるガーリックオイル

ニンニクが愛犬にとってNGだということは分かっていたのに、うっかりニンニクの入った食品を与えてしまったというケースもあります。ニンニクを使ったガーリックトーストや餃子、炒飯、ドレッシングなども、犬が間違って食べてしまいがち。決して犬が食べてしまうことがないように対策をしておいてください。

※関連記事
パーティー中の誤食に注意!犬に与えてはいけないもの7選【獣医師監修】

※関連記事
それ大丈夫?愛犬におすそわけNGなお弁当のおかず

犬はニンニクで深刻な貧血を起こすおそれがある!

犬がニンニクを食べると、有機チオ硫酸化合物(チオスルフィン酸アリシンなど)という成分が作られ、この成分が「溶血性貧血」を引き起こす原因になるとされています。

溶血性貧血とは、赤血球が破壊されて起こる貧血のことです。赤血球が破壊されて減少した犬は、全身細胞に酸素を運ぶことができなくなり、時には死に至ることさえあります。

溶血性貧血の症状とは?

万が一、犬がニンニクを食べてしまったことで起こる溶血性貧血による症状には次のようなものがあります。

  • ぐったりして元気がない
  • 食欲不振
  • 歯茎が蒼白または黄色い
  • 尿の色が赤茶色っぽくなる
  • 白目が黄色い
  • 呼吸困難

気を付けなくてはならないことは、ニンニクを食べてすぐにこういった症状がでるわけではないということ。これらの症状が見られるまで自宅で様子を見てもよいということは決してありません。症状を起こす前に治療をはじめることが大切ですので、ニンニクを食べたことに気づいたら、症状が見られなかったとしても速やかに動物病院を受診しましょう。

※関連記事
<保存版>愛犬との救急病院受診マニュアル【獣医師監修】

貧血以外に消化器症状を起こすことも

犬がニンニクを食べてしまったときに起こる症状は貧血によるもの以外にもあるとされています。胃や腸の粘膜に障害を引き起こすことで、嘔吐や下痢を起こすおそれがあるのです。

人用に提供されるニンニクを使用したお料理には、たくさんの油を使用していることも少なくありませんよね。脂肪分の多すぎる食べ物はそれ自体、嘔吐や下痢の原因にもなりますし、命に係わる膵炎の原因にもなります。決して犬には与えないようにしてください。

※関連記事
飼い主の食事をおねだりする犬への対処法【獣医師監修】

※関連記事
夏バテ?!夏の愛犬の嘔吐や下痢…。ケアのポイントは?

※関連記事
子犬が下痢をした…病院へ行ったほうがいいのはどんな時?【獣医師監修】

※関連記事
子犬が吐く…知っておきたい「観察と対応のポイント」【獣医師監修】

ほんのひとかけらのニンニクでも犬にはNG

ひとかけらでも犬には危険なニンニク

実はニンニクには一かけら程度の少量であれば、1回犬に与えたくらいでは大きなダメージにならないと考えられる報告もあります。とはいえ、「ニンニクは犬の命を脅かす危険がある」ことは事実。しかも、必ず食べなくてはいけないものでもありません。ですから、そういったものをリスクを冒してまで愛犬には与えるようなことはしてはならないと考えておきましょう。

また、「一度誤ってニンニクを食べてしまったけれど、特に問題なく過ごしていたから大丈夫!」などと考えるのも大変危険です。別の日には、体調や加齢による内臓機能の低下、さらにはニンニクと同時に食べたものの種類や量など、様々な理由から、中毒を起こす成分の吸収や代謝の効率が変化している可能性もあります。そうすると、一度目に中毒を起こさなかった犬であっても、二度目には深刻な中毒を起こすかもしれません。愛犬の健康のためにも、ほんのひとかけらでもニンニクを愛犬に与えることはNGだと考え、用心しておくことをおすすめします。

※関連記事
愛犬の元気で快適なシニア期のためにしておきたい6つのこと【獣医師監修】

愛犬のフードやサプリにガーリックパウダーが含まれている…?

ガーリックパウダーが含まれる犬のフード

たしかにドッグフードや犬用のサプリメントとして販売されている商品には、原材料にガーリックパウダーが含まれている物があります。

ドッグフードやサプリメントに含まれているのであれば、手作りフードにもニンニクが使えるのでは?と思われがちですが、そうではありません。市販されている商品は基本的に、工業的に大量生産されており、人の手で調整できないほどのごくごく微量が含まれているというものです。そのようなごく微量でのニンニクの使用は、家庭では不可能です。

中毒を起こす量に個体差があるとはいえ、ニンニクに命に係わる中毒を起こすリスクがある以上、あえて愛犬にニンニクを使った手作りフードを与えることは絶対におすすめできません。

※関連記事
【獣医師目線】愛犬のドッグフード選び。見るべき3点はここ!

※関連記事
愛犬用の手作りフードにチャレンジする前に知っておくべきこと【獣医師監修】

もし愛犬がニンニクを食べてしまったら

犬にニンニクを与えるのがNGだと分かっていても、うっかり犬がニンニク入りのお料理を間違って食べてしまう可能性もあります。そんなとき、あわててニンニクを吐き出させようとしてしまうかもしれませんが、これは大変危険です。吐き出すときに、胃の内容物がのどに詰まって窒息してしまうおそれもあります。自宅で無理に吐かせようとするのではなく、できるだけ早く、かかりつけの動物病院の診察を受けることをおすすめします。

動物病院の診察を受けるときは、①いつ②どのくらいの量を③どんな形(生で食べた、パスタに入っていたのを食べたなど)で犬が食べてしまったのかを、正確にメモして伝えるようにしましょう。

ニンニクを食べてから数日後に症状が出ることも少なくありません。食べたあと、犬が元気そうにしていたとしても、可能な限り早く動物病院の診察を受けるようにしましょう。

※関連記事
【獣医師目線】必ず守って!愛犬と動物病院を受診する時の注意点

ニンニクを愛犬に与えるのはNG!

食欲そそる良い香りのニンニクは、愛犬も喜ぶのでは?と考えてしまいがちですが、ニンニクは愛犬の健康を脅かすリスクが高い食材です。絶対に与えないようにしましょう。犬が間違ってニンニクを食べてしまわないように、ニンニクの保管場所にも十分にご注意ください。

※関連記事
犬にとうもろこしを与える時、絶対守るべきポイントとは?

※関連記事
犬にブドウは絶対ダメ!食べたらどうなる?レーズンは?【獣医師監修】

関連記事